2016年05月30日

旧前田本邸


沢山ある歴史的建造物、洋館の中でもひときわワタクシの思い入れが強い。加賀百万石当主:旧前田侯爵邸。前田家の長女の酒井美意子先生の自伝的著書【ある華族の昭和史】に心酔たことは何度も書きました。前回工事中だった和館を見たくて行きました。

IMG_7937.JPG

​正門。東大駒場キャンパスと閑静な住宅地に囲まれた環境のよいところです。建物含む4万平米の敷地を、駒場公園として目黒区で管理されています。目黒区立公園の中で二番目の面積だとか。

image1.JPG

​門を一歩入ると森の匂いがします。鳥や虫の声が響きます。

A94C8962-329B-422B-8C71-32850D5E77B8.jpg

イギリスのチューダー様式(イギリス後期のゴシック様式を簡略化したもの)を取り入れたのは、侯爵がロンドンに武官として駐在していた影響かな?と推察します。

D68EC729-2142-41A0-999E-774D9E6C950B.jpg

​格式の高さが漂います。北大博物館ではありません。

image3.JPG

​大食堂。世界の要人を招いて繰り広げられた煌びやかな晩餐会を、想像力を駆使して一人バーチャル再現するワタクシ…

image4.JPG


image5.JPG

​娘時代の美意子先生は、オペラごっこを楽しんだりしていました。

image6.JPG

​二階はこんな感じで家族の部屋が並びます。
A34DC85A-0F22-493E-8F29-0B3688CA5A01.jpg

​家族用の食堂は一階にあるものの、いわゆる居間はありません。朝食は各自部屋でいただくのです。一番広い夫人室が居間の役割も果たしていたようです。あ〜あ、本に書かれているあの事は、ここで美意子先生がマミ(旧姫路藩出から輿入れした母親)におねだりしていたのね。

image8.JPG

​子供部屋の中では格段に広い、美意子先生の部屋。もう少し待てばガイドさんによる館内案内があったのですが、きっとワタクシの方が詳しいでしょうから。

image7.JPG

​裏側からバルコニーを。二階の家族の部屋も外はバルコニーで繋がっています。

image11.JPG

​左右に二つ羽を広げたライオン?

緑の最盛期だと木が建物の邪魔になるので、行くなら冬かなと思っていましたが、なんと!洋館は7月から2年ほど改装工事で閉館するのでしばらく見れません。

image9.JPG

​隣接する和館。

image10.JPG

​お雛祭りには灯籠を灯して幻想的な様子を想像してみました。重厚な床の間、欄間の透かし彫り。係の方が教えてくれた殿様(侯爵)の座る位置からの庭の眺めにうっとりしておりました。

洋館・和館共に、米軍接収・公共機関使用を経て、建物が保存されていることは本当にありがたいことです。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(関東) | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

USAGIYA

​オシャレなカフェ風の旭川のお茶屋さんができていましと。帰省時に立ち寄りしました。

IMG_7832.JPG

​旭川市一条通10丁目。旭川の老舗のお茶店【吉川園】さん。ガラス張りで中が見えます。

image2.JPG

​中は可愛いのですが、結構スタイリッシュに作りこまれています。

image1.JPG

​いただいたのは柚子煎茶だったかな?テーバックでたっぷり。買い物とか給茶カードのお客さんとか、結構ひっきりなしにいらしていました。

image3.JPG

​すぐ近くにはこんなレトロな家具屋さん。


image4.JPG

​閉店が決まった旭川西武、手前がB館、奥がA館。ワタクシはもう旭川の住民ではないけどかなりのショックです。昨年3月にオープンした駅直結のイオンモールの影響です。ますます寂れたつまんない街になっていくのですね・・・無力感。

image5.JPG

​5月5日は“ちぃママ”のお誕生日。お祝いランチをしました。

image7.JPG

​ワタクシからの誕生プレゼントはなんとYAMAHAの電子ピアノ。“ちぃママ”は姪っ子ちゃんが置いていったキーボードをいじっているうちに、ピアノを習い始めてしまっていたんです。誕生日まで待てないと言うから、フライングで3月に買ったものを、ワタクシ今回初対面しました。

写真は届いた日の“ちぃママ”からの写メ。バイエルの上巻から始めて、毎日の練習を欠かさず、今は下巻に突入して両手で弾いていたのには驚きです。

“ちぃママ”の挑戦はまだまだ続く。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

和食 古今山久

念願叶って初訪問。
札幌市中央区南3条西8丁目  大洋ビル

IMG_7807.JPG

​半分回転扉のような意表を突く入り口。

image1.JPG

​ 【先付】ホワイトアスパラガスと雲丹。左側にはキャベツ豆腐。

image2.JPG

​ 【吸い物】桜湯葉のすり流し。中にはホタルイカの天ぷら、大きな蛤、ウド。

image3.JPG

​ 【造り】お造りはマグロとハタ(クジだかクエに似たスズキ系)醤油のムースが添えられています。


image4.JPG

​ 【温物】カリフラワーの茶碗蒸し。フカヒレあんかけ。

image5.JPG

​ 【煮物】鯛の子と若竹煮。

1F0D1B6B-1F9E-4A59-A44B-9F8151E99946.jpg

 【焼き物】桜鱒の西京焼き   手前はカラスミ  右に日本酒の器を乗せて。

image6.JPG

​ 【お浸し】季節の野菜のおひたし。


image7.JPG

​ 【食事】まぐろ丼ぶり   赤だし。

image8.JPG

​ 【デザート】いちごのムースと黒糖アイス。

​至極満足でございました。

image10.JPG

​素敵なお店ばかりのビル。同じフロアに同じく和食の 【のびる】さん

EDE4E4B3-4123-4861-89BB-1C355CB54790.png

​去年いただいた時のものです。



posted by ちぃさま at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 和食・寿司 | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

モード系への道


姫路旅行から帰って来てから、宣言どおりモード系を始動しました。

IMG_7725.JPG

​いろいろ迷いましたが、買ったミシンはJUKIのドレスメイクエクシード400

image1.JPG

​家庭用ミシンとしては大きく重さは10キロもあります。

image2.JPG

​何も作るもの決めていないのに、3月のカナリアのバーゲンで生地だけいろいろ買ってしまった。

image4.JPG

​裁断用にと特大のカッターマットを購入。

image3.JPG

本やソーイング雑誌をいろいろ買って眺めるばかりで、とにかく一作目を!ということで型紙を買うことに。買った生地が作品見本と似ていて簡単そうなので。生地は格安なものの、型紙・チャコペーパー・糸・ルレットだけで軽く2千円。

image2.JPG

​とにかく道具にお金かかります。型紙を押さえる専用重石なんて買いません!缶詰と五百円玉をラップで包んだもので代用しました。

image3.JPG

​とにかく面倒、手間がかかります。縫う前に裁断と印付け作業が大変です。

image5.JPG

​型紙に付いてる説明書を頼りに作業開始。前身頃・後身頃・袖・ヨークを縫い合わせるのですが・・・

image8.JPG

首のところは切込みを入れるのが常識らしい。

94099140-B060-4305-9A63-8573CD3066D4.jpg

​附属品のテーブルを付けるとぐんと使いやすいです。ミシンテーブルの天板は90センチですから大きさがわかると思います。

image6.JPG

​ギャザー寄せて縫い合わせて返してこんな感じ。

image7.JPG

​まるでスモックですね。お子さまが着たらかわいいんだろうけど、ワタクシたと割烹着ですわ。それにしても気に食わない。

スモックが好きでないし、黄色のぽわ〜とした模様も好きでないけど、なんと言っても生地の質。最初は失敗するだろうと練習用に1メートル390円の安い生地を買ってしまった。ガパガパでゴワゴワなのにヨレヨレでシワシワ。同じスモックでも、シャラシャラでトローンとした生地なら全然違っていたはずです。初めての木工でも観音開き扉のテレビ台だって作れたワタクシ・・・何故自分の器用さや情熱を信じないのか?自己評価の低さが失敗のすべての原因でした。

生地の種類も多くて訳わからんです。いろいろ覚えることが多くて大変そうだけど、ワタクシあきらめません!やっとモード系への道を歩み始めました。ほろ苦い第一歩ではありましたけど。気に入らない〜!とむずがるワタクシをなだめてくれた友人や同僚の言葉はありがたい。

posted by ちぃさま at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・DIY | 更新情報をチェックする