2009年07月27日

信州松本そば処

女鳥羽そば・・・松本市中央3−4−8

信州と言えば蕎麦です、松本では蕎麦だけ食べるつもりでした。
画像2 2863.jpg
名物の三重(みかさね)そば

画像2 2864.jpg画像2 2865.jpg

画像2 2866.jpg画像2 2870.jpg
ざる(海苔)、とろろ、抹茶の三段重ね。さすがに二段目・三段目は少なめです。
地元信州の契約農家の玄蕎麦だけを自店で石臼で挽いて使用。
細くてシャキッとした、誰が食べても美味しいと思えるであろう蕎麦です。
店内も大変上品な感じでしたし、お値段も上品な1350円だけど納得!


そば屋五兵衛・・・松本市開智2−2−17
画像2 2938.jpg
事前リサーチと観光パンフレットで決めました。

画像2 2947.jpg
粗挽き生粉打ちそば(十割)1000円 限定15食。
蕎麦粉の粗さ自慢とは!新たなジャンルです。

画像2 2946.jpg
手で廻して石臼で粗く挽く蕎麦粉を、つなぎを入れずに打ちます。
水は名水百選に選ばれた「安曇野穂高の天然水」

画像2 2948.jpg
うぉ〜!最初は添えられた深海塩を付けて下さいとすすめられます。
一口目は何も付けずに食べました、十分蕎麦の味がしました。
そして塩を付けていただくと・・・衝撃の体験です。
なんだ〜この甘みと蕎麦の凝縮感は!全部塩で食べてもよかったくらい。

こういうものを食べるのが本当の贅沢では?蕎麦と幸せを噛みしめてました。
なんとかフレンチもなんとかイタリアンも要らない、と思いましたねぇ。

画像2 2945.jpg
うんちくもたっぷり。忘れられない蕎麦になりました。

人気ブログランキングへ←お手数ですがクリックお願いしますぅひらめき
posted by ちぃさま at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(甲信越) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック