2009年06月29日

名古屋城本丸御殿復元

在りし日の名古屋城天守と本丸御殿

200509%2F16%2F43%2Fe007564320060721110351%2Ejpg.jpg
写真は名古屋市提供

形容する言葉が思い浮かびません。
勇壮な天守群。優美な御殿は武家書院造りの最高傑作と称されました。
昭和20年5月14日 米軍空襲により消失・・・もうやだ〜(悲しい顔)(涙・涙・涙)
姫路城の大天守と、京都二条城本丸御殿が合体したような絵です。
これが絵でなく現実にあったものだなんて・・・凄すぎます。
“ちぃさま”はひれ伏して、「アラーの神よ」みたいに拝んだことでしょう。
今も現存していたら、世界文化遺産は姫路城ではなく間違いなく名古屋城でしょう。

天守は再建された後も、御殿は跡地に基石だけ残ったままでした。

1189199115_207.jpg
総額150円の予算規模で、悲願の本丸御殿復元工事が始まりました。
完成予定図です。築城400年の2010年に玄関の一部が完成予定。

SN3J0302.jpg
外観や内部の写真。細かい実寸が残っているので完全復元が可能です。
名古屋も未曾有の不況ということで、あまり盛り上がらず寄付も疑問視する声も。
せめて20年前なら、往時の御殿を知る方々が元気で活力もあったでしょうに・・・。

しかし、完成したら大きな話題になるはずです!私も必ず行きます。
たとえ木の香りがプンプンの新築でも、あの場所には御殿が甦って欲しい。
それにしても本物のオーラを妄想してしまい、縮小模型を見てもため息ばかり・・・

人気ブログランキングへ←忘れないでクリックお願いしますぅひらめき
posted by ちぃさま at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック