2020年06月28日

Stay home=天ぷらの思い出

好きな食べ物は?と訊かれたら、う〜ん、和食、野菜、刺身〜と漠然とした感じなんだけど、ひとつだけピンポイントで答えられるものがある。それは【タラの芽の天ぷら】

かなり前におじさま名人と2人だけというリスクを負いながらも山奥に採りに行きました。やはり香り❗️と鮮度が違いすぎて売っている物とは別物です。3日連続で皿いっぱいの天ぷらを1人で食べ続けたことの幸せは忘れられません。

それで極めてしまった感が強く、アレを知ってしまうとスーパーで売っている物なんて・・・となります。何年に一度かは買って作るかなぁ。ちなみにタラの芽の天ぷら以外の揚げ物は一切しません。来客用に一度リゾットコロッケとゴボウの唐揚げ作ったのだけは記憶しているくらい。

お散歩中にひとパック200円で見つけて本当に久しぶりに作った。

27018C59-A7CB-4D0E-B7B1-B8643A6F4BF2.jpg

揚げ方全然わかんないしベチャべチャなんだけど美味しい〜

7AFB78CD-27C0-4C74-883B-A1853E3066D9.jpg

えへへ〜こちらは大きめ。2パック買っていたのです。下に敷いているのはキッチンタオル。恥ずかしい。

8F2E12FF-ED56-4F4E-A758-12C8548DEA6D.jpg

更に3パック購入。

228358CE-04F1-4B5B-80DD-CDE19B5B61D0.jpg

テレワーク中にタラの芽かき揚げ蕎麦で昼食。

74D1DA1D-C431-4DF1-BC51-C6C51E8416DA.jpg

ご飯でかき揚げ丼も。生っぽかったり焦げすぎたり・・・かき揚げがこんなに難しいとは・・・


次はウド。

EF6594FF-14BD-4EF4-B0AB-AB0B0B43F942.jpg


八百屋さんに漂うウドの香りに、ウドの穂先もタラの芽みたいに美味しいんだ!と思い出しました。香りがなくなったタラの芽よりも美味しいかも。

347752EE-847B-4705-9EA6-71BBC30F8BF3.jpg

かき揚げは懲りたので、茎や根元の天ぷらを福井県の越前おろしそば風に。ウド以外の茶色い物体が麺つゆにネギと削り節と大根おろしを混ぜたものです。

96853EE8-9BFF-4B21-BE5C-27CD88BA4764.jpg

揚げ物が止まらないワタクシ・・・カリフラワーが一株150円だったので、スパイシーフリットまで作っちゃいました。

お店のテイクアウトするという発想が全くないので、ステイホームの思い出=揚げ物になってしまった。

揚げ物って難しいですね、油の量と温度、具材投入して下がる温度等々・・・勿論揚げ物専用鍋など無く、卵焼き用の長方形のフライパンで油はケチるし揚げザルも無く、一度もカラッと揚がらなかった。小型の揚げ物鍋買わなくちゃ!と揚げ物への探究心が湧くも、ちょうど飽きたのでもうしばらく揚げ物はしないでしょう。

1月の宝塚遠征以来、旭川に帰る以外は旅のないワタクシ…。その状況に慣れてしまいました。行きたくてウズウズって感じでもないです。なにせ今は梅雨〜夏と旅には向かない時期ですしね。

未だにホットヨガ再開ならず(やっと7月から再開決まりました!朗報です)、交代の在宅勤務が続いてめっきり家にいる時間が増えました。

4BF9E93C-1543-45D7-ADAE-BF308F5A0B72.jpg

というわけで300円のプチプチDIY。宅配の段ボール繋げて100均の壁紙巻いて分別ゴミボックス。壁もコラボ。かなりの自己満足度です。せっかく色味も合っている冷蔵庫は16年経っているので、給付金10万円を軍資金にして買い替え予定。

B28E9E41-8B39-4715-A210-B6546A8CEF0A.jpg

おうちモードが昂じて自分用の普段用食器を一挙入れ替え。問屋さんのセールで定価の1/3で合計6300円!まぁ定価というのが眉唾ものですけど、一目見て100均との違いがわかるはず( 笑 )

続報‼️天ぷらリベンジ

17FF7849-CAC8-4D09-B6A2-AEA8278E8DDB.jpg

すすきの【ダイヤの55】さんで天ぷらミニコース。揚げたての天ぷらを天つゆ+4種類の薬味塩、うなぎ天ぷらには山椒を。美味しかった‼️
posted by ちぃさま at 00:00| 料理・DIY・ソーイング | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

恋の蛍ー山崎富栄と太宰治

桜桃忌に捧ぐ

4E622591-238B-4869-ACC5-E1F75AB5E303.jpg

この本を知ったのは8〜9年前かな?ずっと誕生日に合わせて感想をアップしたいと思っていました。今年がこういう状況なので旅にも行かず行動控えめな為、まとめることができました。


ワタクシ誕生日が太宰治と同じ(血液型も同じ)で、2011年には青森の生家にも行ったものの、どうも昔から太宰の本は苦手。一人称女言葉の退廃的な私小説の印象しかなく、代表作【斜陽】も毎回蛇の卵のところで挫折。

心中やら自殺未遂の常習犯、ヤク中、アル中の生活破綻者。妻子がありながら愛人が子供を産み、別の愛人と心中。【太宰治と三人の女たち】と映画化されたくらいだから、作品よりもスキャダラスな私生活をもってして今も別格の地位にあるのかもしれない。【人間失格】が中国でなんと60万部も売れているとはびっくり。

さて太宰治の人生のクライマックスの玉川上水の心中の相手 山崎富栄のことは今でも『戦争未亡人、美容師』そことなくバイアスを感じる書き方で、『独占欲が強い、太宰に心中を迫った、先に太宰の首を締めて殺した』等々悪評クサクサである。眼鏡をかけた写真は目にしたことがある。

さて、本書は山崎富栄側から描いた、生い立ちから心中までの人生。

彼女は戦争未亡人と言っても夫は天下の三井物産の海外駐在員。彼女の父親は日本で初めて認可を受けた美容師養成学校を設立し師弟の教育に尽くした熱血漢。衣紋道という十二単衣などの古式ゆかしい着付けの作法にも通じ皇室の着付けを手伝いするほどの専門家であった。富栄は家族の愛情たっぷりに育ち、父親の元で学校の後継者として技術を身につけ、19歳で銀座で美容院を経営、英語が得意でロシア語やフランス語を勉強し、茶道や花道も嗜む才色兼備+高度な手に職。まさに時代の先端を行くような女性であったのだ。しかも優しくて誰にも細やかな心遣いのできる女性で、天下の三井物産の駐在員との縁談があって当然である。

読後の感想は一言。

【太宰治と心中するには勿体ないほどの女性であった】


死後は不倫非難に加えて人気作家を殺した女!と遺族へのパッシングは想像を絶する酷さだったようです。正に起死回生、名誉回復の書。

作者は自らが太宰の熱烈な愛読者である 松本侑子さん。驚くことに富栄の戦死した夫の親族、三鷹の富栄の下宿先の大家、当時の太宰の編集担当者に会って話を聴き、夫が現地招集されたフィリピンまで足跡を訪ねている。あと5年、10年遅かったら永遠に聴くことができない貴重な証言を得ているのだ。

海外駐在員の妻と言っても、一度も海外生活はない。昭和19年12月に東京で挙式して1か月にも満たない結婚生活、戦争で夫を失い、自分が校長を継ぐはずの美容学校を失い、銀座の美容院を失い、自宅を失い失意のどん底の富栄。それでも戦後は美容学校の再建を目指して、三鷹の美容院に勤務する傍ら米軍でのアルバイトとせっせと貯金に励んでいた。だけど魔がさしたのかなぁ・・・太宰の常套句【死ぬ気で恋をしてみないか】でコロッと。そこからはこれまで耐え続けていたものを捨て去り、一気に不倫真っしぐら、死へ向かっていきます。

太宰に出逢わなればずっとずっと幸せな人生を過ごせたと思うけど・・・痛々しい。特に愛娘をこんな形で失った父親の失意と絶望感には同情を禁じ得ません。唯一の救いは美容学校の教え子達がずっと恩師を慕い続け立派に活躍したこと。一族の一人はベルジュバンスの発明者となりました。

本の中にはもう一人の愛人である【斜陽の人】太田静子も登場するけど、太宰は静子の日記だけが目当てでとても愛人とも呼べない酷い扱い。ますます太宰の魅力はわかりません(っていうかキライ)

何度も読み返えしていると富栄の父親が陰の主人公か?とも思えるほど。軍国主義と戦争で消えてしまった美容学校、美容師育戦争に翻弄されて父娘の生涯へのレクイエムでもありましょうか。

知ることができてよかったと思える本のひとつです。名著です。


posted by ちぃさま at 00:00| BOOK | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

北大クロユリ2020

先月下旬、久しぶりに思いだして行ってみました。

8B64BFF7-CA30-4EF1-8864-69BF61F1174A.jpg

5731CA66-F77C-4DDE-9EEA-715101E996C7.jpg

アレ?花ない。もう時期終わった?それとも絶滅したか?

1554FA23-E7A7-4691-BD6E-A8BA4B4483F8.jpg

66F446C7-2E4D-411E-B60B-7A73B8AE2E06.jpg

低く小さく慎ましく咲いていました。

FA2695E9-8427-49FC-93A0-04A21E459E6B.jpg

18AAC48D-2327-48DB-BE5D-13A333834511.jpg

かなりみっともなくしゃがみながら撮ってみました。

8BE3E9A4-A5D3-4E66-A593-6D9FE43D5DB6.jpg

2316E987-AD94-40E1-91A6-C219D20D41F4.jpg


E995B452-CE85-4470-BF3B-BA957495CE48.jpg


4C94872A-3AA1-4FEE-BA52-FC843A5ADD46.jpg

ワタクシ的お気に入りショット。

4D573FA2-CCAB-424F-BA45-AD4A87665B0E.jpg

ポプラ並木の近くです。
posted by ちぃさま at 08:59| Comment(0) | 散歩・風景・野外 | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

麺屋169

毎週のように行っていた【らーめん山さわ】さんが白石に移転してからは、同じく広域ご近所の【麺屋169】に行くことが多くなりました。

E9231DA6-6096-4E90-8748-9F214A00BF93.jpg

店名どおり中央区南16条西9丁目。懐かしい【スープカレーマグマ】の跡にできたラーメン屋さん。場所も良いとはいえない立地で見事に人気店となりました。


EF58BE75-7DDF-451D-95D2-3D18DE6149AA.jpg
原作のラインナップ。

ED9610D2-80C5-449C-8B47-5F7BC0C38B84.jpg

【中華そば  醤油

71E9D94E-41B6-4D9B-B8FF-7603C2D7FBC1.jpg

【中華塩】普段塩は食べないですけど、最近コレが一番気に入っています。塩というより【あっさり正油】と言ってもよいかもしれません。



F34C24B1-FE3C-44F8-8656-583186055F22.jpg


【煮干しそば】やはり煮干は外せません。


71520629-A747-4DCD-809B-5AE972016E58.jpg

【濃い煮干し】煮干粉がざらっと残る感じ。

58B2F6AA-F530-49A5-8F93-31BEB259AF86.jpg

【The・さっぽろ味噌】ほぼ正油なワタクシだけど、寒い冬場は若干味噌モードになります。


3E70C9C0-F2BE-458C-BB59-6636DE25836F.jpg

【辛い味噌らーめん】かと思われます。


0769416C-AC73-4585-8992-7A43C5EE240F.jpg

【芳醇中華そば】oh!蛤ラーメン!ワタクシが東京での楽しみにしている、蛤ラーメンの【麦とオリーブ】のトリプルスープを思い出します。発酵黒にんにくと黒トリュフのペーストは斬新で混ぜると、スープが別物な感じになりスペシャル感が増します。ただせっかく豪華な鴨だか合鴨チャーシューがワタクシにはちょっと野性的で・・・


以下以前の限定メニュー(今は無いのが残念)


66B23EC9-6CA0-4A6C-8C71-7B153A8C364C.jpg

【じゃが煮干し白湯そば】煮干スープと潰したじゃがいもの馴染み具合が良かったですねー

2E0BD040-9255-4652-8AB0-B778A72FB9D7.jpg

【濃厚えび出汁味噌らーめん】
このえび出汁もっと食べたかったなぁ。

いつも麺硬めで頼んでいますけど麺にもうひと捻り欲しいかな。

蛤ラーメンと言えば、ススキノにオープンした蛤ラーメンの【あさつゆ】はあっと言う前に閉店してしまいました。細いストレート麺がきっちりアルデンテで供されるのが好きで、麺では一番好きだった南8条【すすり】も、更に細く四角い断面の冷や麦アルデンテが最高な狸小路の鯛ラーメン【渾身】も閉店してしまいました。しかも【渾身の】ラーメンウォーカーの表紙になったのに、発売時には閉店していた・・・前代未聞じゃないですか?
posted by ちぃさま at 06:00| Comment(0) | らーめん・麺類 | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

岡山城ライトアップ

感動の太陽の塔内部見学〜宝塚宙組公演〜岡山芸術交流の11月の旅最終稿。

E9FC36BA-CE81-4075-BD8D-1EBF1DDFC36B.jpg

岡山城🏯は素晴らしい城です。追手門からの堂々たる石垣と門構え・・・

2CA89107-F7B0-47A0-A4B8-32FC4C537205.jpg

なんと壮麗なこと・・・石段を上ると神聖な気持ちになります。

E2626E26-F82C-4BCB-BFBF-40554011D48E.jpg

932D2442-12BD-47DC-9582-8159A17370AE.jpg

ワタクシを魅力して止みません。

ライトアップは芸術イベント関係なく紅葉時に隣接する後楽園とセットなんだと思います。

93B5EB85-9211-4C63-BB69-06B11C31D936.jpg

E1DAD735-35C2-4B4C-BF42-FF4697475FA4.jpg

B656F9B0-AA2D-4E02-B805-8E5A7A56402C.jpg

凄くカッコイイ‼️

DE11798E-462B-410A-9B8E-B00E4B4CD083.jpg

あ〜あ、空襲に遭わなければ・・・

4F0D9370-269B-4EC5-A1CC-069594BFB0BA.jpg


396599A1-7088-46B6-8AB4-042A0FF2DD7C.jpg

後楽園を結ぶ橋の上から。超怖かったけどなんたる美しさ。もう少し早く終戦させる選択はなかったのか?と城マターで考えてはいけないのだが。


672049BB-1EE7-425C-B185-2B98D6CB6E6C.jpg

後楽園から天守を望む。

さてさて、岡山名物さわらを食べたいです!事前リサーチできず歩きながら探していたら、開店祝いの花が並ぶお店に目を惹かれ入店。

38414027-290A-4F5B-9137-650EABDC286D.jpg

全然居酒屋ぽくない、居酒屋モンブラン。

47C5C62F-9AD7-4585-B00A-33D47F383D08.jpg

岡山名物さわらの刺身。不健康そうなピンクだけど、時期的脂のっていて超美味しい〜

B94788CD-967A-4A66-847A-2459C1D640C3.jpg

さわらのタタキ。これも超美味しい〜北海道では食べることないから余計に美味しく感じました。


posted by ちぃさま at 05:42| Comment(0) | 旅&城(広島・岡山) | 更新情報をチェックする