2010年06月28日

軍艦島上陸見学

軍艦島上陸し見学コースを回ります。

SN3J2828.jpg

残っている建物は半数。

SN3J2829.jpg

危険なため、立ち入りできるのは赤い見学通路のみです。3か所の見学広場でガイドさんが詳しく説明してくれます。

P1110309.JPG

第一見学広場から

SN3J27280001.jpg

右の山の上の住宅は炭鉱幹部用。ここだけが風呂付。

SN3J2726.jpg

右側には小中学校と病院。


SN3J2740.jpg


SN3J2742.jpg

貯炭ベルトコンベア。支柱が残るのみ。

P1110315.JPG

SN3J2729.jpg

第二見学広場の目玉:炭鉱中枢、レンガ造りの総合事務所。

P1110312.JPG

炭鉱マンのための共同浴場はいつも真っ黒だったそうだ。

SN3J2731.jpg

この周囲の建物の崩壊はひどく、わずかに階段が残るのみ。

SN3J2738.jpg

P1110310.JPG

緑の色が鮮やかなのがデジカメ、色が薄いのは携帯。やっぱりデジカメだなあぁ〜

島は日差しをさえぎる物はなく(傘禁止、帽子の無い人は貸してくれる)、照り返しで相当暑い。私はマスクしたままポリウレタンコーティングの上着を脱ぎもせず、“ちぃさま”ホイル包みオーブン焼き状態。自分で蒸し焼きにして風邪の治療としていたのでした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(長崎・熊本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、日本の美しい島々を紹介するDVDを
たまたま購入して観たのですが
そのなかに、この軍艦島がありまして
そのとき以来、興味を抱き続けておりました。
出不精で旅行などは滅多にしない自分も
いつか行ってみたい島のひとつです。

お久し振りです。
以前、検索エンジンを彷徨ううちに
偶然「ジャズダンス・ナウ」の記事に辿り着き
これも何かのご縁と思い
コメントを残させて頂いた者です。
今年も、毎年恒例のこの公演の季節を迎えました。
当時とは状況も様変わりし、現在は某新聞社の手を離れ
実行委員会で主催する“手作り公演”として
上演が続けられていますが
今年も、なかなか趣向に富んだ舞台となりそうです。♪
宣伝臭プンプンで恐縮ですが(汗)
もし、お時間ありましたら
お気軽に、劇場へ足をお運びください。m(__)m

ではでは、また立ち寄らせて頂きます。(^^)/~~~
Posted by 薄野の舞姫 at 2010年06月29日 00:04
>薄野の舞姫様
コメントありがとうございます!
軍艦島、やはり有名なんですね〜美しいと言うかなんと言うか・・・
天気が良かったせいか廃墟の暗い感じはしなかったです。
現役ダンサー素晴らしいです。
私はヨガだけになったけど、ようやくガチガチの膝の裏も少し伸びるようになり、
実は柔軟性は往年時に戻すのが密かな目標です。

ジャズナウは観に行けるかどうかわからないけどご活躍を期待しています。
輝いて下さい!ダンスは観るもんじゃなくて踊るもんだと思います、つくづく。
Posted by ちぃさま at 2010年06月30日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック