2010年12月17日

インズで上海蟹

初めて上海蟹をいただきました。前回行った時に予約したんです。

◆YINZU(インズ)
◆札幌市中央区南7条西3丁目

SN3J374800010001.jpg

上海蟹を3週間紹興酒に漬けたものをそのまま食べる!どうにも想像できなかったんだけど・・・感動の初対面!実に濃厚でした。このねっとり感と甘みを引き立てるには2週間ではダメ、3週間必要なんだそうです。蒸すよりも塩分が残ってしまうとのことだったけど、酒呑みには絶妙の珍味って感じでしょうか?まさに無言でほじくります・・・“ちぃさま”の荒い鼻息だけが響き渡ります。

SN3J375100010001.jpg

ホタテと百合根の塩炒めは、暗めの店内に浮かび上がる白いダイヤモンドみたいだわ。
(KISSの名曲:ブラックダイヤモンドのひっかけ)

SN3J375300010001.jpg

穴子とレンコン。厚いレンコンのしゃきしゃき感がたまりません。

101209_2051~01.jpg

この前いただいたキュベ8、同じ作り手の品種違い、ピノブランをいただく。すっきりし過ぎかな・・・最初に選択肢からはずしたオーストリアのソービニョンブランの方が好みだったねぇと笑う。

SN3J374900010001.jpg

パリパリ・プリプリの春巻きは海老とセリ。

SN3J375400010001.jpg

上海蟹エキス満載の汁そば。のけぞるおいしさです、もし今回汁そばで〆なかったら、これほどの満足度はなかったことでしょう。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華・その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック