2010年03月23日

ディクテーション

忘れたころに英語のお勉強の話。TOEICは力試しやレベルチェックにはいいかも知れないけど、TOEICが英語の勉強の目的なら、とてもつまらなくてやってられない。普通の勉強をすることにして教材を購入。

100311_2314~02.jpg

100311_2314~01.jpg

突然だけど今度はディクテーションにチャレンジすることにした。ディクテーションとは聞いたことをそのまま書きとることだ。まず最初に選んだのは、昨年4か月にも及ぶ長期宇宙滞在ミッションを果たした若田光一さんとNASAの宇宙飛行士のインタビュー。

昨年12月に東京で会見が行われたのを知らなかった。私は子供の頃に月面着陸を経験したもんで、宇宙ステーションと言ってもあんまり興味わかないんです。その昔、幼稚園で園児同士「月」とか「アポロ」としゃべっていたのを覚えています。

ちなみにこのインタビューの後、ボーナストラックとしてアポロ11号のニール・アームストロング船長が月面に降り立った時のNASAとの交信も収録されています。世界中が注目した歴史的な瞬間だった(勿論ご幼少の私はそこまでの記憶はないが)

100319_1216~010001.jpg

お〜お結構聴けてるじゃん!と言っても半分は若田光一さんのスピーチです。インターナショナル・スペース・ステーション・プログラム等わかりやすい言葉が多かったからで、ちょっと早いしゃべりだと全然ダメです。

書き取るとなると細部まで注意するし集中力も増す、TOEICみたいにテキスト開いた途端にクークー寝るなんてことはないし(w)一緒に手も動かして字を書くのはきっと良い訓練になると思う、ずっと続けば・・・

ただし、そこそこ書けた簡単な分でも、意味がわからない。内容理解力に根本的な問題があるようだ。だから耳だけで聴いて意味を理解しようなんて100年早い。

100319_0745~02.jpg

ノートは北大生協で買ったものです。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いしますキスマーク
posted by ちぃさま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学学習 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック