2009年12月06日

百万石通り

金沢の街歩き

P1100906.JPG

左手に城を見ながら兼六園に続く「百万石通り」さすが加賀百万石です。札幌ではせいぜい「屯田通り」ですから。レンガの建物は四高記念文化交流館。

P1100885.JPG

金沢城 王手堀(ここは百万石通りとは違うんだけどね)金沢は戦火に遭わなかったと言うのが大きなポンントです。なので街のつくり(都市計画)が藩政時代のままって感じなのです。

SN3J113300010001.jpg

武家屋敷跡でなくても普通にこんな門構え。

SN3J113200010001.jpg

こちらの古民家は俳句か何か文学関係者オンリーの集会所でした。

SN3J11310001.jpg

ここは「美術の小道」といって、私が金沢で一番好きな場所です。県立博物館と中村博物館を結ぶ坂で藩政時代からあったそうです。かなり急な石段なのだけど、何が凄いって平行して滝が流れているんです。

SN3J11290001.jpg

これが滝です。原生林の中をゴォーと滝の音を聴きながら、美術館の脇を歩くって実にエキサイティング。藩政時代から用水が整備され、これが辰巳用水となります。3往復くらいすれば良かったなぁ〜

SN3J11340001.jpg

こんな感じ。店の前やマンションの前にも用水が通り、個別の橋が付いています。

P1100774.JPG

一軒ごとに専用の橋があるのがおもしろい。旧武家屋敷跡近くのせせらぎ通り商店街。

SN3J113600010001.jpg

用水を見下ろしながら、シャンパーニュで喉をうるおします。実に気ままな旅だなぁ〜となんだか懐かしく思い出します。
posted by ちぃさま at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(石川) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック