2009年08月09日

松代城 しなの鉄道

松代城(海津城)

画像2 2982.jpg
2004年に門や櫓が復元された。

画像2 2980.jpg
う〜む、あまりピンときません。

SN3J03350001.jpg
それよりも松代の風景。これは駅前の風景。
池田満寿夫美術館もこの並びにあるのです。

SN3J03330001.jpg
長野電鉄(しなの鉄道)松代駅。なんてレトロな〜!

画像2 2987.jpg
駅員さんが一人います。時代が遡ったような錯覚を覚えます。

画像2 2988.jpg
反対側のホームへは、横断歩道のように線路を歩いて渡ります。
み〜んとセミの泣き声が・・・これぞ旅日本の夏です。

画像2 2992.jpg
地下壕は太平洋戦争時代に作られた地下道。
行きたかったけど暑くて暑くて、この日は30度。

松代と言えば、大正時代を代表する新劇女優【松井須磨子】
渡辺淳一の小説「女優」は須磨子の伝記だ。
氏が松代に須磨子の姪子を訪ねるところから、物語は始まっている。

もう一人最近有名になった松代出身の方【栗林中将】。
硫黄島からの手紙の、渡辺謙が演じた主人公のモデル。
今も生家があるそうだ。

さて、歴史の街松代をあとに、しなの鉄道で最後の目的地:上田に向かう。

人気ブログランキングへ←クリックいただけると“ちぃさま”もっと張り切りますひらめき
posted by ちぃさま at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(甲信越) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック