2015年06月30日

旭川駅前ビル おにぎり茶屋



​今回の短い旭川滞在。“ちぃママ”は社交活動でおでかけ。ひとりランチの絶好のチャンス!だけど天気悪いし何もリサーチしていないし・・・どうしよう・・・

写真.JPG

​当日の宅配フリーペーパー 【ライナーネットワーク】特集見てコレだ!

E0D5E753-5576-454E-9A51-4FDE05EAE2C5.jpg

​旭川駅前ビルに向かいます。右側は“黒船”イオンモール。左側の奥のベージュが旭川西武です。やっぱりイオンは好かんのだわ。

image.jpeg

​旭川駅前ビルは昔は木造建ての駅前商場という市場で、昭和45年に鉄筋に立て替え今に至る。約50店舗のテナントと6〜8階はマンション。(ライナーネットワークより)

image.jpeg

​こちらは1階商店街案内。商店街は地下にもありますが今回は1階だけ。

image.jpeg

​こんな渋い風情が似合う年頃になってしまったワタクシ…

左側の 【おにぎり茶屋】さんへ行くことに決めていました。おでん(6品300円)とおにぎりはテイクアウトOK。おでん6品300円ってすごく安くないですか?

image.jpeg

​ 【おでん定食  550円】を食べることに決めていました。生寿司500円っておでん定食より安い・・・?

image.jpeg

​ 【おでん定食】どんぶりの豚汁と共に登場。

image.jpeg

​大根大きい、フキを巻いているのは白滝。6種類のおでんはあっさり味で後を引かないワタクシの好みです。ご飯のおかずになるかと言えば微妙で( 笑 )ニシン漬けと豚汁の塩味でご飯をいただきました。

image.jpeg

​こぎれいな店内。後客さんはラーメン(400円)とオニギリのオーダーでした。ラーメンも安いなぁ〜

ごちそうさまでした。夕方までの営業なのに店内の瓶ビールがぎっしり。おでんにビール、シメにラーメンなんていいかも。

早いもので一年の半分が過ぎる。今年前半はなんといってもライブに尽きるかな。2月キッス、3月井上陽水、4月ポール・マッカトニーと超ベテラン大物アーティストが続きました。結構無理して行っただけに忘れられない感動です。何も物は残らず思い出だけというのがいい。物は要らない、そう言いいながら新しい趣味でモノ作りに没頭しているワタクシ…それはそのうちお披露目を。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

ファイターズ旭川2連戦


​6月23日〜24日旭川スタルヒン球場での北海道日本ハムファイターズと千葉ロッテマリーンズとの2連戦を観に行きました。去年の8月は観に行く予定の試合が雨で中止になってしまいました~_~;その中止になった旭川分の振替試合として稲葉選手の引退試合が最後に組まれたんです。

image.jpeg

​ですから、ナイターは雨天中止のリスクがあるので今年は2試合分買ったのです。

image.jpeg

​知らないうちに“ちぃママ”は応援ユニフォームを買っていました。ワタクシの愛用のファイターズ鳴子と共に。

image.jpeg

​限定ポッカコーヒーファイターズ選手缶。10選手全員が揃うコンプリートボックスも某所から届きました。

6月23日(一戦目)

image.jpeg

​旭川のゆるキャラあさっぴーも

image.jpeg

​BB君は近くまで来てくれました。通路の席なら握手してもらったんだけどなー

さて試合はエラー連発、エラーが失点に結びつき緊張感を欠く散々なものでした。これでもプロなのか?とワタクシ寒いし途中で帰りました~_~;チームは今期ワースト5連敗。以上。

6月24日(二戦目)

image.jpeg

​連敗ストッパーは君しかいない!大谷翔平君がマウンドにあがります。あちこちから足長〜いの声が。ボールの走りも前日の投手とは違います(気のせい?)

昨日のうっぷんを晴らすかのように打線も好調。中島選手のタイムリーヒットに続いて、中田選手の待望の3ランホームランで盛り上がりMAXに!これぞ四番の一振りってヤツですね。

image.jpeg

​7回裏のジェット風船は夜空が似合います。1日目はジェット風船の前に帰りました。そうそう5回裏には花火の打ち上げがあり、ちょっとした地方の花火大会のスターマイン的迫力でした。札幌ドームでは味わえないナイターならではの光景です。それにしても寒かった。旭川でのナイターは防寒具が必須です。楽天ファンの苦労がちょっとわかる気がします。

相手チームのロッテも熱心なサポーターが熱い応援をしていました。サッカースタイルの男声の迫力える応援はでワタクシ的に【黒い浦和レッズ】の印象は変わりません。旭川まで来ていただいてありがとうございました。

image.jpeg

​7対0  見事な完封勝利で連敗脱出!️大谷投手127球11三振。被安打3本は9回を投げ切った中ではプロ入り最少。

image.jpeg

​良かったね〜BB君の背中にも喜びが溢れています。

image.jpeg

​実は大谷君投げたの見るのが初めてでした。メジャーに行く前に何回か見れるかどうかもわからない、ましてや中田翔とのヒーローインタビューなんて2度と見れないかもしれない。スタルヒン球場ではお立ち台の台が無く下はそのままグラウンドでした。めちゃくちゃ近いです光るハート

インタビューはテレビ用なので場内では聞き取りにくかった。帰ってからテレビ見て 【四番は僕しかいないんで・・・】納得。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

姫路城グランドオープン



​姫路城が長い改修工事を終え3月27日にグランドオープンしました。

写真.JPG

​今回の改修工事で姫路城は知名度もブランド力も格段にアップすることに成功しました。

・ますは改修前の駆け込みブームで空前の大フィーバー

・改修中は専用エレベーターを設置して作業中の姿を公開して話題に。

・工事が終わり外観があらわになると『真っ白』すぎて話題に。しかも3年ほどでくすんでくるので『50年に一度の白さ』を観るなら今!と呼び込みます。

​今回のグランドオープンも城内の桜開花に合わせて3月27日にしたことは疑いようがありません。これまでもオープンしていますけど、天守の中も見学可能になることをグランドオープンとしているのです。

image.jpeg

​なんとオープン前日にはブルーインパルスのショーが行われていたとはびっくりしました(@_@)

image.jpeg

​うぉ〜!これは実際に見たら興奮しそうですね。

image.jpeg

​ハートの形 〜まぁ素敵!見事ですね。これも50年に一度なら見たかった。


image.jpeg

​ワタクシか初めて姫路を訪れた2008年はすでに工事中だった駅も、城のグランドオープンに合わせて見違えるようにオシャレになりました。

image.jpeg

​城を見るための専用の展望台ができていました。外から専用エレベーターで上ります。これで横断歩道の真ん中で写真撮らなくてもよくなりました(@_@)

しかしなんと素晴らしい眺めでしょうか〜こんな都市が日本にあるなんて!あり得ない〜あり得ない。日本の世界文化遺産第一号ですから。

遠くから見ると白さが際立ちます。姫路到着直前のJRの車両から見える姿は、まるて蛍光塗料塗っているかのようでした。

image.jpeg

​ワタクシの新定番。手前のイーグレ姫路の5階屋上から。

image.jpeg

​無くなった建物は多々あるけど、江戸時代と同じ風景かと思うとシビレます。

image.jpeg

​そうそう、グランドオープンを機に入場料が600円→1000円に大幅アップしました。唯一無比の希少価値を考えれば高くはありません。誰が儲けるわけでなく維持費がかかりますから適正価格だと思います。

と言いながら、2月に続いてワタクシ今回も入場せず引き返します。それは入場料をケチっている訳ではなく・・・そりゃ確かに充分見尽くしたし写真も撮りつくした。だけど今では姫路では城よりも優先して行くべき所があるからなんです。


280DBDC9-ADA5-4188-8068-F3F5FBEE0CA5.jpg

​今や姫路に行く一番の目的となったスタンディング日本酒BAR 【試(こころみ)】

もう最高です!️3回目のワタクシ…慣れた手つきでタッチパネルで検索&注文。この空間にいることが本当に幸せ。酒は60CCグラスで純米吟醸で200円ちょっと。おつまみは右上のエビサラダ以外は110円。信じられないくらいお財布に優しい〜250種類以上あるのに同じ酒を頼んでいたことに後で気づいたのはちょっと残念だった。年内にまた行くつもりなのでダブらないようにします。


posted by ちぃさま at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路城&城コラム | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

新世界で串カツ



​昼はリッツカールトン。夜は新世界で串カツ。

写真.JPG

​新世界とは通天閣のある一帯の繁華街です。行く予定なかったけど、長堀橋でコラーゲンマシーン体験したら疲れが取れたので思いきって行きました。地下鉄恵美須町から通天閣に向かいます。

image.jpeg

​通天閣を越えると賑やかな感じで、串カツのお店が並びます。串カツ屋が三軒並んでいたり 【だるま】という店が4〜5軒展開していたり、完全に 【串カツテーマパーク】です。大阪では串カツ=串揚げです。野菜も揚げたらカツです。客引きがいるような店はイヤだなと通天閣に背を向けてさらに歩きます。

image.jpeg

​ありました!歴史あるジャンジャン横丁。まさに昭和的大阪の世界が広がります。

image.jpeg

​右側の 【てんぐ】というお店に入りました。隣も同じく串カツ 】八重勝】でスゴイ行列!どて焼きが人気のようです。どて焼きって牛スジ肉らしい(ワタクシには良さがわからない)向かいは将棋倶楽部!実に昭和チックです。何かのドラマの舞台になったのかな?見たことないけど。

image.jpeg

​ 【てんぐ】は横に広く、カウンターだけのお店で明るく入りやすい。隣も女性ひとり客でした。中には従業員がたくさんいるのたけど、ワタクシの頼み方が悪かったのか1本多くきてしまった。左にソース、右にはキャベツ、ビールと共に。

image.jpeg

​う〜む~_~;  頼むのは野菜に限りますね、肉やタコは高いのに薄くて、ひとくちかじったら脱皮して衣が分離してしまったよ~_~;  口の中もヤケドしてしまったし~_~;玉ネギとレンコンが美味しかった。普段食べることがないので面白い体験でした。

ここまでくると帰りは地下鉄動物園前が近い。すぐそこにアベノハルカスが見えました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

リッツカールトン大阪 アフタヌーンティー

​新緑の旅を計画し損ねたので、某日無理やり大阪へ。民事再生法申請中のスカイマークだとANAの半額でした。ライブや観劇がなかったので物足りないけど、普段行かないところに行くことが息抜きになりますからね。

写真.JPG

​大阪駅前、ガーデンシティの一角、ザ・リッツカールトン大阪でのアフタヌーンティーを奮発してネット予約して行きました。こちらは正面玄関ではありません。

image.jpeg

​ホテルのHPより。平日だというのに、いえ平日だからこそ?ホテル1階のロビーフロアは元気女子で溢れてかえっていました。もちろん館内は重厚で高級感いっぱいだけど活気があり過ぎて( 笑 )緊張することなく入りやすい雰囲気です。ロビーラウンジは広くなく隣のテーブルとも近い感じ。

109150CD-11D2-4260-AFDF-401BEDFF0B80.jpg

​アフタヌーンティーは季節メニューで【弓削牧場からの贈り物】ミルクやチーズをふんだんに使った内容。

image.jpeg

​グラスシャンパーニュ付きにしました。

image.jpeg

​え?三段重ねでなくて単発お皿でサーブされてしまいました。今はサンドウィッチよりも、セイヴォリーと呼ぶのが主流で、パンやパイの甘くないスナックとでも言いましょうか。ワタクシは昼食がわりだし、カマンベールチーズやチーズパイ、スモークサーモンを挟んだミニベーグル等々シャンパーニュに合うしナイスですねぇ〜

image.jpeg

​続いてリフレッシュメント(口直し)のミルクジェラート。ホントにさっぱりします。

image.jpeg

​ここで紅茶&お一人様用の三段重ね登場!たくさんのお茶の中からアイリッシュウイスキークリームティーを。ウイスキー香がブレンドされているらしい。

image.jpeg

​おっとっと・・・先端のライオンマークが写っていなかった。

image.jpeg

​フロマージュフレとココナッツのムース、ミルクとラズベリーピスタチオのケーキ。どちらも美味しかったです。右のチョコレートのギモーブは中の詰め物が気持ち悪くてパスしたけど、どうも好きになれないマカロンが無かったし高ポイントです。

image.jpeg

​弓削ハチミツのムース、フロマージュシフォンケーキ。ベタベタ甘くなくて美味しかったです。甘いものとしては充分です。

image.jpeg

​プレーンスコーンとカマンベールスコーン。スコーンは固い質感であまり好きでない、きちんと温められていて美味しかったですけどね。

紅茶はスタッフの方がすぐ注ぎにきてくれます。最後はミルクを入れてミルクティーに。やっとホテルのアフタヌーンティーを満喫したって感じですしコスパも満足でした。こちらはNIKKEIプラス1の 【ホテルで優雅にアフタヌーンティー 】ランキング西日本エリア1位とのことです。

そうそう生演奏付きでした。

う〜む以前東京帝国ホテルと大阪ウェスティンホテルで、アフタヌーンティーには幻滅したワタクシだけど、アフタヌーンティーめぐりしたくなっちゃいました。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする