2010年12月20日

サブタイトル

ブログのサブタイトルを8月か9月に替えた。KISS(キッス)とは関係ないです。

Never too late. But lifetime is too short . Focus On !

【何かを始めるのに遅すぎることはないけど、人生はあまりにも短かすぎる。焦点を合わせろ!】正しい英語なのかはわからないけど、自分への喝入れのつもり。

大正琴を習うとか万葉集を読むなら、70歳でも80歳でも遅くはないけど、ほとんどの事は既に遅すぎる(>_<)
“ちぃさま”の人生に恥ずべきことはないけど、しなかった事…チャレンジを放棄したこと、自分の力を信じなかったことには醜いほど後悔している(∋_∈)

いくら後悔しても時間が戻るわけもなく、これからの人生を考えると、気持もカラダもベストパフォーマンスができるのは60歳までかなと思って焦っているんです(`ヘ´)
あれもこれもは無理なので、多感な“ちぃさま”何を残して何を捨てるのか?焦点を絞らなければ!と言うわけなんです。

そう言っても人からは、“ちぃさま”まだまだ先長いしょ〜と言われるけど、あっと言う間に後期高齢者になっちまうわ(-_-#)

今年は2月の本社での発表会は大きな経験だったけど、それ以外は旅と城ばかりで自分の世界に浸りきりだった。新しく知り合った人よりも新しく行った城の数のほうが多かった1年。

【人生はあまりにも短かすぎ、残された時間は短い】

と自覚したことが今年一番の収穫かなと感じる年末でこざいます。

そんな“ちぃさま”に不意に訪れたKISS(キッス)との出会い、実は困惑してます(-_-#)
まだそんなエネルギーが残っていたのは良いことだけど、なぜKISS(キッス)なのか?なんで今なのか?どうしてもKISS(キッス)なら、もっと早くなんとかならなかったのか?(¬з¬)

私のすべての戸惑いにポール・スタンレー様はこう名言してくれた。

           ファイル0003.jpg

【人生は偶然の一致の連続なんだ。それが運命なんだよ】

私の運命の出会いは結構錯覚に終わることも多く・・・

いやいや、これは私の決意表明なので、ナンチャッテで終わることはできない。先日NHKで「小野田寛郎ロングインタビュー」をみた。小野田寛郎と言っても今や知る人も多くないと思うけど、1974年フィリピンのルバング島で発見された元日本兵だ。今はこれ以上書く余裕はないが、心に残った言葉がある。

【後悔すると先に進む力を失う】

インタビューの中での返し方、表情の自然さと共に強烈なインパクトだった。このお言葉をワタクシ頂戴させていただくことにしました。あとは本当に自分次第ですね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック