2018年12月24日

宙組 偉人たちのルネサンス

旅の最終日。


B4DB34AF-B0B2-4C92-8BD9-4ABF22D702AE.jpg

宝塚ホテルから宝塚大劇場に向かいます。

E2A4FEFF-591D-4A4B-A30C-2B0F3151D42E.jpg

ホテル向かいの有名なサンドウィッチ屋さん【ルマン】で地域起こしイベント期間特典500円のセットを購入。

91638555-657F-489E-B7FC-910B6DDC0F57.jpg

宝塚大橋を渡ります。左が宝塚大劇場、右が宝塚音楽学校。ちょうど良いタイミングで濃い臙脂色の阪急電車が通過。通常は先の【阪急宝塚】で降りて花の道を戻って大劇場に行きます。


D0CE3C65-3AFA-43EB-A8E7-E1EE19A66F33.jpg

観劇のみなので天気は関係ないけど青空だと写真が映えます。

B9614C55-DC88-4E08-A292-37BE7FC7C03A.jpg

生徒さん(タカラジェンヌ)や関係者が出入りする入り口。花組組長の高翔みず希さんが出てきました。ビシっとカッコ良かったです。

宙組の入り待ちの時間は過ぎており、お稽古中にの雪組の入り待ちのギャラリー(見物者)がここで待機していました。


FF761C41-8FB3-454C-8BF7-1580E33D0581.jpg

大劇場のとなりに新しい宝塚ホテルが建設工事中です。

684CF3ED-741A-4C49-9E7D-DF3D8902EF5F.jpg
さてさてお目当ての宙組公演。

前半が和物ショー【白鷺の城】

後半がミュージカルプレイ【異人たちのルネサンス】フィレンツェが舞台でレオナルドダビンチが主人公。


77A35E9D-6C22-4109-A514-3E90AFEF1FB1.jpg

チケット購入のために今年の夏に【宝塚友の会】に入会し今回初めて当たりました。16列目なのでまぁまぁです。

782E1D63-1F1B-4C50-96E1-C024D3F21652.jpg

通常はお芝居が先ですが、ショー【白鷺の城】が日本物(和装)なので、準備の関係でショーからスタートです。

感想は省略します。微妙というかあんまり盛り上がる内容ではなく、舞台もフィレンツェ色の暗い色調だし。ちょうど海外ミュージカルの大作の月組【エリザベート】と雪組【ファントム】に挟まれて気の毒ではあります。【宝塚友の会】はワタクシ一番低いステータスなのでチケット抽選まず当たりません。それが当たったということはあまり人気のない演目ということかも知れません。

なんてことしか書けないワタクシ…は観る目が無さすぎです。時代背景、事業家として銀行家として、芸術家のパトロンとして繁栄を極めたメディチ家、宗教、当時の美術の周辺知識を少しでも知っていたら味わい深かったらしい。

前作【天は赤い河のほとり】であれほど芹香斗亜ラムセス萌えしたわりには、ワタクシ的にも盛り上がらずでした。


ただ前回はトップスターの真風涼帆が苦手かなと思ったけど、結構好きになりました。実に麗しく175センチと背も高く、何をしても何を着てもカッコいい。フェアリー系ではなくて絶対王者感というか、トップスターのみが持つ研ぎ澄まされた凄み、静かに迫り来る大人な男の色気とでも言いましょうか?今のうちに観ておかなくちゃ!と思わせるものがありました。

あと妙に気になるスター愛月ひかるさんの専科異動発表はちょっと残念です。


2A76B657-1B47-49A6-8973-4813FD1282A9.jpg

6B1882E0-0D49-426B-8C12-3E02C3D0E998.jpg

幕間にルマンのサンドウィッチをいただく。さすがに美味しい。

654A1093-E0B7-4D25-BAB3-DF2AFB5EBD17.jpg

【白鷺の城】にちなんでもちろん姫路城にも行ってきました


11265CF1-FD9F-4CA9-B08D-9DF05BA7470E.jpg

姫路訪問の際にはイーグレ姫路屋上階からの眺望をお忘れなきよう。

これにて今年のヅカ旅終了。今年7回遠征は多いですね。ここ数年は城よりもライブやアート展を組み合わせの旅が主流なので、ヅカが無くても旅には出だでしょうけど、ヅカが無ければもっと旅も新規訪問ができただろうな。

来年はヅカに費やするお金や時間を減らしたい。遠征は5回までに抑えるつもり。

【追記】いや本当にそう決めたし、今年のヅカ鑑賞の〆として完結していたのですが・・・


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする