2010年02月19日

高橋大輔銅メダル

大輔やりました!

     20100219-00000121-jij_vanp-spo-view-000.jpg

前々回ソルトレイクオリンピックでは本田武史があと一歩4位だった、私の一番古い記憶、佐野稔・五十嵐文男・松村充の時代からの正に悲願のメダル獲得と言う感じだ。

高橋大輔、選手生命の終わりかと思うような怪我からよく復帰した!!直前の公式練習でも決まらなかった4回転を回避するのが賢者の選択だったと思うけど、銅メダル死守でなくて金メダルを狙いにいった男気がカッコイイ。スケートリンクの武将だ。顔やヘアは前の方が好きだったけどね。

昨日の
私の大胆予想は大胆にはずれてしまった。金メダルのライサチェックはイモっぽい。
プルシェンコはさすが・・・想像以上に洗練されていた。銀に終わったのはジャンプの軸がズレていたから?こんな出来の悪いプルシェンコは初めて見たが、真剣勝負の舞台はこれが最後か、一瞬たりとも見逃すものかと見た。

“ちぃさま”モードのステファン・ランビエールは4回転ジャンプと共に沈んでしまった。今の採点方法だと4回転チャレンジが封印されてしまうのか?勝つためには挑戦したらいけないなんてどこかおかしい。勝つために挑戦するものではないか?そんなに表現力重視なら競技でなくなってしまう。4回転を跳ぶために復帰したプルシェンコは偉大だ、私はフアンになった。昨日と前々違うこと言う“ちぃさま”なのだ。

織田信成は靴ひもだけなく、チャップリンの受け狙いもはずれたようだ。コミカル路線でなく、4年後はズバリ武将チックに勝負して欲しい。

今日の4回転なら小塚選手の方ができよかったかも、びっくりした。

      
さて、開会前選手団の中で浅田真央の次に有名な選手となった国母選手。年輩の人よりも同世代が批判の声が強かったことに驚く。服装の乱れは私の職場でも、目も当てられない人状態(タイトル:見せたがる女達)なので複雑な気分だったりします。


出場辞退申し入れをはね退けて出場された、橋本聖子団長の勇断には拍手を送
りたい。抗議が殺到して世の批判を浴びて鬼の首でも取ったように、出場辞退させるなんてバカげている。「出場させない方が無責任」これこそまともな腑に落ちる一言だった。

人気ブログランキングへ祝メダル手(チョキ)クリックよろしくお願いしますグッド(上向き矢印)

posted by ちぃさま at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいな〜のひとことです。ケガ・手術・辛いリハビリを経験した彼だからこそ手にしたメダルかな、と思いますね。女子フィギュアも楽しみです。本田君は「本田武史」です。(岡ちゃんと同じ名前ね)私はファンだったので、訂正させていただきます(^_^)
日曜のNスペ、真央ちゃんの特集です。
Posted by miho at 2010年02月20日 08:47
>mihoさま
昼休みの中継ありがとうございました。
常人には真似できない不屈の精神力ですよね。
真央ちゃん特集見なくては!
Posted by “ちぃさま” at 2010年02月20日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック