2016年09月25日

クイーン + アダム・ランバート武道館




とうとう行って来ました。9月22日。初クイーン。初武道館。札幌に帰ってからしみじみ幸せを噛みしめている。


正式にはクイーン + アダム・ランバート。フレディ・マーキュリーは1991年に亡くなり、ベースのジョン・ディーコンは引退し、オリジナルメンバーはギターのブライアン・メイと、ドラムスのロジャー・テイラーの2人。

フレディ・マーキュリー生誕70年!没後25年!4人での最後の来日以来、31年ぶりの武道館!といろいろ歴史的な今回の来日。


image1.PNG

チケットぴあ最速抽選当選^_^

フレディ時代に2度も札幌公演があったのに未だに観ていないクイーン。昔、クイーン・キッス・エアロスミスと言われていた時代がありました。なんと40年目にしてコンプリートです!初めて行く聖地 武道館。自分にとって特別なライブになることはわかっていました。


76A86CDA-8525-4F81-A3C5-1CB4225DBB3F.jpg


千代田区北の丸公園に位置する日本武道館。千代田城(江戸城)の北の丸。武道館は城の中にあるのです。


6420A252-5936-4A5B-83C7-B79EA9F55BC9.jpg

​神聖なる江戸城の現存する田安門がそのまま武道館の正門です。本当の聖地なんです。


94403677-904F-4DAD-8734-A769DF1976BF.jpg


1964年国費で設立し、武道の聖地であると共に、日本を代表するライブ会場としても世界的に有名なブドーカン。気品と威厳に満ちた正六角形のフォルム。50年前のビートルズ公演の時から変わっていない。


696C04C1-92E0-4E82-BC67-F618E78F6CC2.jpg

皆さんこの写真を撮ります。

01FFDFB9-D809-49FF-8932-63DC192C8303.jpg

近い!2階席の4列目でこの近さ。ズーム無しです。こんなに武道館が狭いとは!南東なので正面の南よりも前方で見やすかったかも。最近のライブにしては珍しく写真禁止のアナウンスがうるさい。チケットの値段含めてキョードー東京の評判は悪い。なんとか雰囲気わかるものをと1枚だけ。

ちなみに下のアリーナ席は、グッズ付きで4万です。

武道館ならではの、囲むような一体感を強く感じた。開演前の効果音あたりから歓声と手拍子が鳴り響く。なかなか客電が落ちない、ではなくてファンが盛り上がるのが早過ぎていたのです。本来なら初日だったわけですから、この日のチケットを買って来たファンの思いは特別です。
image2.PNG
あまりにも凄すぎて、最高すぎて感動を伝える言葉を探すのは諦めました。強いて言うなら武道館3日間全部観たかった❗️

よく言う【フレディじゃなければクイーンじゃない】それは当然でしょう。ワタクシは92年のフレディ追悼ライブで、ジョージ・マイケルの歌う【Somebody to Love】が気に入り、ジョージ・マイケルのヴォーカルでクイーンを聴きたいと思っていた。アダム・ランバートはそんなワタクシの理想にぴったり。アダムだからクイーンのライブ行きたいと思った。実をいうとフレディはキャラが強すぎて、そのキワモノ感と言いましょうか、ワタクシ心酔できなかったんで。

アダム最高❗️歌唱力は神がかりで堂々たる歌いぷり。オネエキャラ?な妖艶さも交えたステージング、真っ直ぐなフレディへのリスペクト。今、アダム以上にクイーンの楽曲と世界観を表現できるフロントマンはいないしと思う。超カッコイイ。

ワタクシはクイーンのファンだったことは1度もない( つもり)けど、洋楽を聴き始めてから数年間は毎日ラジオでクイーンを聴いていた。洋楽との出会いや自分の人生の歩み。フレディを亡くしたクイーンの変遷。受け止める重みの違い。単なる音楽ライブじゃなくて自分の人生イベント。誰かが名言していました【クイーンという名のタイムマシン】まさにそうです!


21B756F8-4070-46AD-8345-49C91C8220BD.jpg

セットリストは21日のもの。22日は、

10 . 輝ける日々→ア・カインド・オブ・マジックに変更(うれしい)
17. ショー・マスト・ゴー・オン→無し(えぇ〜残念だわ)

16以外は事前学習不要、ワタクシにも完璧なセトリでした。欲を言えば、ロック系【ナウ・アイム・ヒア】【ワン・ビジョン】も聴きたかった。一番聴きたいのは【I can't live with you(1997 retake版】なんだけど元々無理ですから。

【総括】
ワタクシにとっては残り2人(実はクイーン創設の2人 )ブライアンとロジャーでクイーンを観たと満足している。オリジナルと混同するわけがないのは自明の理だ。今のクイーンとしてのライブはアダムがいてこそ。それを結びつけているのはフレディ愛。クイーンは外タレには珍しく真の日本びいきで、日本のファンとの相思相愛ぶりタップリの演出でファン感涙。陰の功労者が江戸城 日本武道館。



posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

nomipon2016



札幌ではオータムフェスト真っ盛りですが、先月の今年で8回目のnomipon 。 さっぽろタパス亡きあと貴重な呑み歩きイベントとなってます。

IMG_8437.JPG

​参加店は若干減り尻すぼみ傾向が感じられなくもないですが、前売りだと5枚チケット3300円でお得なイベントです。有り難い限りです。


​ 【MODENA】
image1.JPG

真サバのカルピオーネ。オシャレです。サバラーなので嬉しいです。

​ 【キッチン オペラ】
image2.JPG

​鴨・きのこマリネ・枝豆しょうゆ漬け。添えられたオリーブも可愛い。


​ 【和顔本館 鶏魚楼】
image3.JPG

ドリンクは焼酎が多かったから九州料理のお店かな?鶏たたきとサバ炙り寿司。何故ギネスビール?(笑 )焼酎を選んだ方が合ったかな?

​ 【ろく六】
image4.JPG

​鶏たたきとギネスの次はグラタンと日本酒。だって日本酒飲みたかったんです。手作りにこだわったグラタンが自慢のお店。月替わりグラタンは、 つくねとゆでたまごでした。グラタンは久しぶりで嬉しいです。


​ 【ホルモン酒場コテツ】
image5.JPG

​枝豆に串6本盛り合わせ。ガッチリ〆ました。凄いボリュームで嬉しいです。

​番外編。

​ 【じゃがいもHOUSE】

image6.JPG

​この皿の大きさを見よ!

image7.JPG

​3種類の唐揚げとポテト。本当にボリュームすごくて、ご飯あれば夕食完了って感じです。お店の形態は変わったけど、じゃがいもハウスとしてワタクシが10代の時からあります。これからも続いて欲しいです。

追記。残念なことに翌月に閉店してしまいました😭


​ 【帰って来ないウルトラセブン】

3C7B06BA-71AF-4C6E-8C9E-6E7CFD72B8FE.jpg

​意味不明ですが・・・涙
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NOMIPON・タパス | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

No.5〜No.8

​お針子“ちぃさま”の創作記録

​ 【No.5A 】

IMG_8177.JPG

​手作りならではということで素材にこだわってみました。麻布に挑戦です。フレンチスリーブだから簡単で涼しげで気に入りました。

​ 【No.6A 】

image2.JPG

​袖口やペプラム、やたらとパーツが多くて時間かかりました。


 【No.6B】

8F6AB631-6EEA-4C22-91A8-559A7BADF20F.jpg

6Aと名付けたからには6Bもあります。生地が半額になったので買い足してスカートを作ってセットアップにしたのです。前はタック折りたたみ、後ろはゴムギャザー。


​ 【No.7】

image3.JPG

​創作に没頭すると経過の写真を撮るなんて気は起きません。たまにはメイキング写真のサービスをと思い、袖・前立て・見返しを顔に見立てて並べて得意になっていたワタクシ…

image4.JPG

​ガーン!肩の巾が前後で違う!!なんでこんなことになったのか・・・理由は簡単。早くもテキスト通りに作るのがイヤでアレンジを試みて、3つくらいの型紙を合体したので、その過程で間違ったようです。普通は切る前に気づくと思いますけどね。


image5.JPG

​残りはこれだけなのでやり直すのは無理です。


image6.JPG

​逆境の時ほど強いメンタリティを発揮するワタクシ…横方向に耳も活用してヨーク風に上から重ねてみました。

0FB0E467-2080-4EA0-B188-A9EF9FF7D9DD.jpg

​前から見るとこんな感じ。今年大流行の短冊開きです。


​ 【No.8】




image2.JPG

​ 【No.7】とは別物です。分類はチュニックで新しく技はありません。モーニング風に後ろが長くなっているのがポイントです。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする