2015年04月30日

大山崎山荘美術館


ずっと行きたかった場所です。京都の外れの山崎に位置する 【大山崎山荘美術館】大阪〜京都間にこんなのどかな駅があったのか?ここは北海道か?と思うほど田舎なJR山崎駅で降ります。

写真.JPG

​今や山崎と言えば 【マッさん】のサントリー山崎蒸溜所が有名かも。同じく山崎駅から徒歩10分の工事に見学行きたかったけど予約制なので、前から行きたかったこちらにしました。実はこの 【大山崎山荘】も 【まっさん】関係者なのです。

image.jpeg

​とっても小さい 【山崎駅】から徒歩10分ほど坂を登って入口到着。この石のトンネルも建物と共に有形文化財指定されています。

image.jpeg

​趣きのある門と門灯。裕福な実業家 加賀正太郎が自ら設計にも携わり1932(昭和7年)に完成した別荘。サントリー山崎蒸溜所に勤務する竹鶴政孝も近くに住んでおり、リタさんも別荘をおとずれて加賀夫人に英会話を教えていたとか。後に加賀氏はニッカウイスキーの筆頭株主となり社内では 【旦那さま】と呼ばれていたが、病に倒れ死期を予期し持株が分散しないようにアサヒビール創業者に譲渡したのだ。


image.jpeg

​建物全景。イギリス  チューダー様式の建築。紅葉時期はめちゃくちゃ綺麗だと思います。

image.jpeg

左が入口。中はクラシカルで豪華ながらもらも落ち着いた素敵な設え(しつらえ)でした。所蔵の陶器や企画展がありました。

image.jpeg

​カフェになっているテラスからの眺め。駅から徒歩10分でこれです。自然豊かで空気も水も澄んでそうな、なるほどウイスキー作りには向いているでしょうねと納得。


image.jpeg

​なぜワタクシが大山崎山荘行きたかったのか?それは本館に隣接する安藤忠雄設計の美術館があるからです。地中館 【地中の宝石箱】地下の部屋にはモネが飾られています。直島の地中美術館みたいでした。

image.jpeg

​安藤建築はもうひとつあります。山手館 【夢の館】

JR京都〜大阪間にこんな別天地があったとは驚きです。とっても優雅な気分になりました。もう大阪に戻るのがイヤになって、このまま京都に行って恒例の 【黒豆御膳】食べて伊丹空港から帰ってきたのです。

春の旅終了。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

名物キムチサンド


残念なことに大阪は雨



写真.JPG

​日本一の高層ビル  アベノハルカス。せっかく天王寺(阿倍野)に泊まったのに天気悪くてアベノハルカスには結局行きませんでした。展望台は1500円もするのに眺望は期待できないから行ってもしょうがない。

image.jpeg

​昨年感動した大阪造幣局の 【桜の通り抜け】が今年も日程が合いました。今回は平日なので空いていて良かったのですが、見頃にはちょっと早かったです。傘を差しながらで寒くて駆け足でそさくさ通り抜けたので、まったく桜見た気分がしませんでした。更に場内放送が(多分)日本人じゃない人のアナウンスで、中国人及び外国人向けなのが興ざめでした。中国語が最初でないだけマシなのかも。

 【ロックヴィラ】

image.jpeg

​文楽鑑賞の時間まで司馬遼太郎記念館に行くことにしました。途中でコリアンタウンで知られる鶴橋で昼食。 

広くはないけどクラシカルでロッヂ風の店内。


4360ED71-B743-4508-BA71-6E1B91133A51.jpg

​名物の 【キムチサンド 】コーヒーとセットで1000円。

キュウリ・ハム・卵・キムチ。卵(茹で玉子サラダ)が多いのでマイルドです、キムチの酸味がピクルスみたいな感じ。もっとキムチ率高い方が好みだけど、普通にサンドイッチとしてもボリュームあって手づくり感いっぱいで美味しいです!パンは焼いてあってクラブハウス風な( 笑 )サイフォンで入れた珈琲も美味しかった。


司馬遼太郎記念館は2度目でも行くと感動します。企画展が 【城塞】だったのだけど、徳川家康の豊臣家滅亡を描いたこの著作は書名すら知りませんでした。こんなスマホいじる時間があるなら本を読みたい!という気持ちになる場所です。

若い人は司馬遼太郎の名前も知らない人が多いでしょう。高校時代の古典の先生が『司馬遼太郎が好きだ』と言っていたのを思いだしました。きっとその40代の先生、当時は新作が発表される興奮と悦びを満喫していたのでしょうね。

 【口福家】

image.jpeg

​夜は有機野菜とアグー豚のお店。テーブルの鍋で作る蒸し野菜と豚肉のコースが名物?野菜の上に豚肉を重ねてサッと蒸します。なかなか美味しいです。大きめのワイングラスでいただく日本酒が、好みを伝えておまかせて選んでもらうオーダーなら一杯450円ってのがうれしいです(^o^)
posted by ちぃさま at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

国立文楽劇場 吉田玉男襲名

10年使ったニトリのソファを先週処分した。そこに廊下の本棚を分離移動​してラック替わりにおいた。部屋の雰囲気ガラっと変わり悪癖のソファ上収納から脱却できた(^o^)更なる模様替えAND断捨離春の陣に燃えるワタクシ…

さてさて昨年に引き続いて文楽鑑賞

写真.JPG

​ワタクシ好みの端正なルックスの人形遣いの吉田玉女様が、二代目吉田玉男を襲名されまして襲名披露公演でございます。

image.jpeg

​口上のある昼の部を観た方がよかったのかな。

image.jpeg

​ワタクシが観たのは夜の部でした。

image.jpeg

​その日は雨で寒くて日中体力を消耗したワタクシついウトウト~_~;してしまいましたが、大夫(浄瑠璃語り)のお気に入り、豊竹咲甫大夫さんも去年観れたし嬉しいです。

image.jpeg

2月の大阪行きの時に買った大阪ガイド本。 【るるぶ 】の騒がしいナニワ〜!って感じとは違って面白いです。付属のマップが観やすいし。今回はお店もこの本の中から選んで行ってみました。

2月と4月に続けて2泊づつ大阪滞在となった。大阪が好きとは言えないが面白いところだと思うし、もっと大阪探求したいなとの気持ちはあります。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

細雪 新歌舞伎座

​“ちぃさま”恒例の春の旅は 【城と桜】から 【城と観劇】に変わってしまったのか?

写真.JPG

​谷崎潤一郎の代表作 【細雪】を先週大阪の新歌舞伎座で鑑賞。

image.jpeg

​江戸時代から続く大阪船場の由緒ある商家の四姉妹。演じるのは高橋恵子・賀来千香子・水野真紀・大和悠河。大和さんだけ知りませんでしたが元宝塚のトップスター。

男性陣の川崎麻世・太川陽介懐かしい。昔レッツゴーヤングでサンデーズとかやっていたな〜ワタクシ38年前に旭川体育館の公開録音で太川陽介【ルイルイ】見ました。すごく可愛いくて、フレッシュジュースのような男の子と日記に書いた記憶があります。貫禄ついてずいぶん変わったなぁ〜ワタクシの方が変わり果てたかも?

E41D2C6C-2CB2-465A-B720-94A7986E93AA.jpg

​昭和41年の初演から有名な女優さん達が演じてきました。通算1400回以上上演されているそうです。佐久間良子・山本陽子・紺野美沙子ってのも観たかったですね。

image.jpeg

​ずらりと並んだ花輪の華やかなこと。蘭の香りがプンプン漂っています。

image.jpeg

​谷崎潤一郎の妻及び姉妹が小説のモデルと言われています。これを機会に原作読んでみました。会場の新歌舞伎座はちょうど四姉妹の上本町の実家があったあたりにあります。

image.jpeg

​休憩はさんで三部制。四姉妹がキレイで着物姿が華やかなのはもちろんだけど、やはり魅力はセリフですね。一般的にイメージする大阪弁よりも上品で京言葉チックな 【船場言葉】が心地良いです。女優さんの声の良さ、セリフの歯切れの良さがライブならではです。特に高橋恵子さん、本家の長女の威厳と風格漂う感じが、もう大女優って感じでした。

posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

井上陽水 氷の世界ツアー2015旭川市民文化会館

​大阪でのキッスのライブのわずか一週間後、井上陽水観るためにワタクシ旭川へ極秘とんぼ帰りしていたのです。

image.jpeg

​1974年の日本初のミリオンセラーアルバム【氷の世界】を完全再現する氷の世界ツアー。74年と75年の2年間アルバム売り上げ1位のモンスターアルバム。もちろんLPレコードの時代です。ワタクシ当時は小学生でしたけど社会現象的に売れた記憶はある。曲は 【心もよう】しか知らなかったけど。このアルバム以外では 【夢の中へ】 【東へ西へ】が当時聴いたことある曲でした。

2013年12月、NHK【ドキュメント氷の世界40年】たまたま見た。一曲目の 【あかずの踏み切り】がカッコイイ〜全然フォークじゃないじゃん、一気に番組に引き込まれた。当時では珍しい海外録音、意外な参加ミュージシャン、意外な共作者。アレンジャーにも恵まれ売れるべくして売れたアルバムだったのかと納得。同時に興味深々。

氷の世界ツアーは昨年大々的に敢行され今はちょうどライブDVD発売のタイミング。今回は北海道(札幌除く)と東北のみ限定で復活しました!昨年の札幌ライブは気づいたのが遅かった~_~;復活ツアーを知り迷い無く旭川へ。一度ライブ行きたいと思っていたのです。ら

image.png

​キッス休暇取るために仕事その他余裕がなく 【氷の世界】の予習ができず、ライブの3日前に玉光堂でCD 【氷の世界】買って毎晩3回ずつ学習。【氷の世界ツアー】なので、これを聞けば半分以上予習できるので効率よいです。、、
当時の25歳の陽水氏は見事な美声です。右下はだいぶ前にブックオフで買ったCD(少年時代・最後のニュース収録ハンサムボーイ)

限定復活ツアーの初日、会場は旭川市民文化会はチケット即日完売、老若男女ならぬ老男女でいっぱい。なんと一曲目は 【ワインレッドの心】これは旭川限定スペシャルバージョンでしょう!と思ったら翌日の帯広も同じだったそうです( 笑 )最初に3曲、その後に 【氷の世界】全13曲を順番通り全曲。なぜか途中でビートルズの曲が一曲。陽水氏はかなりのビートルズマニアだそうです。

image.jpeg

​素晴らしい歌声です。そりゃ声のピチピチ感や勢いが同じというわけではなく、往年よりは出にくいでしょうけど、40年前のオリジナルに忠実なアレンジや歌唱を聴きながら、これは相当の貴重な体験だと思いながら感動していました。

今回の限定ツアーはせっかく 氷の世界なんだから寒い時期の雪国で!とのコンセプトらしい。冬の旭川で八分音符毎日吹雪吹雪吹雪氷の世界い〜八分音符と実に気持ち良さそうに歌っていらっしゃいました。

話がこれまた面白くて長くて大爆笑の連続( 笑笑笑 )

写真.JPG

​貼り出された セトリには氷の世界の 【桜三月散歩道】入っていないので全25曲。アンコールの 【アジアの純真】 【夢の中へ】では旭川の老男女が立ち上がって頭上で拍手〜壮観でした。 【少年時代】では会場の空気が澄み渡るかのような透明感に包まれ、 【いっそセレナーデ】でしっとりエンディング。

旭川はライブが少ない、ましてやこんな超大物が来るのは珍しく大変盛り上がった。何度も何度も『今日は皆さんにお会いできて本当に嬉しい』と心温まるお言葉たくさんいただき、ワタクシ含めてこの日の客は皆幸せな気分だったことでしょう。

66歳の陽水氏、とっても素敵でした。
、ら、
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

旭川梅光軒本店

​新年度が始まりました。人が変わろうとやることは同じです。粛々と業務に励むワタクシ・・・

ちょうど1ヶ月前の3月4日、平日ど真ん中に極秘に旭川とんぼ帰りしました。旭川滞在時間は約4時間。ですから“ちぃママ”にも内緒です。

image.jpeg

​旭川駅に3月27日にオープンしたイオン初の駅直結型のイオンモール。この時はオープン前です。

image.jpeg

​旭川駅に黒船現る・・・まさに襲来前夜の不気味な雰囲気に包まれていました。買物公園は壊滅的打撃もしくは消滅か・・・向かいの旭川西武が真っ先に潰れるのではないかと危惧するワタクシ…何より旭川市長及び市役所の無策ぶりに怒りを感じる。

写真.JPG

​腹ごしらえに 昭和44年創業の【梅光軒】本店。旭川市民だった時はラーメン食べなかったので30年近くぶりだと思う。


image.jpeg

​国原楽器店があったビルの地下です。昔、地下の隣に【原じゅく】と喫茶店があり高校生の頃友人と行ってピラフとかパフェを食べていました。あの頃は旭川の街も活気がありました・・・と書くとキリがない。帰る度に街は元気がなくなっているように感じる~_~;

image.jpeg

​看板メニューのしょうゆラーメン。あんまり好きではありませんけどいいんです。お店は流行っていて高校生が多かった。

弾丸里帰りの目的は?次回に続く。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川食べ歩き他 | 更新情報をチェックする