2017年11月29日

津城

10月の道新の記事。
【城めぐり】ブーム到来だとさ。

A2B8F1E6-392B-434C-BF70-6B8783CD5742.jpg

ふ〜ん何を今更って感じです。

今回の名古屋旅、実は初日に隠し球を用意していました。


C8B19787-F9DB-498D-97D2-56EEFFA259C9.jpg

​名古屋セントラル空港から三重県行きの船が出てるんです。伊勢湾横断クルージングで、津市に向かいます。

B4282E5A-255E-4573-8164-3433C0DD82E2.jpg

​40分ほどで津港に到着。港から中心部までバスで数分。

B0BB72D6-A5F7-46CA-8CED-81A3588B1145.jpg

うぉ〜南国ぅ〜!これはビロウ?ソテツ?わかんないけど、車窓の風景に興奮!実際10月の三連休後なのに30度超えの暑さです。


​【津城】

53DA5365-B257-43B5-A29C-D4831583B980.jpg

​普通の公園って感じです。

62BFC0C3-F675-4806-A1E3-DE9275845113.jpg

​一応石垣もあるのですが。

7A3101E2-E686-4D3E-8F33-C086A7CDEBD2.jpg

​確かに城らしいのですが・・・暑さのせいか?イマイチ気分が盛り上がりません。昨今の城ブームにあやかって【日本100名城】に続いて【続日本100名城】も選定され、津城が【続・・・】に該当するので、

「城スタンプ押したいですけど・・・」

67E48CC8-AA61-4A0D-BC55-EBAF23E1ACA4.jpg

え〜!これ違う〜!

「これじゃなくて名城スタンプを・・・」

「まだできてないんです」

​なんの為に来たのか・・・と拍子抜け。

8E753371-65EF-41E1-A7FC-161D22722433.jpg

​暑いのにヤケクソでラーメン食べた。さっさと名古屋に行けばいいものを、せっかく2400円の船旅で伊勢湾横断したんだからと、次に予定していた松坂城(石垣)をみるべく逆方向の松坂に名鉄で行きました。

松坂駅に着くも、城に行くバスは当分来ないし、だったらタクシーでも近いのに、どうせこの暑さなら行っても城内歩くのイヤだし・・・結局駅から出ずに名古屋へ。

なんのために朝5時半に起きて来たのか・・・プライベートでもずっと悩みごとが続いていたワタクシ…ただただ自分を受け入れようと自分を労わることにしました。

BE4F9F26-F0D8-42D4-A73F-A691400FADF3.jpg

​名古屋駅直結の高島屋で乳バンドやけ買い。ブラジャーなんて言いません、乳バンドです。

もう城マニアとは言えないかしら?ワタクシ…
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

名古屋長者町横丁

ワタクシの​名古屋の新定番

166CB411-7C72-4CF3-AC6F-2535B22F4365.jpg

​地下鉄伏見駅の立ち飲み。名古屋駅と繁華街【栄】の間で地上はオフィス街です。金融機関のビルが並びます。

11A5B2FE-27ED-4692-887F-6D8443AC386F.jpg

​長者町横丁というのですね、立飲みばかりではないです。前方に改札口があります。この昭和の古いままがいいんです!札幌はキレイすぎて味わいがないなぁ。


987DF390-D68C-4539-9A43-90B406EE9463.jpg

​1日目【やいちゃん】

1DD38902-9860-47BE-A8DF-FA79FEA67D6A.jpg

502156C0-8F4D-41FB-B8A3-0C215735FA42.jpg

嬉しい利酒セット  70CC✖️3=700円

F076A848-E362-469A-9960-AE4D94AECB35.jpg

​大信州に鍋島に・・・セットでなくても半合300円、1号500円って安いですよね!

23546E6B-E141-41A9-B164-E9A99F1E435A.jpg

​選べるおつまみ三点セット500円〜これまた魅力的なお得な。合計  1200円   コスパ良すぎ。ちょっとDIY的な内装の店内は心地よく過ごせました。



2日目【冽】

B20FD169-491F-4A69-83C5-2548BB284133.jpg

​こちらも木の温もりを感じる店内。若い人も多く活気があります。


709A8EC7-66B8-4143-BD69-29ED865A3951.jpg

​こちらは800円(獺祭も選べる!)

181F98E1-6E09-499C-8A23-D5A384F32E65.jpg

​4点盛り600円で合計1400円でした。

​実に安いし魅力的なところです。札幌にもあればいいのなぁ〜と切に思います。イヤ毎日通ってしまうから無い方がいいか( 笑 )
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

亀山トリエンナーレ 東町商店街

​東海道はここから東町商店街となります。

2B0A11CA-312A-4944-8164-3E71EFAE9A72.jpg

​ここもいわゆるシャッター街であり、そこを逆手にとってアートな空間になりました。


8C196034-6FAA-4E6A-BC28-8EAF75F578A5.jpg


6965A801-57F5-48BB-A27B-306F4C2B57C1.jpg

CCE8EAED-6F04-4A18-A7B1-3E5D8773C2D0.jpg5256B1F8-0138-4D6D-9229-B6F638807257.jpg2CAF38D0-BE1E-43B8-A784-430F6001813E.jpg

​空き店舗を利用して展示がいろいろありました。

EC68850D-5F16-4A71-8A93-1903A76A16DB.jpg

7A8C042C-3371-4BA1-B71F-D2D8CDABD541.jpg

AA40313F-1A61-4069-B909-9F8853006366.png

3E710918-DDF9-4AD1-BC42-4CD62D409F74.png

A4483602-B2A5-4D0B-A07A-927BB7AF8C7C.jpg40D18D41-D7B6-4548-8365-5B972A527B10.jpg



8C9A1D2F-AA68-497C-BED7-F7D6DABC18D2.jpg


325D1931-96DF-4EC1-8DF7-60AF942EEC0F.jpg

​これはアートでないけど、こんな【ザ!たばこ屋】って珍しくて( 笑 )

亀山トリエンナーレ楽しかった。アート祭でアーティストや観客が集まり、そこで生まれる何か・・・人が少ない街こそ今流行りのアート祭の意味を感じます。次回開催熱望します!




posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

亀山トリエンナーレ 万町

​東海道亀山宿を歩きます。

441DB81B-5C86-4C59-9891-C5F5B3345B9E.png

​統一された看板というか大きな表札で、宿の旧屋号が掛けられています。

EC109DA6-B89E-400B-9CCF-8BC859D317E9.jpg

​右側の家屋の軒下もアートてす。

FBD43757-549C-486A-9ED1-E3AF146F7453.jpg

​元萬善薬局倉庫   ここも楽しかった。

7AE1240F-1291-4D5B-8EB3-219ABA0D261D.png617E4B2A-37E4-4B39-9D46-1392ADFB0C2C.png

木箱がたくさん!最近はもっぱらソーイング専門のワタクシだけど、DIY(木工)の血が騒ぎます( 笑 )

C1576002-DA06-4BF9-9B37-9D6C36813A20.jpg

​国内シェアの5割というカメヤマローソクでしょうか?

50EEA916-1A78-4C8F-9593-2F17886E9E71.jpg

​木箱に並べられたビーカーや試験管とか瓶とか。

2E2AB526-604D-4A3E-B1EE-EA64560B9B67.jpg663E1F87-77CB-48FD-886F-84E506210B08.jpg

​部分アップ。

0DA5B7C2-6F4A-4206-AE2E-167514B47161.jpg

​木箱の隙間の明るいとことにカメラをあてたら、なんと美しい。

88F94EAC-3C8E-4F79-8E37-254AAD068A98.jpg

​右側の階段から見上げると光線が。

F9C36CE5-82D2-4306-B176-D24BB982B56C.jpg

この元倉庫の朽ちぐあい、木箱と薬局ならではの廃品と光を組み合わせたアートは見応えあり。

59005596-BA2A-4F8E-BBB8-7E5CC477A29F.jpg

​薬局の向かいは元理髪店💈ユリ理容室

D9A8A403-18FE-4E33-A5BF-F98CA833B817.jpg

​色調のバランスが素敵です。直島の家プロジェクト【はいしゃ】みたいに外観をド派手にしてみても面白いのでは?と思った。

DF860F78-185C-4DB0-A577-80BA14CB5E52.jpg

​遍照寺の案内ボード。これもアートに見えました。

B0B050B6-6E93-4C5D-B5FE-0AC81642E754.jpg

​なんと遍照寺の本堂は旧亀山城の二の丸御殿を移築したものなんです!

DE785156-2E76-4F59-BFC6-1116FC570CDC.jpg

​酒屋の窓の絵もアートです。「ワタクシ札幌から来たんですけど、いま時期こんなに暑いんですかぁ?」とビール買って飲みながら歩きます。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ラストレシピ

​ソーイングを始めてから映画館に行くことは減りました。

シアターキノの会員も止めました。

久々に観たい!と思って休日のモーニング割引で行きました。

【女神の見えざる手】

BFE4FCED-F089-48ED-AFC2-57B600C78C6A.jpg

​天才的な策略で辣腕を振るう花形ロビイスト  エリザベス・スローン。

しばらく忘れられない面白さ。

法廷ドラマぽさ+政治の駆け引きのウラ側+信念+どんな手を使っても勝つ!

久々の充実感!今作まで主演のジェシカ・チェスティンを知りませんでした。

凄いセリフの量!とにかくマシンガンのようなセリフの応酬の緊迫感で目まぐるしく展開します。

えぇと、あのぅ、そうですね〜なんて言いよどむことは未だかつてない!って感じの、真っ赤なルージュとピンヒールで武装した、研ぎ澄まされたナイフのようなガラスのような鋭さと際どさです。

限界ギリギリで仕事(勝つこと)に命をかけているかのようか緊張感が圧巻。

アメリカの銃規制法案を巡って将棋のようにはるか先まで敵の手を読む駆け引きに退屈の二文字は無し。

どこまでが読めていたのか?策略なのか?・・・

実は24時間仕事のために闘う生活はもうやめたかった、生きるために休息が欲しかったのでは?とワタクシは思います。

一切主人公の生い立ちやバックボーンはあかされず、最後の終わり方がもしかして続編あり?と期待してしまう。

珍しくリピートしましたけど、惚れ惚れしました。

以下は三連休旭川で“ちぃママ”と観ました。

【ミックス】

C25F578A-460F-4B5D-A920-16AE63108BD4.jpg

卓球のミックスダブルスのことです。

後に残らなくていいから映画観ている時だけ楽しくて笑ってワクワクできればそれで十分です。

元天才卓球少女ガッキーのヘアスタイルは女子力が何割かはダウンして見えると思うんだけど、これだけ可愛く見えるのは、よほど元が良いってことですね。

幼女期に鬼母👹真木よう子の特訓で泣きながらラケット振っていたシーンは髪型もモロ福原愛ちゃんぽくてウケた。

瑛太も広末涼子も良かったけど、蒼井優は案外ハマり役かも。

【はすっぱな】役こそこれからの活路になるのでは?

【ラストレシピ】

B0C5003B-0F04-4816-BF54-715AED1B8E69.jpg

​出演者豪華ですねー

【ミックス】の時に予告編で初めて知った。

これもいいかも・・・と翌日観たわけなんですが、こんなにいい映画だとは知らなかった。

1930年代の旧満州と、2002年を行き来するミステリーロマン?現代の天才料理人  佐々木充を演じる二宮和也は主役というものの、語り部というか出番は少なめ。

西島秀俊演じる山形直太朗が宮内庁大膳寮職から満州に渡り、関東軍の命により、【大日本帝国食菜全席】のレシピを公案する物語が主軸で丁寧に演じていました。

14409B57-C6C0-42C1-A85C-9AA844430ECD.jpg

​料理レシピが載ってると聴きなんとパンフレット購入!ワタクシの短くない人生で過去2回しかないパンフレット購入の第3回目となりました。

1B0A03AB-A3E0-4480-9B6A-2FC28B9BE13A.jpg

​ちなみに過去2回は【フラガール】【レイルウェイズ】

210DDEB1-5132-4987-AE84-C1EB6C898E02.jpg

さらに!原作購入。勢いです( 笑 )

原作はまるで別物でした。主要人物が自殺したり、精神病んだり、吉兆創業者を連想する人物は登場するわ、何より戦後ずっと恨みと復讐劇(犯罪でしょー)が続くのが興ざめ。よくもこんなにドラマチックに映画にしたなぁと逆に感心。

映画では主要人物の満州  ハルビンでの料理助手  鎌田をジャニーズの若い子が演じているけど、原作には無いキャストです。

これがかの有名なバーター(抱き合わせ商法)なのか・・・ですが日本人鎌田と中国人楊清明、助手は2人で正解だと思う。

満州時代の楊清明を演じた兼松若人さんが素晴らしい。

ワタクシ…ハルビンからの留学生に中国語習ったんだけど、ハルビンの留学生は中国語も訛りがなく、日本人よりも堪能な日本語、たけどその自然な違いというか・・・

てっきり中国人俳優だと思ったくらい上手でした。注目したい俳優さんです‼️

調理シーンは天才料理人のニノ君よりも、親友で大衆中華屋の雇われ店長の綾野剛が良かったです。

中華鍋ガンガン煽ってブンブン振り回すむき出しの腕がめっちゃセクシー!

もっと出番多くても良かった。

実はジャニーズの映画は、岡田准一【海賊とよばれた男】、大野智【忍びの国】に続いて今年三作目だったということに気づく。

なんと【忍びの国】は来週シネマフロンティアでアンコール上映とか!しかも来週は札幌ドームで嵐のライブ〜嵐祭りだ。
posted by ちぃさま at 07:00| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

亀山トリエンナーレ 旧舘家

とっても見応えがあった旧舘家住宅(枡屋)

8C260CB7-6489-4D93-B756-5E822CFB6D34.jpg

​幕末期から大正まで枡屋という屋号で呉服店を営んでいた商家の主屋として明治6年(1873年)に建てられた。

蔵2棟、茶室2棟含む計8棟からなる建物は、亀山宿を代表する商家建築として市の指定文化財となっている。

32F33B1A-49FF-48CE-A2F4-52BC1AA3167B.jpgF02D68F7-CCF2-462C-8875-43A83E584B78.jpg6A3266CE-0BB1-4FA7-AD3C-10671A00F953.jpgAF33D5F1-A0E1-46C1-BA8A-F08BF91858FF.jpg0868DBAE-60C4-4C83-929E-C42E8E12B69E.jpg

​​和室にいろいろ作品が並びます。伝統的建造物と現代アートはすごく合うなぁ。

46864A98-DBF8-4E7B-B381-B67357CA45FA.jpg

​庭


E4FA340F-C3E5-4133-AAF3-08C8AB554648.jpgADC7A490-AA61-4B81-9C06-83E1E7EF2221.jpg680723CD-E065-4F4A-BEEA-74393E115703.jpg23EA5B9E-A004-4607-ADB0-0E5B1598A22D.jpg

​二階も結構広かった。

亀山トリエンナーレは入場無料だけど、このエリアは維持費の名目でも有料にした方がいいと思う。

D58DB727-D5D4-4BAF-9F09-D8660CE12472.jpg

​ここまで回ったのは左側の枠のエリアです。

8073E0D1-5568-4E71-B4D2-4EFC064FFD97.jpg

​それでは東海道を遍照寺方面へ向かいます。

1733998B-57A0-4CAF-B46B-595D8D99E070.jpg

8C73899F-2FAC-47DF-8964-EA596BF37EBA.jpg

​うぉ〜古めかしい〜暑さにめげず頑張ります!

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

亀山トリエンナーレ 月の庭

​名古屋からJRで1時間ほどの三重県亀山市

5333E297-8A3E-41A0-A0A6-6132D4663C1C.jpg

​超地味ですが、こちらが10月の旅のメインです。若手作家の登竜門的なアート祭【亀山トリエンナーレ】に行ってきました。

E6569A1B-97E6-4D77-8750-42BA889673A6.jpg

​2008年から始まり、今回は地元の人達の協力の元に、37ヶ所に105組、総勢150人のアーティストが集まりました。


​日本中あっちこっちで行われいる現代アートの芸術祭。札幌でもあったけどワタクシとしては旅と組み合わせて見るものですので、昨年の 【あいちトリエンナーレ】に続いて物色しました。群馬の【中之条ビエンナーレ】石川県珠洲市の【奥能登国際芸術祭 】が魅力的なのですが、現地までの遠さ、現地での交通手段によりあっさり諦めて亀山にしました。名古屋での立ち飲みとセットにできますし(^ ^)

701DA2C1-33EF-45DB-899A-D707BB273AE8.jpg

​亀山トリエンナーレは、旧東海道亀山宿を舞台に、昔の屋敷や空き店舗を使って行わています。

わぁ〜こういう所に行きたかったんです!駅から会場まですべて徒歩で回れました。大変なのは暑さだけでした。

 【月の庭】

E4268896-64EA-4C34-8B0B-9B7B7379EAB2.jpg

​ここの左側なのですが、古民家を利用した和風カフェレストランのようです。


83E1A44D-F12E-4506-9B04-7136D610CB29.jpg

FF22B7F2-16CF-4F15-9BED-3B6CE0BF469E.jpg

6E993459-3E5D-4EA0-900E-F8141342403F.jpg


870B2F57-7357-4479-B667-39FE0F1AF659.jpg

72D9A0B0-AF1B-4EEE-83A4-FC2F0B08AE30.jpg


【旧加藤家の屋敷跡】


0F7E1353-E0DA-4301-AA70-EA0CCC18278B.jpg

ACE1DF69-2E82-442B-A429-60F4661D418E.jpg

​あとから知りました。この絵は数日前に2時間で描き上げた様子がライブペインティングとして公開されていたようです。

76B36342-CEED-4310-8B8D-D294C7972848.jpg

11D94962-2DBA-4A01-8B3B-2AF2B5366482.jpg

​こういう伝統的建造物を展示会場にしているのを見るのが好きです。
posted by ちぃさま at 12:00| Comment(2) | 旅&城(愛知・三重) | 更新情報をチェックする