2017年10月21日

ベルリンわが愛

​まさか宝塚観劇が今年のマイブームになろうとは・・・人生は予測できないから楽しいんです。

4月から始まり5月.6月.7月.8月.10月と6回も観てしまうことに・・・

06972881-ECDF-4F56-8528-206DE189413E.jpg

​阪急宝塚駅前【宝塚ゆめ広場】

5F00E399-8437-4AEE-B368-A00EAE01C006.jpg

​四月に続いて2度目のムラ遠征(宝塚大劇場のことをムラと言うらしいので)

DAB8EAEE-5B47-4F98-B14E-1F3222A536E1.png

​大劇場ならではのバルコニー風大階段、

3C3A4B49-4217-4998-80C7-0EF24CC6347F.jpg

​もちろん星組 【ベルリン、わが愛】

ベルリンでトーキー映画作りに情熱を傾ける青年とその仲間達。そこに近づくナチスの足音・・・

ストーリーに破綻なく見ごたえあり。モノクロフィルムをイメージした舞台、劇中劇ならぬ劇中映画の凝った演出・・・と評判も良ろしいのだけど、ワタクシ的には、あまりの地味さにびっくり仰天⁉️でした。

DC2ADE4E-5D60-4041-892B-327969852684.jpg

とにかく舞台に出ている人が少なく、歌はほとんど紅ゆずる1人だけ。ナチス隊の統一された群舞はそれなりに迫力あるものの、そもそも衣装が普通で地味だし。

あっワタクシのご贔屓は紅ゆずる君から、七海ひろき君に代わりました。(立ってる人の右端)

BAC01BC9-10CE-4821-9208-A99B2EFB3EC8.jpg


札幌から現実逃避に行くわけですから、
目がチカチカするほどド派手なのが見たいんです。4月の【スカーレット ピンパーネル】の豪華絢爛さが特別だったのですね。

5E918DE0-B609-4D6C-A18E-BF239247847B.jpg

今回はプログラムは買わず、七海君のブックマークのみ購入。

oh!マクシミリアン  ロペスピエール‼️

🎵革命を批判する者はすべて〜🎵
🎵粛清しろ、情け容赦は要らな〜い🎵

 【スカーレット  ピンパーネル】の 中の【マダムギロチン 】七海さんのパート最高でマネして歌ってますのワタクシ…

本当に驚くほどの小さくて美しいお顔。長身で細くて美しくてかっこイイ、ご本人も宝塚の男役が天職と言うほどの、選ばれたお方です。

今回は若い映画製作者達を応援し見守る、よき理解者という役どころで渋さ満開でしたけど物足りない。ワタクシ的には【ロペスピエール】【ムケーシュ】に続いての悪役萌えとして、ナチスの宣伝担当大臣 ゲッペルス役を演ってほしかったです。

夏樹れいさんが演じた歌手ジョセフィン・ベーカー。このシーンだけやたら華やかで素晴らしい歌声でした。

ところで、専科の人は必要ですか?

EFFE3E63-52CA-4CE6-ACAE-19F9F3928252.jpg

​後半はレビュー【ブーケドタカラヅカ】

今回は宝塚王道のミュージカルとレビューの二本立て。そうそう、席はこの通路側左の9列目。

宝塚のレビュー90周年とかで、懐かしい曲を取り入れた、ちょっと昭和チックなネオクラシックなレビューらしい。

色彩がキレイでセットはキラキラ。紅ゆずるはブランコで登場。

B1DF0CFE-B1F7-439F-B204-7373DC94692C.jpg

やはりここでも七海ひろき君を目で追うワタクシ…(七海君はちょっとパープルぽい紺のお方)巷でエロヤバイと噂されていたアパッシュダンスシーン。娘役2人はべらせ〜の、リップ音付き投げキッス&吐息のシーンにはセクスィーダイナマイト👄

あくまで【宝塚の男役】という芸です。男役を磨け上げ輝く姿は美しい。女性としての魅力があってこそだとつくづく思います。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする