2014年02月26日

ウェスティンホテル大阪 アフタヌーンティー

オリンピックが終わってさみしいような、解放されてホッとしたような感じのワタクシ…

さてさて先月のプチ旅の続き。京都行きをキャンセルして文楽鑑賞を楽しんだワタクシでしたが、京都恒例の【黒豆御膳】には未練タラタラでした。文楽終わってからも【黒豆御膳】のためだけに京都に行こうかと迷ったけど諦めて、何故かアフタヌーンティーに向かいました。


image-20140222123811.png

ウェスティンホテル大阪のアフタヌーンティー。地下鉄梅田駅から歩いてたどり着くまで大変でした。


image-20140222123843.png

興ざめな写真になってしまいましたが余裕がないんです。


image-20140222123906.png

上段


image-20140222123922.png

中段


image-20140222123937.png

下段


メニューだけ見ると豪華ですが、どれも小ぶりで、マカロンとかワタクシの嫌いなものもあるし、イマイチと言うよりアフタヌーンティーが選択ミスだったかしら?値段は言わない方がいいと思います。

空中庭園を眺めながら贅沢過ぎるカフェタイムでした。卑しい私、お値段からみても準ディナーのつもりでしたが、もの足りなくて関空着いたらトンカツが食べたくなってしまいました。さすがにその欲望は抑えましたけど。

本数が少ないウェスティンホテル始発の関空行きのリムジンバスにタイミング良く乗れて本当に良かったです。大阪駅周辺は目的地に行き着くのも大変でウンザリですから。

そんな感じであっと言う間にプチ旅終了。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

祝!金メダル

ワタクシの王子様 羽入結弦君が見事金メダルに輝きました。ライバルをリスペクトしない“生意気チャン”を破っての金メダルは最高です。2年前の世界フィギュア2012( 過去ログ参照)で激萌えした時から、この日がくるのを信じていました。『日本の誇り』の一言に尽きます。

高橋大輔・町田樹も立派な成績です。高橋大輔は足の調子悪かったのかな?キャラが立つコメントで楽しませてくれたで町田はメダルまであと一歩で惜しかったです。

表彰台の3人が皆アジア系で、上位6人中5人がアジア系とは驚きではあります。

オリンピックの重圧は当然としても金メダルを争う二人がこんなにミスをするとは(チャンはずっとミスばっかり )・・・もしロシアの皇帝が棄権しなければ・・・見たかったなあ。

2002年ソルトレイク五輪の、あのプルシェンコとヤグディンのレベルには物足りない気がします。( 私はヤグディン派)4回転ジャンプの差だけでなくて、これぞ振り付け!な表現がすごかった。このソルトレイクで巨匠2人と闘って4位だった解説者の本田武史氏は『まだ日本人で俺のジャンプを超えるヤツはいない』と思っているのでは?本田武史もすごい選手でした。

だからこそ今後の楽しみも増えるわけだし、今日は若きオリンピックチャンピオンを讃え、勝利の喜びを皆さんと分かち合いたいと思います。

祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝


女子も男子に続け!なのだけど、浅田真央選手には、なんでトリプルじゃないとダメなの?と思っていましたが、今は本人の悔いのないようにと願うだけです。あと一週間オリンピック観戦を楽しみたいです。

【追記 】メダルセレモニーの表彰台、王子様最高の笑顔でした^_^

【追記】大舞台に弱いと言われていた、札幌オリンピックの年に生まれたレジェンド葛西紀明選手の銀メダルの方が感動してしまった。2本目飛んですぐに、点数でる前から3人の日本人選手がかけよって抱き合って喜んでいる姿に感動した。ポーランド選手の金メダルが決まった時の会場のガッカリしたようなどよめき。セレモニーでも金メダリストよりも歓声多くて目立っていた。本当に良かった!13位以内に四人です、団体戦も期待ですね。

【追記】ジャンプ団体戦の銅メダルの方がもっと感動した。葛西選手の涙が全てを物語っていますし、葛西選手が尊敬される理由もわかるような気がしました。

image-20140221225628.png

お祝いの水餃子。何年ぶりかわからないくらい久しぶり。

【追記】カーリングの解説者が今回代わりました。長野五輪に20歳で出場した、男子歴代最強スキップ敦賀信人さんの解説が素晴らしい。調べてみたらちょうど1年前に引退したそうです。

【追記】旭川出身の竹内智香さん、鼻が高くて外人みたいです。顔の作りがミスユニバースブラジル代表みたいに華やかで素敵です。アルペン競技のヨーロッパの女子選手も美人ぞろいでした。

【追記】浅田真央・・・前日のショートは影武者だったのか・・・フリーの神がかりなスケーティングは金メダル以上の感動でした。ジャンプはもちろんだけど、滑りのスピードとなめらかで美しいこと!佐藤信夫コーチとの四年間の歩みの結晶です。演技終了後の真央さんと信夫コーチの表情・・・なんも言えねぇ〜(涙 )何回見ても凄くて凄くて、もうメダルは問題じゃなくて、メダルを超えた崇高さを感じました。真央さん引退後は採点基準が変わらない限りトリプルアクセルは当分見れない気がする。

キムヨナが金メダルを取れなかった事で韓国が強烈な抗議運動しているのは醜い。それを言うなら浅田選手のフリー、転んだリプニツカヤより低いのもおかしい。モーグルの上村愛子の採点はもっとおかしい(選手によってターン点のレベルが決まっているらしい )。だからロシアの金メダルはホームアドバンテージと言う事でいい。世界選手権での佐野稔の3位、佐藤有香の優勝は共に日本開催だったそうです。

韓国はソルトレイク五輪ショートトラックでの米国のアポロ・オーノへ恨みをサッカーのワールドカップでパフォーマンスしてたなぁ。【千年恨】の国で四年後のオリンピックが行なわれます。今回金メダルのソトニコワがリンクに上がったらブーイングかも?それより日本選手の【反日】対策が必要ではと思ってしまう。

競技種目は増える一方で、札幌オリンピックは35種目で今回は98!種目とほぼ3倍。フィギュアの団体戦は、出る選手出ない選手で個人戦の前に条件が変わってしまうので私は不要派。もっとも開催国ロシアのためにできた競技と言われている。だったら韓国開催はショートトラックに種目が倍になるのか?

フリースタイルのスロースロープは全く不要。ハーフパイプはスノボでしょう〜スキーは要らないと思ったけど日本選手がメダル取ったので言いにくい( 笑 )
posted by ちぃさま at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

初めての文楽

人形浄瑠璃文楽 平成26年初春公演


image-20140211054201.png

人形浄瑠璃文楽は歌舞伎の原形で歌舞伎と同じ演目が多い。一番の違いは歌舞伎役者の代わりに人形であること。人形・大夫( セリフとナレーションを兼ねた義太夫節)、三味線が一体となった世界で唯一無二の総合芸術。

一年ちょっと前に雑誌サライの特集で気になりました。ワタクシの冬の旅は舞台鑑賞とセットですから、大阪の国立文楽劇場で見ようと旅のメインに組み込みました。

image-20140211054223.png

文楽劇場はなんば・道頓堀の近くにあります。

image-20140211054248.png

普通の近代的な建物でした。

image-20140211054303.png

劇場内です。舞台の上にはお正月だけの 【にらみ鯛】席は三列目の上手なので大夫( 義太夫を語る方)と三味線がいる 【床】がすぐそばです。

image-20140211054343.png

床本(大夫の語り )付きのプログラムは650円とお安いです。チケット代も歌舞伎よりはるかにリーズナブル。とにかく面白くてびっくりしました。お正月公演にふさわしく、人形が猿廻しをしたり( 勿論猿も人形なんだけど、可笑しくてギャハハハ笑ってしまった)、人形が楽器を演奏したり、見た目が華やかな物を観れたのは素人には喰いつきやすかった。

image-20140211181344.png

写真は会場の入門パンフレットより。裃(かみしも )がカッコ良すぎてシビれる。

【義太夫の表現力が素晴らしい〜 マイク無しでこの声の響き!️ 】事前に知っていたのは人間国宝の竹本住大夫師匠だけでしたが、今年で90歳でこのド大迫力〜決して美声ではないけど情感の巧みさというか言葉で表せません。他の方も超カッコイイです、約700席のホールでマイク無しです!️どんな発声方法をしているのでしょうか・・・これぞプロフェッショナルと呼ばずに何と呼ぶ?感嘆しまくりです。地声も相当いいんだろうなと思わせる若手の咲甫大夫は男前でしたよん。

【人形に生命を吹き込む 】と書いてあっても人形は人形だべさ・・・そもそも伝統芸能が人形劇ってどうなの?と内心思わないでもなかったワタクシ…やはりバカでした。人形遣いがまた凄い!️遊女が泣き崩れるはかなさ、艶かしさは玉三郎より色っぽい。一体を三人で操るんだけど、右手と頭担当の主遣いだけが顔を見せて、他の二人は黒子頭巾ちゃんなのも違和感なくて面白かった。人形遣いでは桐竹勘十郎さまが一番のスターなんだけど、渋〜い吉田玉女さまが素敵です。

三味線は文楽用の太棹三味線。資料室で触ったら、ずっしりく音色と津軽三味線とは違います。もっとロックギタリスト的な弾きを期待していたワタクシ…今回はまだまだ三味線の良さまで気が回らずでした。

翌日の京都行きのキャンセルを決めたワタクシ…ホテルを難波にしておいて良かった。翌日は早くから当日券売り場に並び、初日は二部、翌日は一部と文楽鑑賞を楽しんだのです。

image-20140211054434.png

終演後にはお見送りをしていただきました。私が観た二日間は満席でした。橋元市長の文楽いじめの話は後から知りましたが、事前に知らなかったのは幸いでした。きっと怒りのあまり舞台に集中できなかったでしょうから。
posted by ちぃさま at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

さっぽろ雪まつり2014

札幌市民は行かないよって言うのが定説なようだけど、せっかく札幌に住んでいて職場からも近いですから、寒がりだけどチラっと見ずにはいられないワタクシ…木曜日だからそれほど混んでいないと見込んだわけです。

やはり寒かった。

image-20140206224106.png

氷像 台湾 伝統とモダン

image-20140206224118.png

ウインタースポーツ王国北海道

image-20140206224146.png

スルタン・アブゥドル・サマド・ビル クアラルンプールの独立広場にある、イギリス人が設計した旧連邦事務局

image-20140206224159.png

すべてにLOVEを

image-20140206224208.png

イティマド・ウッダウラ インドのアーグラーにある白大理石の建物

綺麗ですね〜ちょうどこれからプロジェクションマッピングというタイミングだったけど、これがワタクシの限界でもう無理でした。

これにて撤退。翌日職場で「帰りに雪像見に行った」と言ったら、マジ驚かれました。えから

あとはもうオリンピックに専念します。今日は早くも羽入君の出番ワクワク〜ただソチオリンピックは時間帯が遅すぎますね・・・プチうつは睡眠障害が原因なワタクシ…睡眠のリズムが狂うのであまり夜更かしはしたくないんですけどね。


【追記】フィギュアの団体のことなんだけど、王子(羽入君 )の時代が来たなって感じです。自分こそがチャンピオン!️って感じの堂々たる滑りでした。氷上ではなんてセクシーなんでしょう〜(ワタクシの回りには賛同者がいないけど )

皇帝(プルシェンコ )は流石の風格で興奮したけどジャンプの度にヒヤヒヤでした。皇帝は 【若い時の自分のようだ】と王子を絶賛しています。

いつも 【びっくりしたような目の 】パトリック・チャンは、王子の存在が脅威だと語っています。自ら重圧に押しつぶされた感じでした。まぁ男子シングルではきっちり決めてくるかもしれないけど、ソチの女神は王子に微笑むことを確信しています。

posted by ちぃさま at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | その他日記 | 更新情報をチェックする