2019年03月02日

花組【CASANOVA 】

2月に宝塚三か国周遊ツアーしてきました。

1カ国目はイタリア。花組公演  祝祭喜歌劇  CASANOVA

4CFF37FB-E9E9-4FD5-BD3B-0C9E8AB7C972.jpg

ワタクシが宝塚観るようになってから一番好きなポスターです。主演はもちろん明日海りお(みりおちゃん)と仙名彩世(ゆきちゃん)

B3F4D2F5-1523-4873-AA3C-3B67A8D9C5F6.jpg

1月に続いて宝塚大劇場

29317C09-9253-4BB6-BE8C-C994FF1F4C76.jpg

2F4FDF06-3670-499C-B076-C8434E247166.jpg

宝塚大劇場ならではの豪華シャンデリア。

立地は良いもののビルの中の東京宝塚劇場とは違い、神戸からも大阪からもそれなりに遠い、だからフアンは【ムラ】と呼んでいる宝塚大劇場は、レストラン・カフェ・ショップ・コスプレ写真館・宝塚記念館  歌劇の殿堂・・・宝塚テーマパークです。

朝6時半に家を出て、9時千歳発の神戸行きは機体の除雪のため30分遅れで神戸空港11時半着。ポートライナー・阪急と乗り継いで大劇場に着いたのは13時近くになっていました。11時の回が上演中なので人が写っていないわけなんです。

(伊丹空港なら宝塚まで近いです)

7E55F821-D8B9-4E8F-94A9-25F0FF764201.jpg

ベネチアを舞台に、稀代のプレイボーイ  カサノバと取り巻く人々。ショー無し二幕全編祝祭喜歌劇です。革命も戦いも無く誰も死なず悪人もいない。ひたすらキャッチコピーの【人生には恋と冒険が必要だ】な美しく華やかな世界が続きます。

珍しく最後はカップルがたくさん誕生して、世界的に有名なドーブ・アチア氏が作曲した音楽が、宝塚にしてはリズムの効いていて本当に楽しくて、ずっと美しい絵画をみているかのよう。今の花組体制の最後の、嵐の前の静けさとでもいいましょうか・・・


本作は娘トップの仙名彩世さんの退団公演なのですけど、本当に素晴らしいトップコンビです。歌・ダンス・お芝居どれも秀でたゆきちゃんがみりおちゃんの相手役になってよかったなぁと思います。

今回は阪急交通社のエレガントプランの11列目センターエリア席。とても観やすかったです。やはり席は重要ですね。いつもこれくらいの席ならいいんですけどね。


E82A9988-DB23-46BF-9F73-DAA89D796089.jpg

とにかくポスターの画像が好きなのでファイルとメモパッドとハガキ購入。ハガキは館内の郵便局から年賀状を出しそびれた友人にバレンタインデーに送りました。宝塚大劇場オリジナル消印で届いたことでしょう。

パンフレットはこれまたワタクシがこれまで購入した中で最強の萌えで、明日海りおのヴィジュアル美満載でした。

2番手柚香光ちゃんは、野心家権力者役でマントさばきや歩き方にも大物オーラが漂っています。全国ツアーではこの方が近づいてきて、手を差し出したワタクシ…なんという度胸かとあらためて驚く。ワタクシもう〜どんな告白もできそうな気がします( 笑 )

0DC9B312-45B1-4ECE-A12F-FDAA16D1502D.jpg

本公演後に月組に組替えになる鳳月杏さま。1月に星組観た時に、花組のお稽古入り待ちしまして、その時の鳳月杏(ちなつさん)があまりに素敵で特集本を購入していたのです。実力もあり大人な雰囲気で素敵な方なんですが、今回は女役でエキセントリックな妖艶さが圧巻でした。

東京公演後に月組に組替えになってしまうのはあまりにガッカリです。月組って唯一見る気がしない組です。ちなつ様を人気のないトップスターの下支えに使うなら見に行かない。


カトルレーブのすみれ色の袋がどんどん溜まってきます。ホットヨガのお稽古着を入れに使っています。

というわけで遅ればせながら、ワタクシの今年の本テーマが決まりました。

​❣️人生には、恋と冒険が必要だ❣️
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする