2019年03月28日

宙組博多座【黒い瞳】

昨年5月に続いて2度目の博多座。12月の全国ツアーと合わせて1年間で3回の福岡遠征。

2DFB5659-8E93-4AB0-B94A-70D15E029608.jpg

地下鉄中洲川端駅直結。外観も中も立派で舞台は銀橋以外は盆周り・セリ上がり・大階段と迫力があります。

B61F03CE-DC7C-45C8-A1F0-ECC948CEE0F2.jpg

0754C450-9D90-4B38-B4F8-17FD2A4E45F0.jpg


【黒い瞳】はロシアの文豪プーシキンの【大尉の娘】をモチーフに、ロシア帝国の圧政に喘ぐコサック民族か起こしたプガチョフの反乱という史実を背景に、貴族出身の青年将校と大尉の娘マーシャとの恋・・・男同志の友情を描く・・・


宝塚三か国周遊ツアーの最後がロシアです。そもそも忙しい時期に無理してツアーを敢行したのはロシア(博多座)に行きたい。更に言うとショーの【VIVA FESTA】をどうしても生で観たい。


1B649B31-FD58-4281-A5B5-512E88B22E63.jpg

満員御礼の博多座。絵に描いたようなノーブルな貴公子 真風涼帆。ある種のトップスターの形式美の頂点とでも言いましょうか。君臨する王者感言うことなしです。

今回の公演後には専科に組み替えとなる愛月ひかるは黒い役が定番みたいだけど、迫力があり舞台に重厚感を添えますね。滑舌が悪いと言われる声の響きはワタクシは好きです。

昨年の教訓から早めに良席を確保している、5月の星組全国ツアーでは専科からの出演で観れるのが本当に楽しみです。


CDBFE0B5-FD59-48E0-BEF1-D48FD8C90CFE.jpg

幕間に博多座名物のきんつばをいただきました。

後半の待ちに待ったショー【VIVA  FESTA in HAKATA】キャーキャーワァーワァー歓声も湧き上がり大変盛り上がりました。ショーのクライマックスと呼べるのが、よさこいソーランの場面です。何を隠そうワタクシ・・・

よさこい見たさに福岡まで来たのです!
よさこい見たさに三か国周遊ツアーを企画したのです!


(真風)🎵はぁ〜どっこいしょ〜どっこいしょ〜🎵

(一同)🎵どっこいしよ〜どっこいしょ〜🎵

(真風)🎵そーらんそぉらぁぐみ🎵

(一同)🎵そーらんそぉらぁぐみ🎵

イケメンヤンキー兄ちゃん風な真風氏がカッコ良くてシビれます。どんどこどんどこ太鼓の響きと共に、観ている方も血が沸くような高揚感です。男役と娘役でデザインを変えた黒のオールインワンに背面に大きな昇り龍が描かれた袖のない長めの赤いハンテン?の衣装は最高で凄い迫力です。

そんなによさこい好きなら札幌で見ればいいのに
、所謂よさこいソーラン祭りは苦手でして・・・期間中はなるべく会場に近づかないように、昨年はヅカ遠征で避難したワタクシですが、宝塚のよさこいは福岡まで行っても観たかったんです。

客席降りもあったのに、ぴあで購入した2階の端の​クソS席​が残念でたまりませんでしたけど、お芝居の白軍服、ショーの黒燕尾、よさこいまで宝塚楽しめるなんて宝塚だけだわ。大満足。

終演後は博多駅内のほろよい通りへ。

3BF7C682-CDB6-4DFF-B8E0-76C2931F04AC.jpg

凄い混んでます。相席というか無理やり滑り込む。

D8B15808-99D3-429E-BA0C-F8179C40A620.jpg

念願の明太いわし。とても美味しくて感激しました。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

スターバックス福岡大濠公園店

宝塚三か国周遊ツアー。3か国目には新幹線で移動。

4FDB3526-5DA9-4731-AF79-D04ECCA9858B.jpg

いや〜グリーン車は本当に快適でした。新大阪〜博多 2時間36分があっという間でした。節約を掲げるワタクシが飛行機より高いグリーン車に乗るわけありません。JTB関西様の格安企画で7400円だったのです。朝早くと夜の限られた便で7時35分新大阪発なので前日は新大阪に泊まった。新大阪始発から満席でしたが終点のひとつ前の小倉で降りられた方が多くパチリ。

1061F4FF-D7BD-4139-95D0-3F90141D6F5A.jpg

福岡市民のオアシス  大濠公園。右から散策路・ジョギング用・自転車用と分かれていて、しかもジョギング用はゴムアスファルト?弾力のある舗装で、ワタクシはジョギング用を歩きたかったです。

E6BA6829-EEDE-4E32-A768-85E2B135F1F2.jpg

2月なのに花が咲いていました。

A6614D0E-F952-4463-9E4B-28E9BC3C50E6.jpg

お目当ては、スターバックス福岡大濠公園店。

94E162B0-A808-4924-A7DB-E9E995D7F1D5.jpg

景観に馴染んだ建物です。

4B58037E-DA19-4E4A-9DC9-D75733EAC9C3.jpg

全国で10数店あるコンセプト店のうち2店が福岡にあります。もうひとつは大宰府店。

A22A819E-3D00-4B70-872A-D1600B757BC1.jpg
38538178-DDC6-4DDB-8033-A25434875D0A.jpg

※スタバのホームページより。

この大濠公園店は公園の環境への取組みが最大の売りです。店内ちゃんと見ればよかったなぁ。


9A3FB4AB-71CD-4032-B202-3FD3E05E69AF.jpg

とても混んでいたけど(ファミリー客多し)、なんとか席は確保。朝食はホテルのバイキングでガッツリ食べたのに、なんだか惹かれてしまいヨーグルトとキィウイのタルトを。酸味がフレッシュで美味しかった。ただただ外を見ながら何もせずぼぅ〜っとしていました。会社休んでこういう時間を持てるのが幸せなんだろうなぁ〜と何も考えずぼぅ〜とです( 笑 )

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(福岡・鹿児島) | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

宙組 群盗

ワタクシ的スタンスとしては、やはり初恋の七海ひろきが一番。七海ひろき氏退団後は何人かのお気に入りを楽しむ感じかな。


DF962A38-D3ED-40FC-966E-2BEEC154B442.jpg

そのお気に入りの最右翼、宙組2番手  芹香斗亜。(愛称  キキ)宙組は3つに分かれて公演しておりまして、芹香斗亜が主演のシアタードラマシティ公演【群像】を観劇。


FF08E7D6-7326-4E0F-80F1-A80CCDB6A833.jpg

18世紀後半に書かれたドイツの戯曲が原作。予習のために購入するも、戯曲を読むことが始めてな上に、18世紀後半に書かれた原作を翻訳したのが1950年代の古い仰々しい文体でワタクシには読めませんでした。

DF1E2D96-9BBD-4C6A-9328-F33039C11C44.jpg

梅田芸術劇場。上階はホテル阪急インターナショナル。

D21F2B83-9C4D-43EC-9C58-A668E4B8D799.jpg

地下のシアタードラマシティは1月に続いてです。

D4C558C5-7B34-4B2E-8533-98806697B7A7.jpg

今回緞帳が新しくなったようです。
ADE3302C-D814-4EA9-95FD-D42C1A507A05.jpg
内容は宝塚らしく青春群像活劇で面白かったです。原作者シラーが作詞したベートーベンの第九や、月光といったクラシックをアレンジした音楽も合ってました。

やはり芹香斗亜さんの顔と声が好きです。脚長くてカッコいいし、歌上手いし、前回の大劇場好演ではドSねっちり権利者を貫録たっぷりに演じていたのに、貴族のキラキラ王子様もバッチリ。これからトップになられるだろうし楽しみなスターさんです。


現在5組の宝塚観劇ファンション制作中のワタクシ・・・

DFF60BFF-1AD2-4C7F-851F-C0D105913154.jpg

組バッグ。生地のタイトルがCosmos (宇宙)

D67C6EC9-6E14-46EE-A5B6-57571CA1DA56.jpg

ナイロンの裏地とポケットも付けました。



【元トップスター脱税】

三か国ツアーから戻って飛び込んできたニュースはギョ!とするインパクトがありました。

​会(私設フアンクラブ)・代表さん・お茶会・会服・会総見・入り待ち・出待ち・ガード・ギャラリー・お取り次ぎ・お花代・チケット出し・白封筒・・・

2年もヅカフアンやっていると、宝塚とファンとの関係や風習について人に説明できるくらい詳しくなりました。

オフィシャルの宝塚友の会は単なるチケット購入のチャンネルのひとつで、2ヶ月毎に送られてくる会報はチケット販売のスケジュールのみ。

トップスターであってもフアンクラブは一人一人ごとに私設で、【会】の代表なりスタッフが、つまりフアンがスターの付き人をやり、会員のチケット取り次ぎをし、お茶会と呼ばれるフアンミーティングを運営し、会場でグッズを売り会の運営(経理)を担う。

【会】で取り次いだチケットは劇場で堂々と配布されています。東京宝塚劇場は狭いので入り口脇でやってますが。初めて宝塚大劇場に行った時、シャンデリアの通路脇に、生徒(タカラジェンヌのことは生徒と呼びます)の名前を書いたプラカードを掲げて、募金箱みたいな箱(チケットが入っている)を持ったご婦人がズラリと並んでいる光景に驚きましたもの。


ワイドショーで面白おかしく取り上げられていたみたいだけど、宝塚をスターを愛するファンが支える文化って独特でいいなぁと思いますけどね。

ワタクシは誰の会にも入らないけど、【お茶会】は会員以外でも参加できるので、行きたいなぁと思うこともあります。


当時書いたものだけど、もはや話題が古すぎる。今はなんといっても、花組トップスター明日海りおの退団発表ですね。


posted by ちぃさま at 08:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

隠岐の島水産

【CASANOVA 】のイタリアから2カ国目への中継地に向かいます。宝塚から阪急急行で30分  梅田からもほど近い十三駅。トミかと思ったらジュウソウでした。


こちらも大衆酒場のメッカだとは聞いていましたけど、改札口の目の前が飲み屋でした。

74E4B5A1-B420-425B-954C-7B55C37BCC44.jpg

向かったのは・・・

A2B312FA-A08D-41E9-9D1E-839C1CCE32AA.jpg

【お刺身立ち呑み  隠岐の島水産】

410D8ABA-9947-4ED6-8238-40591F53B86A.jpg

飲み物は現物が出てきて、食べものは食券がわりのカラ瓶。なんか面白い自販機でした。


89D80EAE-D0B0-489E-9C94-9944E7B0749F.jpg

肴は魚に特化した狭い店内です。

8990953F-F1DA-4D3A-9DC0-E3BB6D9BF751.jpg

お刺身盛り合わせ500円。う〜ん期待が大きすぎたか?

45F3EA9E-A464-48A6-BE4F-B27E46ABE47F.jpg

名物漁師汁。下に大きな身も入ってました。味も魚エキスも濃いです。

となりの大衆酒場も賑わっていましたけど、一人では座るお店にはどうも入りづらくて、その場しのぎな立ち飲みを好むわけなんです。








posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

すみれシチュー

宝塚105周年記念メニューすみれシチュー。

3CB37FAF-0B46-4BB0-82DB-DFA3DDE69ECF.jpg

宝塚大劇場HPより。出たぁ〜ぎゃ〜😱

宝塚大劇場レストランフェリエにて期間限定提供中。正月に鳴り物入りで登場した時は、そのあまりの得体の知れなさと、5組のイメージカラーの毒毒しい着色に騒然。すみれの名前が付いているので、ワタクシ的にはラベンダージュースの洗剤みたいな味を連想してゾッとしたけど、すみれの正体が紫芋ピューレとわかり、逆に食べたくなった。



00E36BD6-9B6C-4DB1-B437-EA798D2D388E.jpg

宝塚大劇場の中の大劇場改札の隣にある、宝塚ホテルが運営するレストラン。今回初めて15時からの公演を観るので、時間的に機会がありました。他にもレストランやカフェがあるのだけど、劇場内の飲食店を利用すること自体が初めて。

54FA8C26-D967-4CB7-9A95-D26B6A2A168A.jpg

すみれシチュー   1600円(サラダ付き)

デザート・ドリンクセット付きもあります。

077FACC7-74B0-4D7B-90F7-8FE4CAAC267E.jpg

味はチキン風味のクリームシチューで、芋の風味は感じませんでした。シチュー自体久しく食べていなかったので普通に美味しくいただいた。バターライスとも合う。鶏肉やミートボールがゴロゴロ、付け合わせの下にポテトで結構なボリュームでバターライスを残したほど。

皿が異様に大きいのです。バターライスは丼一杯分はあります)


96029283-A1E5-4BE6-A369-E52ADADB38DE.jpg

7B9E6716-FDEE-4E98-BB30-6B8BBE64E0D0.jpg

付け合せと添え物は箸袋のマークと同じ並びです。箸袋の左端の専科は無視して、左から花組ピンク・月組イエロー・雪組グリーン・星組ブルー・宙組パープルです。

4E0EB3C7-3411-4683-A37B-7A3A916FDEBA.jpg


ある意味すごいアイデアで考えた人に敬服するけど、青い食べ物は気持ち悪い、せいぜいカクテルがいいところでしょう。


F3173814-40A7-4D48-9667-BB792D2334AF.jpg

沢山のショップがあり、テーブルウエアもありめす。このお皿いいなぁ。



posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

花組【CASANOVA 】

2月に宝塚三か国周遊ツアーしてきました。

1カ国目はイタリア。花組公演  祝祭喜歌劇  CASANOVA

4CFF37FB-E9E9-4FD5-BD3B-0C9E8AB7C972.jpg

ワタクシが宝塚観るようになってから一番好きなポスターです。主演はもちろん明日海りお(みりおちゃん)と仙名彩世(ゆきちゃん)

B3F4D2F5-1523-4873-AA3C-3B67A8D9C5F6.jpg

1月に続いて宝塚大劇場

29317C09-9253-4BB6-BE8C-C994FF1F4C76.jpg

2F4FDF06-3670-499C-B076-C8434E247166.jpg

宝塚大劇場ならではの豪華シャンデリア。

立地は良いもののビルの中の東京宝塚劇場とは違い、神戸からも大阪からもそれなりに遠い、だからフアンは【ムラ】と呼んでいる宝塚大劇場は、レストラン・カフェ・ショップ・コスプレ写真館・宝塚記念館  歌劇の殿堂・・・宝塚テーマパークです。

朝6時半に家を出て、9時千歳発の神戸行きは機体の除雪のため30分遅れで神戸空港11時半着。ポートライナー・阪急と乗り継いで大劇場に着いたのは13時近くになっていました。11時の回が上演中なので人が写っていないわけなんです。

(伊丹空港なら宝塚まで近いです)

7E55F821-D8B9-4E8F-94A9-25F0FF764201.jpg

ベネチアを舞台に、稀代のプレイボーイ  カサノバと取り巻く人々。ショー無し二幕全編祝祭喜歌劇です。革命も戦いも無く誰も死なず悪人もいない。ひたすらキャッチコピーの【人生には恋と冒険が必要だ】な美しく華やかな世界が続きます。

珍しく最後はカップルがたくさん誕生して、世界的に有名なドーブ・アチア氏が作曲した音楽が、宝塚にしてはリズムの効いていて本当に楽しくて、ずっと美しい絵画をみているかのよう。今の花組体制の最後の、嵐の前の静けさとでもいいましょうか・・・


本作は娘トップの仙名彩世さんの退団公演なのですけど、本当に素晴らしいトップコンビです。歌・ダンス・お芝居どれも秀でたゆきちゃんがみりおちゃんの相手役になってよかったなぁと思います。

今回は阪急交通社のエレガントプランの11列目センターエリア席。とても観やすかったです。やはり席は重要ですね。いつもこれくらいの席ならいいんですけどね。


E82A9988-DB23-46BF-9F73-DAA89D796089.jpg

とにかくポスターの画像が好きなのでファイルとメモパッドとハガキ購入。ハガキは館内の郵便局から年賀状を出しそびれた友人にバレンタインデーに送りました。宝塚大劇場オリジナル消印で届いたことでしょう。

パンフレットはこれまたワタクシがこれまで購入した中で最強の萌えで、明日海りおのヴィジュアル美満載でした。

2番手柚香光ちゃんは、野心家権力者役でマントさばきや歩き方にも大物オーラが漂っています。全国ツアーではこの方が近づいてきて、手を差し出したワタクシ…なんという度胸かとあらためて驚く。ワタクシもう〜どんな告白もできそうな気がします( 笑 )

0DC9B312-45B1-4ECE-A12F-FDAA16D1502D.jpg

本公演後に月組に組替えになる鳳月杏さま。1月に星組観た時に、花組のお稽古入り待ちしまして、その時の鳳月杏(ちなつさん)があまりに素敵で特集本を購入していたのです。実力もあり大人な雰囲気で素敵な方なんですが、今回は女役でエキセントリックな妖艶さが圧巻でした。

東京公演後に月組に組替えになってしまうのはあまりにガッカリです。月組って唯一見る気がしない組です。ちなつ様を人気のないトップスターの下支えに使うなら見に行かない。


カトルレーブのすみれ色の袋がどんどん溜まってきます。ホットヨガのお稽古着を入れに使っています。

というわけで遅ればせながら、ワタクシの今年の本テーマが決まりました。

​❣️人生には、恋と冒険が必要だ❣️
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする