2009年10月11日

勝間本

以下のブログは勝間ブームに踊らされて本を買ってしまって書いたもの。
この人の発言の軽薄さはゴミだ。喜んで読んでいた私って本当にバカです。

ここ2〜3年で彗星のように現れ大ブレイクの勝間和代さん。最近買った本が「起きていることはすべて正しい」

091010_2052~01.jpg

どんな逆境にあっても、不幸すら幸運に変え、運を発揮できるのか。それを“メンタル筋力”と定義し、メンタル筋力が高まると、思わぬところから幸運を見つける力、すなわち「セレンディピティの力」が手にはいる。
1.脳内フレーム活用法
2、即断即決法
3、パーソナル資産増法
4.勝間式人間関係の兵法

これら4つの技術を統合すると、偶然の中から常に幸運を発見できる、すなわちセレンディピティが起こるひょうになります。根底にある考えは『今起きていることを否定したり、こうだったらなあ・・・と夢想しても仕方ない、それより今起きていることから、何を学びとり、どのように行動すれば、いま一瞬のこの時間を最大に活用できるか』
・・・以上前書きより・・・

SN3J0887.jpg

フアンとまでは言わないものの、それなりに「勝間本」を買っていたりします。
「願えば叶う」だけの精神論でなく、アナリスト・コンサルタントの経験を活かした具体的、論理的な内容、時代を読む力と客観視する力が支持されているのかな。

19歳で公認会計士2次試験に当時最年少で合格と優秀で、時間管理や効率化が完璧すぎて境遇も違うけど、書かれていた『三毒追放』は即実践をこころがけたい。三毒追放とは『妬む』『怒る』『愚痴る』をやめること。悪口含めてマイナスの言葉はよくないとわかっているけどつい・・・。『三毒追放』と名付けると忘れないからいいかもね。

潜在意識活用と言えばポジティブシンキングだけど、元祖ポジティブシンキングの女王様をご存じかしら?懐かしいものを思い出してしまったわ。
091010_2218~01.jpg

「愛のポジティブシンキング」斎藤澪奈子。ド派手な化粧と今で言う叶姉妹のような怪しげなセレブモードで「超一流主義」なんて本書いて、こういうのはアッパー、ああいうのはローワーなんて言ってた人なんだけど・・・。

SN3J0888.jpg

えへへ・・・これは93年2月13日、札幌で道新オントナ主催の講演会に行って買ったサイン本なのです。歯切れのいい話で気持良かったしすごく背が高くてカッコ良かったな。道新の催しの中でも最高の応募者数だったと関係者から聞いた。さすがは“ちぃさま”の好奇心は旺盛だ。単なる物好きか?

『インプットの法則。脳は巨大なコンピューター、インプットすると必ずアウトプットされる・・・』等々メモしてある当時の手帳を発見した。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | BOOK | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブックオフにこんなのが並んでたらはきけがしそうで
すぐ逃げるでしょう精神衛生の安定のためにも。
Posted by at 2014年11月25日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック