2018年11月30日

Le Ann

旭川に帰っても行動範囲が極端に狭く神楽と旭川駅周辺に限られているワタクシ…駅前の明治ビルにオサレなお店ができたらしいと知りまして。

3階Le Ann(ルアン)

470E3E53-52D0-4510-9BB9-0F8B5056A65C.jpg

ランチの1800円のコースをいただきました。

656755B2-1C9B-47A2-B8BA-0885D63D2709.jpg

美瑛産のジャガイモ(キタカムイ)のスープとグラタン。重ねたジャガイモのねっとり感、ボリュームもあり、8000歩のウォーキングの後だけに美味しい〜連発


9648C80E-1F14-48CF-93E4-7B96187EE377.jpg

真鱈のポワレとチヂミホウレ草。この後お肉も出てくるのにしっかり量もあります。

EC6A1EF1-8751-4724-B834-2D4C30CD8ECC.jpg

肉料理に合わせて2杯目のワインを頼む🍷ワタクシと“ちぃママ”。パンも2種類いただきました。

5BA5FAC8-7AD2-4454-8564-6DD0DC8ED925.jpg

まさに秋色ですけど( 笑 )、鳥胸肉はしっとり、キノコソースと根菜と温玉。満喫しました。

11690A5F-0C35-4AF2-AFA4-BF26E712DA88.jpg

ワタクシだけプラス300円で栗と塩キャラメルのデザートをいただきました。

たまには贅沢するのもいいものですね。

041C4B01-0F65-4A30-8E8A-A6D4C3D356EC.jpg

6EAE10F8-BF71-45BA-996F-FD92EAE4AE53.jpg

お客様が帰られらたのでパチリ。コンクリート打ちぱなしの素敵な空間です。テーブルの配置も木のテーブル(引き出しの中にデザートスプーン・フォークがある)の感じもよかったです。

ごちそうさまでした。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

燃える秋 旭川

※もう雪も降ってしまいアップ時期を逃してしまったが、せっかく作ったので載せる。

花組の全国ツアー行きたいなと思案するも、今年はもう旅(ヅカ鑑賞)は行かないことにした。その分札幌生活の充実と旭川帰省に充てようかと。

とっくに紅葉は終わっているけど、天気予報見ながら、ウォーキングのラストチャンスと思い11月2〜4日帰省。


08E3AFBD-76F2-4E54-BE48-83571D7D8B26.jpg

毎度お馴染みの神楽岡公園のウォーキングコース。葉も落ちて明るいです。ガシャガシャ踏みしめながら歩く。

3A796760-2DB4-4B25-9181-F7198B66382C.jpg

こんな風情もあります。


DE8AA59A-5747-4D00-AF0E-98D5E5376F4F.jpg


184C6ADD-5F38-4EC7-B78F-BF2F602D4EC4.jpg

わずかに紅葉残っていました。

265FCEDA-2BC8-4D4E-8518-B484C123A0C2.jpg

帰省毎に1回はウォーキング後に、酒蔵を再生した【The Sun蔵人】でケーキをいただきます。

77429951-2F63-46B0-89E1-091F16E70193.jpg

左は豆乳と黒豆のさっばりデザート。右は季節のサツマイモプリンカフェ。上の黒いのは黒蜜ではなくコーヒーゼリーぽいです。

セルフの無料コーヒーはありがたい。並びにある六花亭には行かない。同じくお金だすなら地元のお店にだけ。


2F6D19D7-2A2B-4CC6-9F11-7F97394C6059.jpg

これまたいつもの風景で、帰省中は毎日氷点橋をわたり街にでます。大雪山がくっきり‼️

D2339C16-7931-41D5-BAAE-30A20EF21A4B.jpg

あまりに空が青くて、なんかこれって青い池ぽくないですか?

しかも駅の真裏にこの光景ですよ。ワタクシが旭川に帰る理由がここにある。

A7DBC954-1BE0-414A-BD1D-B770F87DB81D.jpg

無駄に?充実しすぎの北彩都。日本一美しい駅裏‼️とか宣伝したらどうですか。

451F1146-FF82-4BAD-B9C6-22491FD42348.jpg

母なる大雪ズームアップ⤴️

6CABE19A-A609-41CA-BDEC-6AFDB3F10EE3.jpg

こっちも⤴️


ACA88B0A-DD8B-4C78-9DF5-2807A0F31AC8.jpg

駅はすっかり冬の準備完了ですな。


F14242EC-7A7B-4F69-8316-3426BFDF0A9D.jpg


涙ぐましいほど親孝行なワタクシ(自分でいう)“ちぃママ”にマイクロボア生地で暖かルームウエアを作って持って行った。何故かワタクシの実家用トレーナーが見当たらなく、“ちぃママ”に聞いても、ないねぇ〜とのことで滞在中はワタクシが着用していました。


2CC17031-5072-4E9B-A50F-6D6C562EAF72.jpg

なんと!ワタクシの実家用のトレーナー、“ちぃママ”のステージ衣装になっていました😨

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

ボヘミアンラプソディー

11月9日公開以来興行収入1位!大ヒット上映中!何度目かの空前のクイーンブームがきた〜

9F3C1249-4812-45FF-819D-17083D2A1ADF.jpg

かなり以前からフレディ・マーキュリーの伝記映画の話がキャスティング難航中とか報じられていただけに、まさかの映画完成で楽しみにしていました。

やはりフレディのヒューマンドラマでしたけど、当然そこにクイーンとしての音楽映画の融合が見事で、結成というかフレディ加入から名曲誕生秘話、70年代のビジュアルや迫力あるライブシーンが見事に再現。

実際には映画で描かれているほど単純な話ではなく、フレディはそんなに実直なわかりやすい人ではない、フレディがメンバー3人に許しを請うなんてナイナイナ〜イ。更には物語のハイライトである1985年7月のライフエイドが数年ぶりのライブとなっていたけど、その直近のライブはこの日本でしかもライブエイドのわすが2か月前に行われていた。ワタクシ的には泣ける映画ではなかった。

連日の乱痴気騒ぎはもっと過激だっただろうけど、ロックスターの享楽人生ではなく、フレディの孤独→メンバーは家族⁉︎まさかのフレディに涙する感動ドラマになったとは・・・文句はない、作品自体が奇跡だと思うから。

フレディに成りきったラミ・マレックは成りきるのに1年かけたと言うように、深いところからふレディに向き合い同調できたからこそ、感動を呼んだのだと思う。実写映像と関係者の表現じゃなくて、すべてが再現ビデオなのでよくもここまでフレディを演じてくれたなぁと敬服する。できればエキセントリックさと王様的カリスマ性がもうちょっと( 笑 )


他のメンバーなりきり具合も最高でした〜中でもベースのジョン・ディーコンに注目‼︎クイーンに加入したのも一番最後で最年少の一番目立たないメンバーなのに一番似ている上に、ヘアスタイルもロング→ショート→小さめのカーリーと変えていたのにはワタクシ感動した。

ワタクシはクイーンのファンだったことは一度もないけど、どのアーティストよりも長い間曲に親しんでいた。洋楽を聴き始めたのが1975年で、STVラジオの【ダイヤルリクエスト】という洋楽リクエスト番組を毎日聴いていたこと思い出す。【キラークイーン】【誘惑のロックンロール】【ボヘミアンラプソディー】【マイベストフレンド】【愛にすべてを】シングルではそんな順序で覚えていて、当時流行った時の季節感とかが常にセットで甦る。

あとはクイーンと言えばシンコーミュージック社の【ミュージックライフ】誌の存在ですね。ビートルズ来日時にも唯一独占取材を許されたML誌は洋楽の指南書的存在だったと思う。当時からブレディのガールフレンドのメアリーの名前も出ていたし、ロックスターでバイセクシャルはファッションというか、フレディのこともそう思っていた感じかと思うし、フレディはスターになってからはセクシュアリティでの葛藤っていうのはどうかな・・・家族に対しては別として。

そこのところはなんとでも言いようのあるところなので、やはり音楽です‼️時代の試練に耐えうる楽曲とオリジナリティ。それだけです。今では考えられないほど音楽中心、洋楽どっぷりだったはるか昔の日々の中で、その中心にいたのが絶頂期のクイーンだったとはなんたる幸運か。ワタクシ的にはクイーンと言えば仰々しい、ドラマティックで壮麗で独特の世界観。ですからワタクシ的にフレディは80年代の短髪チョビ髭マッチョじゃ無くて、70年代のバレリーナみたいな衣装の中性的なビジュアルかな。

ベストアルバムではなく、アルバム単位で聴いてみたいなと思いました。【クイーンU】の音源だけあるのだけど、はやり【シアハートアタック】【オペラ座の夜】【世界に捧ぐ】あたりですかね?意外に実質ラストアルバムの【イニュエンドウ】も良さげな感じがします。


ちなみに観たのは【応援上映】という回で、控えめではありますが拍手・手拍子で盛り上がりました。【レディオ・ガ・ガ】のアレは絶対ライブの観客に合わせてやりたかったし。

DF156D9E-421A-46AD-A78B-36D31CB429C2.jpg

※追記

もう一回観ようかなと思案していたが、何気にタワーリコード寄った際に視聴してサントラ購入した。

冒頭の20世紀FOXファンファーレのクイーンバージョンから始まるのがニクい( 笑 )映画では一番印象に残らないくクイーンの前身の【Smile】の曲がすごく良いと新鮮な驚き。映画のライブシーンはクイーン実録のフレディと、フレディのヴォーカルに瓜二つのカナダ人歌手の吹き替えが使われていると何かに書かれており、サントラ聴いてわかったけど【We will rock you】の後半がフレディじゃないですね。

ワタクシのクイーンブームはまだ続いている。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

琵琶湖トリエンナーレ2

【4. まちや倶楽部】

7273FA05-22E4-4CD6-A92F-5D01CC6BE222.jpg

【5. カネ吉別邸】

D765150D-FBD4-49E2-87AF-E6E6F278D951.jpg

1004195A-4791-4A74-B997-EB3592658E42.jpg74C91E1A-0D66-4F87-8431-7A034CABE149.jpg

E4F6DD34-6C1F-4DB8-A0E5-4BE521C9E8B0.jpg

ECD8EA8B-1EA3-474D-941B-5FB05307AFCD.jpg

BDE806DC-0AD6-4CE9-B4DB-D5101BE6250D.jpg

5D42689B-D6D1-429E-A488-B3E2A507CB16.jpgDD38BFFD-FEB1-4B48-AC5D-5453DA51D462.jpg




【6. 藤ya】

547C293F-0723-46CA-8F5E-FA3F5DC0EE9A.jpg


【7. 旧中村邸】


6DA1D408-F53C-419E-943D-E4EDF69C4D6F.jpg

昔、セメントだか苛性ソーダ業で財をなした旧家。


A074473B-0442-4111-976C-1BB49ADBBB57.jpg

ひと部屋まるごと使った岩谷雪子さんの作品が、今回の中で一番印象が強いです。

その土地で採取した植物と、旧家に残っていた物(ガラス瓶、薬瓶、カルタ、ノート、布団等々)を組み合わせる作品は、まさにここだけの作品です。ペンライトで覗くように照らさないと見えない作品が15〜16くらい。感心しました。

他の作家は会場が古民家だろうが、美術館の展示室だろうが、コンテナの中だろうと関係無く使い回しする作品だなと思う物も多く、余計に【今ここで】を感じた。


AEBE864E-EDA3-435B-A201-AD2FE2CDC5EE.jpg
252ACD2A-994D-487B-AA0E-E2ED7E7EE224.jpg


【8. 遠久色八幡掘り】

9E47E43D-1612-4A62-9D15-1F19F34EF798.jpg

【注】時間が経っており記憶が曖昧なので、会場と作品がアンマッチな可能性が多々あります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

琵琶湖ビエンナーレ

今回の旅のお目当ては琵琶湖ビエンナーレ

0112BD81-237C-4D0B-A2F2-FE7E8ED15809.jpg

滋賀県近江八幡旧市街が会場。チケット2200円(結構高い)を買い、12箇所完走しました。

【1. 尾加商店】

89ECB873-67F1-4A31-93D5-B7ABB92C554F.jpg

326D107D-F7E5-4F66-A8F0-37D34ACA0A34.jpg


【2. 旧尾加邸】

34F1758D-DE77-49CF-BCA2-9CF3C2FD8C10.jpg

A207D875-C42C-4B90-A561-3964B14027B2.jpg


【3. 旧扇吉もろみ倉

50A0033F-4F4D-4445-A8C9-F93C7E0835C6.jpg

E38703CB-0AB4-48E8-B786-5AC7C5164EB3.jpg

近江八幡といえば近江牛。

1FAB0D8C-81D4-4EAE-8F7B-F709EBB4941B.jpg

牛とろ握りや牛肉コロッケを買い食い。

風情ある八幡掘の景色。

7FD45D04-E5B2-401E-8F6A-583FEB8DDB93.jpg

5E6E0A4B-EE21-4991-8BCF-63B4688DF7F2.jpg

22B96562-F561-4BC1-8391-53A03919A5A4.jpg

近江八幡といえば近江商人。メンタームの近江兄弟社は有名だが、あきんど通りなるものもあって旧家が並ぶ。

78F0B318-18FB-4BD1-BFD9-7828368FDE8A.jpg

B3A79AB9-DBFF-4F2B-902F-584AC54D5C67.jpg

ACB1242E-3749-4B80-AA80-AB5BAEAEC9C0.jpg

去年行った亀山トリエンナーレを思い出します。亀山ほど鄙びてはいないけど、あ〜旅にきてるんだわと実感する瞬間

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

彦根城を世界遺産に

久しぶりの彦根城。4〜5年ぶりかなと思っていたら、なんと2010年4月以来でした。

992E1028-6F69-493A-B5BA-0C3F7CC12C08.jpg

彦根市民の悲願【彦根城を世界遺産に】

江戸時代の旧近江国(現在の滋賀県域)の七つの藩の中で最大の領地と権威を誇っていた彦根藩。こんな立派な城も残っているのに、何故彦根が滋賀県の県庁所在地にならなかったのか?その禍根が尾を引いているような、静かすぎる街の佇まいと言うか、取り残されたような鄙びまた感じと言いますか・・・

彦根市民の悲願が叶えばよいなと思います。ワタクシ的には高知城の国宝昇格こそ‼️と思いますけど。

お恥ずかしいことに、2015年に松江城が国宝になったことを知りましたでした、城マニア失格です。つまり日本で国宝の城は姫路・彦根・犬山・松本・松江の五城なわけです。


3537DE1A-EE05-4B11-9C17-F73F0693C2AE.jpg

今も残る中堀の中堀に高校も、裁判所も、拘置所もあります。


300ABBFC-0806-47E9-AD51-1102878BF138.jpg

9399E9C6-19DE-421E-BC8C-A1CF28CD03E7.jpg

佐和口多聞櫓。彦根東高校の生徒さんの通学風景とは時間帯がズレましたけど、城内に学校があり、入城=毎日の登校とは羨ましい限り。

AB67BCBC-99C7-4ECD-90A7-E16086F2D743.jpg

天秤櫓は工事中。興ざめですけど城は補修は欠かせません。入場料800円に上がった。姫路城が真っ白に改修工事後に一気に600円→1000円に上ったので、他の城も値上げしやすくなったと思えば値上げも悪くない。城は維持管理が大変ですから。

3821E1C8-8352-45F3-8035-8922F9E57836.jpg

太鼓櫓。

888F86DF-47CC-4987-ACC5-9BBB13CC6141.jpg

これは全然立派なものではないけど、しみじみカッコイイわ。

E1DF1E58-28DC-4A2B-B407-14519076A047.jpg

石垣〜いや〜天気いいこと!


857814FC-4890-4C5B-A033-C8196E6CC997.jpg

久しぶりの石垣萌え


8A3F98B4-2AD9-4A5E-8D22-621F8E3FBE31.jpg

久しぶりの枡形萌え。

EFD30A6A-8265-44F6-9F4B-06AD5CDEC6F5.jpg

相変わらず小ぶりな天守ですが。

8BD00E76-3B91-40BA-8708-F042DAC18EF2.jpg


E730A788-15FE-472B-8F67-DD01143A3A01.jpg


3804A323-C83E-43A9-9D94-1C588B22E87B.jpg

天守からの琵琶湖の眺め。

久しぶりと言いながらも、次の予定があるのでサクっと切り上げ、生ひこニャンも見ないでそさくさ出ました。平日でも3回出番がある様子。

558B9011-EF63-42F5-A4D4-57A8C8E23852.jpg

のどかな感じの彦根駅前。井伊直政公之像。

5E1CC135-1F1C-4F11-9FBE-4E52F10F1C79.jpg

彦根ではリピート率100%の近江ちゃんぽん。


2E8349A9-B94C-4A78-9F32-726C5EC315D3.jpg

彦根のソウルフード的な感じ。

036C958F-23F7-4735-830D-5012AAC185A5.jpg

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする