2010年03月17日

姫路名物 駅そば

新快速列車がひとつ前の加古川駅を発車するとソワソワ落ち着かなくなる。列車が速度を落とし始めたら読んでいた本をしまい、メガネをかけて窓の外を見る。

ここがポイント!近視の“ちぃさま”は細かい文字を読むのにメガネは要らない、遠くを見るのにメガネが必要なのである。(老眼じゃないことを強調したいんです)

あ〜あ向かって右側、車窓からビルの谷間に2度3度とお城様の雄姿を拝観することができる。何回経験してもこの感動は薄れることはない。

今回の発表会への準備、そしてまったく成果を得られなかった発表大会のための、そしてプロジェクトの苦悩を思った。慰安旅行(本当はV旅行つもりだったけど)の締めくくりとしてここ以外の場所は考えられないのである。

ホームに降りると目に飛び込んできた「えきそば」

SN3J03460001.jpg

『“ちぃさま”姫路に行くなら「えきそば」たべなきゃ!』知人に言われていたのです。
Ekisoba Since1949と書いてある。 サンフランシスコ講和条約が1951年だから占領地時代にできたのか・・・後で調べたら戦後の食糧難の名残らしい。

私にしては珍しく人の言うことを聞くことにして入ってみた。

SN3J1744.jpg

かんすいが入っているから「うどん」ではない。ゆる〜い中華そばと和風だし。北海道の人間には甘く感じるけど関西人には濃い味らしい。上の天ぷらは中に小麦粉の粉ぽさが残っている。

このゆるさ加減が妙に美味しい、350円で量も少ないので2杯食べたいところだけど足早に出た。“お城さま”が“ちぃさま”を待っているのだ。

SN3J18190001.jpg

知らないうちに「しろまるひめ」なるキャラクターができていた。

人気ブログランキングへ応援クリックよろしくお願いしますキスマーク

補足】眼が悪いと不便です、視力は0.1〜0.2なのだけど、すごく抵抗があるのでコンタクトしていないんです。メガネがないと本屋で本を探せないのに、探した本を手に取るとメガネじゃ読みにくい。これもある意味遠近両用が必要なのかしら?どちらにしても結構な年増だから。職場ではメガネ無しで過ごしてます、顔が見えすぎると怖いので・・・。
posted by ちぃさま at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー。
ワタシもそうですよー。
多分、老視の初期症状です。
ワタシの場合は
運転用にあわせたコンタクトレンズを装用すると
読書にはちょっと辛い。
眼鏡をかけた日は外したり掛けたり。
とっても面倒なお年頃です。
※ちなみにワタシは近視です
現在は、遠近両用のコンタクトレンズにしようか
それともコンタクトレンズ+老視眼鏡にしようか思案中です。

Posted by マサト at 2010年03月20日 17:21
こんにちは〜
奥様ありがとうございます。
多分レーシック手術したら、老眼ばかりが目立つんだろうなぁと思います。
新聞でも本での何でも離してみたりして(W
メガネは映画・スポーツ観賞、旅行用、家でテレビ観るのにかけてますけど、
近くはどんなに細かくも大丈夫なんです、ビーズ手芸や糸に針通すは大得意なんです!
と往生際悪く抵抗を試みたりします(^^ゞ
Posted by “ちぃさま” at 2010年03月21日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック