2010年01月23日

香川でうどん

香川と言えば【うどん】です。

実は4年前、香川にうどんツアーに行ったんです。
大げさに言うと一杯100円のうどんを食べにタクシー代が4000円!みたいな。
住宅街で朝から昼までの営業とか、「うどん屋」の形態や概念が全然違うし、
香川の県民食ちいうか郷土性の強い食文化に感動したものです。

今回は時間や曜日(日曜休みの店が多い)の制約はあったけど食べてきました。

丸亀市【手打ちうどん 渡辺】

100117_1337~010002.jpg

丸亀城から少し東に歩いたところにあります。

SN3J1482.jpg

ここはセルフではないです。かけ250円。
ちょうど茹でている時だったので少し待ったので(これってラッキー!)
美味しかったけど、もう少し硬い方が私は好きです。

三つ葉は珍しいかも・・・。

さぬきうどんは「いりこ出汁なので」つゆの色は薄いけど結構な塩味で、
飲むとしょっぱい。あ〜あ、さぬきうどんだぁ〜と実感。


SN3J148100010001.jpg

テーブルにおいてある薬味【こねぎ・天かす・しょうが】を好みで入れます。

高松市 【根っこ】

100117_0937~010001.jpg

駅からも近いです。ホテルの朝食パスして行きました。

SN3J1420.jpg

セルフ店、好きな具を取ります。安いです、アナゴ天110円、チキンカツで120円。

SN3J141900010001.jpg

「さぬきうどん」と言えばおでんが欠かせません。

SN3J14150001.jpg

1玉(180円)では足りないと思って2玉(270円)にしたら多すぎた(^^ゞ
トッピングはちくわ天と半熟卵天。

半熟卵天は黄身が流れてNGだったけど、うどんは美味しかった。
別に有名店ではなかったけど、香川のうどんは本当に楽しい〜もっと食べたい。

※ただし「かまたま」(釜揚げうどんに生卵)は苦手です。
4年前、「かまたま」の元祖、綾上町の「山越えうどん」で食べたけど、
専用「かけだし」を入れて混ぜると、固まった白身と、黄身が湯と混ざった白ぽい液体が
渾然一体となった不味さにガク然とした。

きっと私の味覚がおかしいのでしょう。

途中で残して向かった「たむらうどん」は美味しかった〜小(100円)を2杯食べた。
店主は映画「UDON」最後の方に出ていた♪

冒頭に書いたタクシー4000円ってこのことで、「うどんタクシー」と言って、
1時間チャーターが4000円なんです。あらかじめ予約して琴電で最寄りの滝宮駅に行くと、
専用車がお出迎えというわけ。

ホントになんでも好きだなぁ〜だから“ちぃさま”なんだけどね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(高知・香川) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック