2008年07月05日

MARU:NI(マルニ)でランチ

“ちぃさま”がMARU:NIの長尾シェフのフアンであることは
友人の間とPINOTさんでは有名な話である。
予約したのは勿論カウンター、恥ずかしいから友人に予約してもらうのです。

MARU:NIランチをいただきました。
画像2 1036.jpg
前菜はスモークサーモンのカルパッチョ

お〜びっくり、このサーモン、キレイな一枚ものなんです。
「斜めにして包丁で切りました、小さいのイヤなんで」と涼しげに微笑むシェフ。
グレープフルーツもアクセントに、キリリと締まったソースでボランジェにぴったり。

画像2 1038.jpg
スープはガスパチョ

中身を聞いたら、トマト・キュウリ・セロリ・・・
野菜をミキシングしただけ、つなぎのパンは入っていない。
味付けも超シンプルで野菜の美味しさが際立ってます。暑かったこの日にぴったり。

「気分は地中海みたいだわぁ」とはしゃぐ“ちぃさま”に
「はい、そういうイメージにしてみました」とにっこり微笑むシェフ。 

画像2 1039.jpg
肉料理は地鳥のロースト、サフランライス詰め

画像2 1041.jpg
魚は姫路産そい?のポアレ すごいボリュームです

下はトマトとバジルのちょっとスパイスを効かせたソース。
友人と仲良く半分コしていただきました。
野菜もたっぷりで、夏らしくライトに、でもゴージャスに。

画像2 1043.jpg
デザートはダークチェリーのクラフティ

“ちぃさま”は一時期バナナのクラフティに凝ってよく作っていたから、
クラフティはとてもうれしい、勿論比べ物にならない位美味しい〜
チェリーの酸味が訊いていて、甘さ控えめでとても気に入りました。

画像2 1044.jpg
札幌市中央区南5条西24丁目3−16

冬はバターを使ってコクのある料理を、夏は夏らしく(笑)
夏こそフレンチランチ!おススメです、BGMもリゾートぽかったな。
信頼できるシェフがいるお店があるっていいですねぇ〜

ちょっと思い入れが強すぎるかしら?そんな勘違い“ちぃさま”にも
穏やかに接してくれる長尾シェフは素敵。
物静かだけど、その凛とした佇まいに“軸がブレていない人”なんだなぁと思う。

ワインショップ+レストラン MARU:NIホームページ
posted by ちぃさま at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フレンチ系 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック