2010年03月10日

ヴィネリアオザワ ディナー

旅行日記はひと休み。札幌のイタリアンのお店です。

◆vineria OZAWA ヴィネリアオザワ
◆札幌市中央区南3西3都ビル5F

SN3J1918000100010001.jpg

ワインは2000円台からありました〜低価格帯が充実。
右は白:Mandra Rossa Grecanico マンドラ ロッサ グレカニコ (グレカニコ種)
左は赤:パッソ ドーブレ (マルベック種、コルヴィーナ種) 北イタリア
MASI社がアルゼンチンで作るアパッシメント(半乾燥)した温かみあるまろやかな味わい。

SN3J1910000100010001.jpg

コースの中身は教えてくれない。先に客がワインを選び、それに合わせて出てくるそうな。

アミューズは豆4粒

テーブル左手前は友人から“ちぃさま”への貢ぎ物。

SN3J1911000100010001.jpg

羅臼産山漬け鮭の生ハム風 グラッパ風味
リコッタチーズのパテ・パンテレリア産ケッパのソース
ごはん3杯食べられそうなしょっぱいサケが、本日唯一のシーフードでした。

SN3J1913000100010001.jpg

グリッシーニと自家製パン2種。茶色のタマネギのブリオッシュは特に美味しかった。

SN3J1916000200010001.jpg

干しタラのペーストとポレンタ(とうもろこしの粉を練ったもの)

SN3J1920000200010001.jpg

アーティーチョークのババロアみたいなものとチーズソース

SN3J192100010001.jpg

豆と穀物のスープ

SN3J192300010001.jpg

手打ち麺は美味しかったです。フレッシュマッシュルームのラグーソース。
やっと野菜が出ました・・・(正確には菌類だけど)

SN3J192700010001.jpg

豚肉の炭火焼きは本日唯一の生鮮食品

100303_1839~0100010001.jpg

【乾物&練りもの祭り】の修行はこれにて終了。

※和食の練りものなら私は好きです。

イヤミなコメントかしら?正直に言いますとね、前回の印象が良かったので期待していたのだけど、この日は「乾物&練りもの」ばかりで・・・ちょっとね。

本当は「ちょっとね」どころでなく・・・端的に言えば「お店の姿勢」と「お店を取り巻く環境の変化」とのギャップというものを強く感じました。

【お詫びと訂正】
料理の内容は間違えまりませんが、最初に「苦手はものは?」と聞かれた時に「生のタマネギとネギと・・・(私ではありませんが)」苦手な物が多すぎたので、極端に生ものが少なかったということに後で気づきました。上記のコメントは当日他に客もいなかったことから、落日を感じて書いてしまったのですが、失礼も甚だしいです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン・ダイニング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック