2009年11月26日

卯辰山山麓寺院群

金沢市は人口45万、北陸の一地方都市ではあるけど歴史の奥深さの密度に魅了されてしまう。江戸時代に犀川南岸と卯辰山山麓2か所に寺院が集められて今もほぼ完全な姿を残している。

SN3J11040001.jpg

これは現地で入手した英語のパンフレット。何故か日本語版には寺院群散策ルートは載っていないのです。英文はともかく地図は大変役にたった。

P1100821.JPG

城北大通 バス停「森山」から道路に入るとこんな世界が!

P1100817.JPG

P1100819.JPG

有名なひがし茶屋街からもほど近いのだけど一般観光コースではない。北海道から見たらここは外国。たった一人雨の中の寺院散策は心がしびれる時間だった。

P1100828.JPG



SN3J11060001.jpg

P1100835.JPG

緑と鳥居の先はこんな感じ、営業していなさそう・・・

P1100844.JPG

西養寺

P1100854.JPG

本州の紅葉が見たい!はちょっとアテが外れたかもしれぬ。

P1100839.JPG

石垣〜!石垣〜!

旅の目的として非日常空間を体験するとことなら、廻りに誰もいない古都の異次元空間は、心だけでなく脳味噌もシビレた。金沢は歴史遺産がたくさんあるけど、コンパクトにまとまっているので実は一日で廻れるし、駅前〜繁華街は大味な感じだけど、街歩きの驚きと発見はタダ物ではない感じ。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(石川) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック