2020年05月11日

岡山芸術交流2019その1

昨年11月のことです。

2016年の1回目がすごく面白かったので、宝塚遠征と合わせて嬉々として今回2回目の岡山芸術交流2019行った。1回目の街中のアートはそのまま設置されて景観になじんでいる。

05F6E2FC-2F1D-402B-853E-36A8A37C4598.jpg

全国どこでも数多あるアートイベントの中で岡山芸術交流の特徴としては、外国人アーティストがアーティスティックデレクターを務める。今回はピエール・ユイグ氏。参加アーティストもほとんど外国人です。

前回のテーマは【DEVELOPMENT 開発】
今回は【IF THE SNAKE もしも蛇が

超個体(スーパーオーガニズム)をテーマに、アーティスト同士、作品同士が関係し合うことを目指した。参加アーティスト達は自分の作品のみで閉じるのではなく、なにかしらと影響しあう、又はそれ自体が変化し続けることを試みたのである。

タイトルの蛇は顕在的なモチーフであるとともに、知恵、誕生、再生、癒しの神話的象徴。蛇行の身振りや形態、プログラミング言語として表現の潜在的な要素でもあろう・・・

いやいやコンセプトの理解が難しく、街中の目立つアートは少なく、中の展示は見てもなんだかわからなかった( 笑 )

00D3FCCE-CF4A-4D79-96B6-E48C0B10C5AC.jpg

■岡山駅の看板(今風にいうと巨大バナー)


24C099B0-BB7C-485E-B152-3FFAC75A9271.jpg

■林原美術館

《アン・リー》ティノ・セーガル

映像見ていると突然美少女(小学校1年生くらいのロングヘアの日本人)が登場し、わたしはアン・リーと語り始め観客に問いかける。びっくり仰天でした。


A33E1B51-4F6E-4E0C-853A-CB353D0CFCA7.jpg

■岡山県天神山文化プラザ

13F67768-0B8B-47A6-AEBE-03D78D8E70D1.jpg


今回のアートとは関係ないけどカッコイイので。


127F6295-4A50-4925-AE74-7633C2313A78.jpg

《ソルト・スペース》エティエンヌ・シャンボー

柱が人体と同じ温度で、床には動物の骨粉が撒かれている。

461A5BB3-1505-4E19-A11A-AEBD64D31C57.jpg


■旧福岡醤油建物

《自動制御下》エヴァ・ロエスト
飛行機のフライト中に眠る乗客の姿を3Dスキャンした映像をゴーグルかけて見るのだけど・・・それは屍でありミイラになっていた。


9EF623E9-5BFF-4E9A-BB8E-242027ED4C9F.jpg

■A &A TUBE 遊具です。


5D73DB48-AE38-4F4B-B925-1D88269651E0.jpg

■A &A リアム・ギリック❌︎フジアーキテクトスタジオのコラボにより今回作られた宿泊施設。


EA13E4AD-CFDA-495D-9D91-0A30E46FFB2A.jpg

《遅延線》メリッサ・ダビン&アーロン・ダヴィットソン

川沿いの石山公園に設置。

BB877BA2-96A3-446C-A831-77373A834A43.jpg

岡山市内を流れる母なる旭川(いい名前だなぁ)ホテルで自転車借りて🚴‍♀️サイクリングで回りました。右側の緑は後楽園。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(広島・岡山) | 更新情報をチェックする