2018年06月20日

門司港レトロ

​小倉からJR各駅停車で約20分  九州の海の玄関口である終点門司港駅

02758704-4092-4843-BC4E-F506026D3E9A.jpg

​ホームの屋根も柱も木造で、掲示板・案内板も何もない。

門司での目的は門司港レトロとよばれる建物巡りが、観光的には今回の最大のイベントでした。一番メインの門司港駅舎は工事中👷‍♀️。

1F8BFDD3-81C2-4848-BE1E-EE50014CB03C.jpg

​ 【旧JR九州本社 】

​明治〜大正時代に国際貿易港として栄えた門司港と下関には歴史的建造物が数多く現存する。

6BC5F97B-6376-4778-ABB7-89B613CBD2DB.jpg

​ 【旧三井倶楽部 】大正10年に三井物産門司支店の迎賓館として建設。

A0041766-DF2B-4ABE-BE42-13308D5D10E0.jpg

​ 【旧大阪商船 】大正6年建設。大正モダニズムの傑作だとか。

F8A57E1F-BD2F-4D9C-BABC-2B54C8906467.jpg

​ 【旧リンガー商会 】長崎のグラバー商会の社員が設立。建物は昭和37年竣工。な〜んだ。

27BD0323-30E9-4CAE-BE28-E56AAA42CC59.jpg

​ 【旧門司税関 】明治45年竣工。貴重な明治期のレンガ建築。

C77A8F05-6A9E-4A9A-B0FE-0414230E50D8.jpg

​旧税関の後ろのタワーは黒川紀章設計の門司港レトロ展望室。右は国際友好記念図書館。

夜のライトアップもキレイなようです。そうでしょうね。


​関門連絡船でわずか5分の対岸 下関にむかった。



D1E14736-81DD-459F-98AA-51B855D77ECB.jpg

​ 【旧下関英国領事館 】明治39年竣工。領事室等見ることがてきます。

25194998-6A8E-41FE-8E4D-69B5D851D853.jpg

​ 【旧秋田商会ビル】和洋折衷のユニークな建築物。

42ACA9A4-D9B2-4351-AADC-3C9B76754487.jpg


​最大52畳で使える大広間。

1640E7C3-4956-4E50-84BB-F24126286637.jpg

​当時の繁栄ぶりを伝える、中国製のテーブルと、娘さんが弾いていたYAMAHA製オルガン。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 旅&城(福岡・鹿児島) | 更新情報をチェックする