2009年11月20日

兼六園

金沢の代表的な観光地:兼六園。兼六園の六とは『六勝:六つの優れた景観』のこと。宏大・人力・水泉・蒼古・幽邃・眺望(ガイドブックより)。藩主12代・13代の時代に築かれた庭園は派手さはないけど実に趣がある。人混みの中ではなく早朝に訪ねてみたい。以下は単なる記念写真。

SN3J1125.jpg

左の石〜鳥居〜灯篭、人の一生を現わしているとのことです。

SN3J1115.jpg

兼六園のアイドル:ことぢ灯篭

SN3J1121.jpg

『冬桜』が開花したところです。いわゆる寒桜ですかね?

SN3J1116.jpg

霞が池と唐崎松

SN3J1123.jpg

江戸時代からの庭園というのがなんとも嬉しい。名古屋城の二の丸庭園は惜しいことをしたなぁ〜

SN3J1128.jpg


P1100975.JPG

金沢城東南櫓台跡から見た兼六園。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(石川) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20年ほど前に行きました
冬の兼六園。

ホテル百万石に泊まりました。
そのときの全国有責者のご招待だったのですが笑
そんなときもあったなあ
Posted by りりぃ at 2009年11月23日 10:16
りりぃ様
映画「ゼロの焦点」で冬の兼六園が映っていました。
あの有名なホテル百万石ですか!豪華ですね。
私も今度は渓谷が美しい山中温泉に泊まりたいです。
Posted by “ちぃさま” at 2009年11月23日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック