2010年11月24日

KISS(キッス)

マディソン郡の橋を読まなければ、こんな事にはならなかったのに…

人生とはなんと、いつも偶然が必然となっていくものであろうか…
私にも運命のドラがジャジャジャッジャ〜ん!と鳴ってしまったのである。

“ちぃさま”の情事…ではない KISS(キッス)です。 情事のほうが良かったのに・・・

玉光堂でマディソン郡の橋のDVDを買って ⇒ メリル・ストリープ ⇒ 前に観たマンマミーアを思い出し ⇒ その時品切れで買えなかったアバのCD ⇒ 探してみたら同じ棚の同じ列に見つけてしまったのが 
KISS

101030_1230~010001.jpg

ベストアルバムが今だけ1470円!洋楽のCDはリマスターとか再発売の度に安くなるみたい。限定に弱いワタクシ…代表20曲ぎっしりで買ってみた。聴いたことあるのは3分の1くらいか?曲はわかりやすいけど当時は気持悪くて敬遠してた(`ε´)確か77年の初来日公演はNHKのヤングミュージックショーで見たけど、まるで「怪獣ショーの実演」みたいだったしなぁ・・・

80年代はメンバーチェンジ、素顔になったことくらいは知っていけど、97年1月にオリジナルメンバーでのフルメイクのワールドツアーで来日してたなんて知らなかった。聞いていたとしてもまったく関心がなかったか…

これはリユニオンに合わせて96年に発売されたベスト盤。
101101_2325~020001.jpg

わぁ〜出たぁ・・・!なつかしい肉食って感じ。恥ずかしいことに嵐のメンバーは二人しか知らないけど、KISSはフアンじゃなかったけど忘れてません。皆さん本名の一部が芸名のようです。(左から)

・ジーン・シモンズ     ベース・ヴォーカル

・ピーター・クリス      ドラムス

・ポール・スタンレー    ギター・ヴォーカル

・エース・フレーリー    ギター

一度も解散せず素顔ではLAメタル路線、その後はまたメイクしてメンバーの再加入&再脱退を繰り返し今も現役!

101030_1233~02.jpg

オリジナルメンバー復活ライブ用なので、当然70年代の曲ばかり(最後の曲は92年発表の素顔時代の曲→その時期にも興味を持つきっかにもなった)。
シンプルかつストレートなロックンロールが並ぶ。
パワフルでカッコイイひらめきデトロイトロックシティは最初から最後まで完璧だ。初来日公演でもオープニングだった。どの曲も短く耳なじみが良くノリが良い!(b^ー°) ピーター・クリスのヴォーカルの曲は飛ばして聴く。
「狂気の叫び(ひどい邦題だけど)」
はリニューアルツアーのライブの音源で、声のハリというかジーンとポールで歌をしっかり歌っているのに驚き!

毎日繰り返し聴いているうちに、ポール・スタンレー様の美声に魅了された。エッ..美声ですって?スタンレー様は近年ミュージカル「オペラ座の怪人」の主演や、サラ・ブライトマンのアルバムでデュエットしたくらいですし、力まなければ本当に美声です\(☆o☆)/この中では特に「ストラッター」の声がいい〜

当初ブログは 「KISSは観たことないけど、聖飢魔Uのライブは一回見たことがある、デーモン閣下の歌は美声だった、エース・フレーリーを意識しているであろうギタリスト、ジェイル大橋がカッコよかった(これは事実)」とパロディぼく終わるつもりでしたが…

実は既にダァ〜と凄い勢いでCD、DVD買いまくりkISS漬けの毎日(◎o◎)自分がパロディになってしまったみたい。“スタンレーちぃさま”への改名を考えています。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KISS(キッス) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック