2019年03月19日

宙組 群盗

ワタクシ的スタンスとしては、やはり初恋の七海ひろきが一番。七海ひろき氏退団後は何人かのお気に入りを楽しむ感じかな。


DF962A38-D3ED-40FC-966E-2BEEC154B442.jpg

そのお気に入りの最右翼、宙組2番手  芹香斗亜。(愛称  キキ)宙組は3つに分かれて公演しておりまして、芹香斗亜が主演のシアタードラマシティ公演【群像】を観劇。


FF08E7D6-7326-4E0F-80F1-A80CCDB6A833.jpg

18世紀後半に書かれたドイツの戯曲が原作。予習のために購入するも、戯曲を読むことが始めてな上に、18世紀後半に書かれた原作を翻訳したのが1950年代の古い仰々しい文体でワタクシには読めませんでした。

DF1E2D96-9BBD-4C6A-9328-F33039C11C44.jpg

梅田芸術劇場。上階はホテル阪急インターナショナル。

D21F2B83-9C4D-43EC-9C58-A668E4B8D799.jpg

地下のシアタードラマシティは1月に続いてです。

D4C558C5-7B34-4B2E-8533-98806697B7A7.jpg

今回緞帳が新しくなったようです。
ADE3302C-D814-4EA9-95FD-D42C1A507A05.jpg
内容は宝塚らしく青春群像活劇で面白かったです。原作者シラーが作詞したベートーベンの第九や、月光といったクラシックをアレンジした音楽も合ってました。

やはり芹香斗亜さんの顔と声が好きです。脚長くてカッコいいし、歌上手いし、前回の大劇場好演ではドSねっちり権利者を貫録たっぷりに演じていたのに、貴族のキラキラ王子様もバッチリ。これからトップになられるだろうし楽しみなスターさんです。


現在5組の宝塚観劇ファンション制作中のワタクシ・・・

DFF60BFF-1AD2-4C7F-851F-C0D105913154.jpg

組バッグ。生地のタイトルがCosmos (宇宙)

D67C6EC9-6E14-46EE-A5B6-57571CA1DA56.jpg

ナイロンの裏地とポケットも付けました。



【元トップスター脱税】

三か国ツアーから戻って飛び込んできたニュースはギョ!とするインパクトがありました。

​会(私設フアンクラブ)・代表さん・お茶会・会服・会総見・入り待ち・出待ち・ガード・ギャラリー・お取り次ぎ・お花代・チケット出し・白封筒・・・

2年もヅカフアンやっていると、宝塚とファンとの関係や風習について人に説明できるくらい詳しくなりました。

オフィシャルの宝塚友の会は単なるチケット購入のチャンネルのひとつで、2ヶ月毎に送られてくる会報はチケット販売のスケジュールのみ。

トップスターであってもフアンクラブは一人一人ごとに私設で、【会】の代表なりスタッフが、つまりフアンがスターの付き人をやり、会員のチケット取り次ぎをし、お茶会と呼ばれるフアンミーティングを運営し、会場でグッズを売り会の運営(経理)を担う。

【会】で取り次いだチケットは劇場で堂々と配布されています。東京宝塚劇場は狭いので入り口脇でやってますが。初めて宝塚大劇場に行った時、シャンデリアの通路脇に、生徒(タカラジェンヌのことは生徒と呼びます)の名前を書いたプラカードを掲げて、募金箱みたいな箱(チケットが入っている)を持ったご婦人がズラリと並んでいる光景に驚きましたもの。


ワイドショーで面白おかしく取り上げられていたみたいだけど、宝塚をスターを愛するファンが支える文化って独特でいいなぁと思いますけどね。

ワタクシは誰の会にも入らないけど、【お茶会】は会員以外でも参加できるので、行きたいなぁと思うこともあります。


当時書いたものだけど、もはや話題が古すぎる。今はなんといっても、花組トップスター明日海りおの退団発表ですね。


posted by ちぃさま at 08:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

隠岐の島水産

【CASANOVA 】のイタリアから2カ国目への中継地に向かいます。宝塚から阪急急行で30分  梅田からもほど近い十三駅。トミかと思ったらジュウソウでした。


こちらも大衆酒場のメッカだとは聞いていましたけど、改札口の目の前が飲み屋でした。

74E4B5A1-B420-425B-954C-7B55C37BCC44.jpg

向かったのは・・・

A2B312FA-A08D-41E9-9D1E-839C1CCE32AA.jpg

【お刺身立ち呑み  隠岐の島水産】

410D8ABA-9947-4ED6-8238-40591F53B86A.jpg

飲み物は現物が出てきて、食べものは食券がわりのカラ瓶。なんか面白い自販機でした。


89D80EAE-D0B0-489E-9C94-9944E7B0749F.jpg

肴は魚に特化した狭い店内です。

8990953F-F1DA-4D3A-9DC0-E3BB6D9BF751.jpg

お刺身盛り合わせ500円。う〜ん期待が大きすぎたか?

45F3EA9E-A464-48A6-BE4F-B27E46ABE47F.jpg

名物漁師汁。下に大きな身も入ってました。味も魚エキスも濃いです。

となりの大衆酒場も賑わっていましたけど、一人では座るお店にはどうも入りづらくて、その場しのぎな立ち飲みを好むわけなんです。








posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 旅&城(大阪・滋賀) | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

すみれシチュー

宝塚105周年記念メニューすみれシチュー。

3CB37FAF-0B46-4BB0-82DB-DFA3DDE69ECF.jpg

宝塚大劇場HPより。出たぁ〜ぎゃ〜😱

宝塚大劇場レストランフェリエにて期間限定提供中。正月に鳴り物入りで登場した時は、そのあまりの得体の知れなさと、5組のイメージカラーの毒毒しい着色に騒然。すみれの名前が付いているので、ワタクシ的にはラベンダージュースの洗剤みたいな味を連想してゾッとしたけど、すみれの正体が紫芋ピューレとわかり、逆に食べたくなった。



00E36BD6-9B6C-4DB1-B437-EA798D2D388E.jpg

宝塚大劇場の中の大劇場改札の隣にある、宝塚ホテルが運営するレストラン。今回初めて15時からの公演を観るので、時間的に機会がありました。他にもレストランやカフェがあるのだけど、劇場内の飲食店を利用すること自体が初めて。

54FA8C26-D967-4CB7-9A95-D26B6A2A168A.jpg

すみれシチュー   1600円(サラダ付き)

デザート・ドリンクセット付きもあります。

077FACC7-74B0-4D7B-90F7-8FE4CAAC267E.jpg

味はチキン風味のクリームシチューで、芋の風味は感じませんでした。シチュー自体久しく食べていなかったので普通に美味しくいただいた。バターライスとも合う。鶏肉やミートボールがゴロゴロ、付け合わせの下にポテトで結構なボリュームでバターライスを残したほど。

皿が異様に大きいのです。バターライスは丼一杯分はあります)


96029283-A1E5-4BE6-A369-E52ADADB38DE.jpg

7B9E6716-FDEE-4E98-BB30-6B8BBE64E0D0.jpg

付け合せと添え物は箸袋のマークと同じ並びです。箸袋の左端の専科は無視して、左から花組ピンク・月組イエロー・雪組グリーン・星組ブルー・宙組パープルです。

4E0EB3C7-3411-4683-A37B-7A3A916FDEBA.jpg


ある意味すごいアイデアで考えた人に敬服するけど、青い食べ物は気持ち悪い、せいぜいカクテルがいいところでしょう。


F3173814-40A7-4D48-9667-BB792D2334AF.jpg

沢山のショップがあり、テーブルウエアもありめす。このお皿いいなぁ。



posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

花組【CASANOVA 】

すす2月に宝塚三か国周遊ツアーしてきました。

1カ国目はイタリア。花組公演  祝祭喜歌劇  CASANOVA

4CFF37FB-E9E9-4FD5-BD3B-0C9E8AB7C972.jpg

ワタクシが宝塚観るようになってから一番好きなポスターです。主演はもちろん明日海りお(みりおちゃん)と仙名彩世(ゆきちゃん)

B3F4D2F5-1523-4873-AA3C-3B67A8D9C5F6.jpg

1月に続いて宝塚大劇場

29317C09-9253-4BB6-BE8C-C994FF1F4C76.jpg

2F4FDF06-3670-499C-B076-C8434E247166.jpg

宝塚大劇場ならではの豪華シャンデリア。

立地は良いもののビルの中の東京宝塚劇場とは違い、神戸からも大阪からもそれなりに遠い、だからフアンは【ムラ】と呼んでいる宝塚大劇場は、レストラン・カフェ・ショップ・コスプレ写真館・宝塚記念館  歌劇の殿堂・・・宝塚テーマパークです。

朝6時半に家を出て、9時千歳発の神戸行きは機体の除雪のため30分遅れで神戸空港11時半着。ポートライナー・阪急と乗り継いで大劇場に着いたのは13時近くになっていました。11時の回が上演中なので人が写っていないわけなんです。

(伊丹空港なら宝塚まで近いです)

7E55F821-D8B9-4E8F-94A9-25F0FF764201.jpg

ベネチアを舞台に、稀代のプレイボーイ  カサノバと取り巻く人々。ショー無し二幕全編祝祭喜歌劇です。革命も戦いも無く誰も死なず悪人もいない。ひたすらキャッチコピーの【人生には恋と冒険が必要だ】な美しく華やかな世界が続きます。

珍しく最後はカップルがたくさん誕生して、世界的に有名なドーブ・アチア氏が作曲した音楽が、宝塚にしてはリズムの効いていて本当に楽しくて、ずっと美しい絵画をみているかのよう。今の花組体制の最後の、嵐の前の静けさとでもいいましょうか・・・


本作は娘トップの仙名彩世さんの退団公演なのですけど、本当に素晴らしいトップコンビです。歌・ダンス・お芝居どれも秀でたゆきちゃんがみりおちゃんの相手役になってよかったなぁと思います。

今回は阪急交通社のエレガントプランの11列目センターエリア席。とても観やすかったです。やはり席は重要ですね。いつもこれくらいの席ならいいんですけどね。


E82A9988-DB23-46BF-9F73-DAA89D796089.jpg

とにかくポスターの画像が好きなのでファイルとメモパッドとハガキ購入。ハガキは館内の郵便局から年賀状を出しそびれた友人にバレンタインデーに送りました。宝塚大劇場オリジナル消印で届いたことでしょう。

パンフレットはこれまたワタクシがこれまで購入した中で最強の萌えで、明日海りおのヴィジュアル美満載でした。

2番手柚香光ちゃんは、野心家権力者役でマントさばきや歩き方にも大物オーラが漂っています。全国ツアーではこの方が近づいてきて、手を差し出したワタクシ…なんという度胸かとあらためて驚く。ワタクシもうどんな告白もできそうな気がします( 笑 )

0DC9B312-45B1-4ECE-A12F-FDAA16D1502D.jpg

本公演後に月組に組替えになる鳳月杏さま。1月に星組観た時に、花組のお稽古入り待ちしまして、その時の鳳月杏(ちなつさん)があまりに素敵で特集本を購入していたのです。実力もあり大人な雰囲気で素敵な方なんですが、今回は女役でエキセントリックな妖艶さが圧巻でした。

東京公演後に月組に組替えになってしまうのはあまりにガッカリです。月組って唯一見る気がしない組です。ちなつ様を人気のないトップスターの下支えに使うなら見に行かない。


カトルレーブのすみれ色の袋がどんどん溜まってきます。ホットヨガのお稽古着を入れに使っています。

というわけで遅ればせながら、ワタクシの今年の本テーマが決まりました。

​❣️人生には、恋と冒険が必要だ❣️
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

ラーメン滑走路

帰りに福岡空港でラーメン

3C8C9313-8838-4631-B89D-D0354951FBF6.jpg

10店舗ほどのラーメン店が並ぶラーメン滑走路。福岡・九州縛りではなくて全国の、北海道では弟子屈ラーメンがありました。


【ラーメン凪】

C5DA7C24-6821-4320-B94D-F904E56E7E1D.jpg

並んでいないお店を選んで入りました。東京圏のお店のようです。席には一人一台ずつタブレット設置。食券のQRコードかざして、スープの濃さや麺の硬さをタッチします。

E48FE143-5831-4C7E-9EDC-6F86B2C6920A.jpg

レーンに乗ってラーメン到着。まさに滑走路。別に全店がこのシステムではありません。

701FCDB1-2137-44AB-AA98-A3FB9FF32FC5.jpg

煮干しラーメンがセールスポイントのようですが博多なのでとんこつを。逆に博多以外ではとんこつ食べたい気分になりませんから。

58D94D30-1811-4EE9-9D1D-82AFACAA6907.jpg

追加注文のページもあります。


E5DE1663-E7B3-4996-A238-F0542B87D9CD.jpg

年齢まで正直にお客様アンケートに回答した律儀なワタクシ・・・

福岡空港の空港ビルも楽しくて好きです。
posted by ちぃさま at 00:24| Comment(0) | 旅&城(福岡・鹿児島) | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

福岡城の梅

同じ寒さでも更に日が短く寒くなる時期とは違い、日も長くなり春を迎えようとする今の季節は、一年のうちで一番好きとは言わないが一番期待に満ちた時期かもしれません。

というわけで春を告げる梅。2月16日福岡にて。
EF759E0B-3530-4392-97B5-526074C26C19.jpg

福岡城址を中心とした舞鶴公園は桜の名所。見頃には早いですけど嬉しい。ちょうど今が見頃です。

298306D6-914A-4E89-B329-0A0208F16564.jpg

梅観賞は久しぶり。

2FE756EA-B17B-4413-A799-76702360E48F.jpg

桜みたいだなぁ

8A50F61A-54FC-49D7-BF57-A18FEE5153E2.jpg


枝垂れ梅なんてのもあるんですね。


E99FD51F-53AE-46A7-8CCD-02F9E61A8BC7.jpg


梅と石垣。

日本は広いなぁというか細長いなぁというか正に花札どおりだなぁと感心した。


F77F92DF-762B-4811-9BDE-E9174880FE10.jpg

1月松、2月梅、3月桜、4月萩・・・覚えています。子供の頃弟と花札遊びしていました。梅というより【あのよろし】と呼んでいた。懐かしくて探してみたら、なんとびっくり仰天したことに【あのよろし】ではなく【あかよろし】だと言うではありませんか😨あきらかによろしの意味だとか。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(福岡・鹿児島) | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

日比谷ミッドタウン立ち飲み

ファントムのチケット代が高くついたので、余計なお金使わないように日帰りを考えるも、東京の最強の常宿が取れたので、飛行機遅延リスク・お疲れモードによる爆睡リスクを回避するべく前泊の日程としました。

09A0B670-A344-4E05-9B74-9389B06CA200.jpg

東京ミッドタウン日比谷。となりの先端にタワーがある建物が東京宝塚劇場。ミッドタウンと宝塚劇場の地下はTOHOシネマで繋がっています。


前日 日暮里繊維街行った帰りに、先にパンフレット買おうと劇場内の公式ショップ【カトルレーブ】に行きました。結局パンフレットもグッズも買わず、そのあとは歩いて【銀座ウエスト】で優雅にお茶する予定だったけど、疲れたので歩くの止めて初めてミッドタウンの中に入ってみたわけなんです。

【三ぶん】


E13CC90A-F135-41F6-9532-1B6BB92E9E2B.jpg

上階はオフィスで、商業棟もワタクシ的にはそんなに見所無さそうですけど、飲食店は充実しています。最近めっきり酒が弱くなったワタクシ…観劇の支障(爆睡)になるようなことは、今回は一秒足りとも厳禁なので立ち飲みの予定はなかったけど・・・3階に立ち飲みを発見してしまいました。


45A27595-33CD-40ED-9F80-D98B9A02877F.jpg

日本酒はどれも500円。量少ないですしね。

66496502-0B94-4250-A347-868FE95080E1.jpg

シメサバ

【喜久やTOKYO】


1D250771-EA15-4529-AAEF-88568AF05C72.jpg

立ち飲みの伝道  “ちぃさま”

調子に乗って2階の立ち飲み天ぷらのお店に。

404793A8-E782-40B0-B895-ACD0FEC8CA54.jpg

ビールとポテサラで天ぷらを待ちます。

039E243B-1DBA-4B6E-AE4F-1BA5DA1DDA2B.jpg

旬のメニューより、わかさぎと安納芋、人気の大根も。大根はおでんを天ぷらにしているのだけどパリパリの薄い衣が分離してしまい、おでんで食べた方がよかったかも。

これで引き上げます。

DFCA356E-C2D2-4648-B39E-4FDD170FB67F.jpg

外はピンクのライトアップ。それはそれは綺麗でした。




posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(東京) | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

雪組 ファントム

実は3連休の前の週土日で遠征してました。

901CE7B8-054A-4A83-BEF6-8FDDDB915CB8.jpg

東京都心の一等地に位置する 東京宝塚劇場

向かい(前方)は帝国ホテル、右側は日比谷公園、後方は皇居に続く、左側は日比谷シャンテ、さらに高架を越えたら銀座です。劇場に向かう時はインペリアルな高揚感に包まれます。

ECE717F5-96B9-411A-9B25-4C1F5698D5C6.jpg

ただしビル内に劇場があるだけで味気ないです。観劇したのは【宝塚友の会】公演。ワタクシも友の会の会員なんですが他人名義のチケットです。つまりあっと驚くほど高額な転売チケットなわけです。どうしても観ないと後悔すると思ったのです。


BBEE8388-E5B2-4B9A-AEB6-8CAF2914F62B.jpg

三井住友VISAカードミュージカル【雪組公演  ファントム】


劇団四季でもお馴染みの【オペラ座の怪人】と【ファントム】は同じガストン・ルルーの原作ですが、まったく別の作品。以前劇団四季で観た時の暗い印象とはガラっと違い衣装もセットもそれはれは華やかな舞台でした。


570C9D70-CAD1-4E15-AA78-9EA5D2011491.jpg

Phantomの文字が煙のように流れて、映像は動画となりオペラ座の地下の水路に、観客を誘います。

宝塚を超えた!空前絶後!と様々なレビューでは驚異的なトップコンビの歌唱力と雪組の大熱演は絶賛し尽くされているので、何も付け加えて言うことはないです。

強いて言えばこの先何年後かはわからないけど、宝塚ファンは【雪組ファントム】を観た人と観なかった人に別けられるに違いない。それくらい伝説になる作品。観客は歴史の目撃者となったのだ。

とにかくトップ望海風斗(のぞさま)と娘トップ真彩希帆(きいちゃん)の稀代の歌うまコンビに尽きる。主演の怪人 エリックを演じたくて研鑽を積んできたのぞさま、元々美声で滑舌も良く低音から高音へ声量豊かに流れるようになめらかで、大熱唱なのに聴いて心地よく、歌のストーリー性をダイレクトに伝える。天使の歌声 クリスティーヌを演じるきいちゃんも美しく慈愛に満ちた歌声は天使そのもの。

一番凄いのはこれだけの大熱唱の公演をインフル吹き荒れる中、東京公演だけでも40日間で1日2回公演含む全58回、全てシングルキャストで高いクオリティで演じきったこと。

望海風斗(のぞみふうと)=喉美風斗(のどみふうと)ですね。もしももしも東京五輪セレモニーで宝塚がかかわるなら、このコンビしかいない。

CA04C209-8CF3-47E7-AF53-FBD686F1B9D2.jpg

ショーはなくミュージカル一本物の大作です。二部の幕開き。厚いコーラス、細やかな情景、豪華な衣装、目にするもの全て有難や有難や〜。

ダンスもカッコよかった。  特にエリックの従者・特にのぞさまと同じ学年の沙月愛奈さんの冒頭の高速ピルエットターン、5回転回った?


エリックの父親役  2番手彩風咲奈は抑えた重厚な役柄で重要な役。舞台での見栄えには惚れ惚れする。暫定3番手?の彩凪翔のフィリップ・シャンドン伯爵は、その名の通りシャンパン(モエ・エ・シャンドンのこと)で財を成した貴族のキラキラの相続人そのもの。今回一番宝塚的な萌えを感じたかな。噂に聞いていたフィナーレの銀橋でのウインクはオペラでロックオン。

ワタクシ的に若干ケチをつけるなら、主人公をイビるトウの立ったお局 のカルロッタが出すぎ。前半はヒロインより出番多いかも、しかもやかましい。それとエリックの母親 ベラドーヴァが天使の歌声には聴こえなかったことくらいですかね。


一本物は最後のフィナーレでプチショーみたいなものがあります。本編は主役の2人が上手すぎて逆に宝塚萌えしなかったので、本編から続くような楽曲とヴィジュアルで、エリックの思いが成就し祝福されるようなデュエットダンスが良かった。


友の会公演では最後に組長とトップのご挨拶があり、いつも決まった挨拶のようですが2月3日だったので、のぞさまから【皆さまに福が訪れますように】お言葉のサービスがありました。


87B997D8-768D-4B87-9440-244EA25E3CB5.jpg

真っ直ぐ空港に向かいます。羽田空港の歩道エスカレーターのところ。VISAカードイメージキャラクターのトップオブトップス  花組の明日海りおちゃん。かわいい。

今回はチケットが高額なので(金額はとても言えないさ)ANAマイレージを利用。

9AD447B3-246E-4C2D-82AF-FC169B8EC719.jpg

帰宅したらコート脱ぐ前に宅配便。阪急交通社様からの次回観劇予定  花組【CASANOVA】のチケットが到着しました😍封筒の阪急交通社のイメージキャラクターは宙組  芹香斗亜さん。

同封のポストカードは劇場で160円で売っている物よりも紙厚くて立派です。




posted by ちぃさま at 07:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

札幌演劇シーズン2019冬 贋作者

最近は平日も休日も同じ行動パターンになってしまっているワタクシ…これは脳の老化らしいと聞いて焦りました😱ルーティンを変えたくない理由は山ほどあるけど、すんなり老化モード移行にも抵抗があり、相当な無理をすることを自分に課しました。


6B37FCB9-ED35-4E94-8DCF-A5E4A3DF458A.jpg

(どこから引用したのかわからなくなりました。無断転用お許しください)



66FB1E33-0583-4212-B96B-1843F268A480.jpg

というわけで【いつもと違う場所に行く】実践しました。

【札幌演劇シーズン2019-冬】
演劇鑑賞にチャレンジしました。大通駅の情報センターで入手したパンフレット見て選んだのがコレ!

劇場千年王国  【贋作者】教育文化会館  小ホール

AC9077E3-1255-48D2-915F-61A33C73618A.jpg

ローチケで取ったら最前列のセンター!

とは言っても元々演劇には興味なく、何故かというとワタクシは人生という舞台を演じる女優・・・という自負があるからなんですけど( 笑 )行くの大変だなぁ〜だけど最前列の空席は失礼だと発券したのは当日でした。平日に仕事帰りに地下鉄乗って演劇鑑賞するなんてスゴイです💪

55EAC3CF-CF38-4BF6-AC24-84D6D18E8EAA.jpg

とっても面白かったです(いつもボキャ貧なワタクシ…)

明治の初期、文明開化の時代の浮世絵の贋作をモチーフとしたもので、冒頭でオスカルが出てきたのにびっくりしたのと、まくしたてるセリフのいくつかは聞き取れなかったものの、総勢9名のキャスト、最大限の効果の舞台セットの世界を飽きることなく鑑賞しました。あっ女優さんって感じましたもの。

終演後はキャストの方々がホールにいらして、お知り合いの方と挨拶なんですが、せっかくなんだからと主演の方に、【楽しかったです】とお声かけしました。【えっ?】と聞き返されたほどたどたどしい物言いしかできないワタクシなんですが、タカラジェンヌちゃんに手を差し出して度胸がついたようなんです。もしかしたらワタクシ…これからグイグイいく人になるかも知れません。もしそうなったら自分で相当驚くと思いますけど。


※もし宝塚で最前列を体験できたら・・・と妄想に耽る。



1236A1A7-326B-431C-A324-6CEDFB18EE4E.jpg

大通会場の端なので市民雪像が並んでいました。サッカーJ1強豪チームのコンサドーレ札幌 のボランティアスタッフによる、ミッドフィルダー  タイの英雄  チャナティップ    似てる?


34320BCB-62E2-489E-A551-CAB1A24002E8.jpg

雪像見学する気力も無く電車に向かい帰りました。





posted by ちぃさま at 00:00| Comment(4) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

遠征費用

今年は宝塚関係の支出を記録することにした。

【交通費】19010円
スカイマーク 千歳空港〜神戸空港                 6770円
ANA.             神戸空港〜千歳空港               8370円
札幌JR・ポートライナー・阪急電車               3870円

【宿泊費】12500円
三宮ホテルトアロード                                 6300円
アスティルホテル新大阪                              6200円

【飲食費】5000円
スタンドクラシック                                     940円
ラーメン奥                                                 780円
にしむら珈琲                                              800円
たけ井つけ麺                                              910円
その他

【チケット・グッズ】21060円
霧深きエルベのほとり                                8300円(手数料無し)
宝塚グッズ                                               1760円
オンユアフィート                                      11000円プラス手数料忘れた。



飛行機もホテルも安い時期で助かりました。そのかわり寒いです。ホテルは朝食無しでこの飲食費用とは随分倹約したものです。旅行気分はありません、遠征ですから。



【ラーメン奥】

91780943-CC84-4DED-99C8-6592B06903F3.jpg
B1BACE47-A2A9-42A6-8A30-2FD9A9417F0F.jpg

数年前にも行きました。ヴィジュアルは今ひとつですが洗練されたちょっと蕎麦汁みたいなスープでした。

【ホテルトアロード】

123CCA45-40E7-4ACA-9538-701C89E127F5.jpg
C254A831-CE78-4160-BB4E-C3D51ACA296A.jpg
2DB4D10A-66C6-4E71-B38A-7CB861042C1F.jpg

ここには良く泊まります。建物は相当古く部屋の鍵もガッチャン🔑ですけど、部屋は広くてリニューアルされています。

【にしむら珈琲】

62433835-06BB-4FCD-8239-0BB86E0A4DCD.jpg

朝はホテルから歩いて老舗珈琲店でモーニングメニューのフルーツセットをいただくのが、神戸での儀式となっています。しかもワタクシには異例の喫煙席で。だって禁煙室は後から付け足した狭いスペースでまったく趣きがないので。

【アスティルホテル新大阪】

7F609B26-8F8A-4722-B45F-11E687E44E95.jpg



阪急三国駅。梅田芸術劇場の観劇に備えて、宝塚から大阪に移動。節約のためには梅田だ難波とか拘りません。梅田に向かう土地で下車、駅から近い、新しい、大浴場あるし快適でした。

サンテフル三国という昔ながらの商店街の入り口にあり、自転車屋さん、金物屋さん、寝具屋さん、総菜屋さん、豆腐屋さん、コロッケ屋さん・・・いいですね〜イオンなんて要らない。

【麺屋たけ井】

3D812C15-13EB-434F-B250-0D9240D0AE32.jpg
FCA8A1A9-9538-44AE-85DB-D5877636A4E8.jpg
A3BDCBDE-9D06-4910-AFD5-0A7D4087B21E.jpg

梅田芸術劇場からは阪急電車で三宮に向かいました。梅田駅の改札の中にある人気店。常に行列だけど回転速いです。先に外の券売機で買って店員さんに渡し、席に着いたら着丼。【つけ麺並】全粒粉入りの食べごたえのある麺には納得。


【ポートライナー】

B80753D5-9931-4A90-9471-75408205D959.jpg

えへへ〜空いていると前の席に座って目の前に広がる景色を楽しみます。お子さまみたいですが。

【今年の目標】
★宝塚が絡まない旅をする

★日常の決まりきったルーティンからの脱却

★スカートを履く。

数年前にまでは冬場でもスカートオンリーだったワタクシ…自分でパンツも作るようになってからは、その心地良さにパンストやタイツのピタピタ感が耐えられなくなりました。タイツ替わりのステテコ兼ももひき(ペチパンツ)も作りました。昨年スカートも2着作ったのに1回しか着用していない。たまには女の子らしい服装をする人になりたいです。あともう少し化粧も・・・




posted by ちぃさま at 08:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

オンユアフィート

宝塚大劇場観劇の翌日は梅田芸術劇場へ


E081208F-0022-4B39-B0B0-76CB13B96660.jpg

ミュージカル【オン・ユア・フィート】

珍しく宝塚以外のミュージカルです。とは言っても梅田芸術劇場も阪急電鉄グループで、主演は17年11月に退団した元宙組トップ   朝夏まなとさん。(愛称  まぁさま)

残念ながら在団中は観ることができませんてましたが、スタイル抜群(特に脚の長さ)のダンスの美しさと素敵なトップさんでした。

お顔も丸みがあって目が大きくて猫ちゃんみたいで、退団後の女優姿が違和感ないだろうなと思っていました。

73882F87-E996-4D5F-AF33-08FC6563004D.jpg

会場は【梅田芸術劇場  シアタードラマシティ】

梅田芸術劇場はメインホールとの地下のシアタードラマシティの二つの劇場。メインホールの地下聞いていてなんか閉塞感を予期していた。

CC83F236-6A31-4818-AEAC-EE3D91ED2F99.jpg

隣のホテル阪急インターナショナルのアーケードから降ります。客席差の高低差がしっかりある天井の高い観やすいホールで心配は杞憂に終わりました。

D1A67A24-1C1C-45F9-B421-D1CF8AC6206D.jpg

右上段にミュージシャン。

FF263C65-0E44-4FFA-B994-11BBEBED258C.jpg

グロリア・エステファン、夫のエミリオ・エステファン共にキューバからマイアミへの移住者。エミリオのバンド   マイアミ・ラテン・ボーイズに加入して成功までの道のり。エミリオの家族との絆と葛藤を主軸に、最後はグロリアが交通事故で重傷を負い復帰(自分の足で立つまで=オン・ユア・フィート)

とにかくライブコンサートのような楽しいライブでした🎵ジュークボックスミュージカルというのだそうです。

生演奏のラテンミュージックに乗せて朝夏まなとさんの伸びやかな歌声。これでもか!ってほどの長い脚(ミニスカートの披露がなかったのは残念)

グロリアの祖母を演じる久野綾希子さんは長く劇団四季の看板女優だった方、そしてかつてはスターを夢見ていた母親役は元雪組トップスター、一路真輝さんの歌が凄かった。昨年10回目の上演【エリザベート】の初代トート閣下。今回観たあとで2014年宝塚100周年イベントの放映を観たのだけど、トート閣下【ラストダンス】のパフォーマンスは圧巻でカッコよかった。年を重ねて本物の芸で輝く方って尊敬しちゃいます。

男性の役者さん、エミリオ役の渡辺大輔さん、長身のまぁさまとのバランスも良い素敵な方でした。





posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 音楽・ライブ・観劇 | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

星組 霧深きエルベのほとり

ヅカ初詣

478ADB63-78DD-4241-9199-F81CECC3B340.jpg

スカイマークで神戸空港へ

E97C825A-F936-41D4-B163-0E93E28ED40A.jpg

神戸三宮の呑み屋街の真ん中の由緒ある生田神社。初めて行ってお参りしました。

49CAD652-EF66-42C6-8B60-197DC41A1D3C.jpg

油絵ぽい巨大絵馬。このパワースポットが数時間後に、凄まじいご利益をワタクシにもたらしました。

6B8B1E13-B830-428E-B6CD-A3087DD78690.jpg

宝塚大劇場。数えてみたら6回目でした。

88444F0C-ECCB-47E6-BBD2-8083458846FC.jpg

今年は大々的に105周年モードのようです。


13C3EBB1-A0BB-430D-9CBC-B974AB741019.jpg

【霧深きエルベのほとり】

昭和の劇作家の巨匠  菊田一夫氏が宝塚のために書き下ろした作品で、初演は1963年間で今回は36年ぶりに再上演。

昔の名女優、例えば森光子はよく菊田一夫先生と語っていた記憶はあります。


6E9706BB-1C44-4560-9C89-6ADDF3386BE1.jpg

公演をイメージしたお花。

物語はドイツ ハンブルクを舞台に船乗りと名家の令嬢の悲恋。冒頭のビア祭りの盛り上がり群舞や、名家の邸宅など華やかでテンポよく飽きない展開です。古めかしいとの感想に期待しなかったけど、服を着物と言うセリフ以外は違和感なく、むしろ古き良き時代というか良作です。細やかな心情が描かれてお芝居物として良かったと思います。トップの紅ゆずるが意気がって荒っぽいけど、繊細な青年を好演しておりました。


5C4B12A7-B776-4DDF-8050-E16B50A61915.jpg

後からだと混みそうなので開演前に七海ひろきポスターカレンダー、明日海りおクリアポーチ、紅ゆずるチケットホルダーを購入。3点で1760円。

ワタクシのヅカ初恋の七海ひろきさんの最後の公演なのです。主人公の船乗り仲間をデニムにブーツの素敵な衣装でカッコよく演じていました。いろんな場面で心ある演出がされていて、最後は「あばよ」とカッコよく風のように旅だって行かれました。


5BAB27F4-37B7-406C-BFBC-75AFC22330C0.jpg

二部のレビューショー【エストレージャス  星たち】

今回はS席24列目、2列後ろはA席で2800円安い。ハズレ席だなぁ〜と行く前はモチベーション上がらなかったんだけど、まさかの神席でした。


夢が叶った           ❣️❣️❣️❣️❣️❣️❣️

七海ひろきと       ❣️❣️❣️❣️❣️❣️❣️

握手                       ❣️❣️❣️

​(文字数が773  ななみ)
ワタクシの最強の萌えジェンヌの七海ひろきさん(愛称  カイちゃん、お兄さま)SNS情報ではオープニングの客席降りでは上手の一番後ろまで来るとありましたが、ポジションチェンジしたのか?ワタクシが座っている下手通路を走ってきました。

ちなみに上手は舞台に向かって右側、下手は左側です。ショーの客席降りとは半数ほどがステージから降りて、一定間隔で配置された通路の持ち場で踊って(身振り手振りって感じだけど)、周りの客に愛想振りまくファンサービス。客席降りしないショーもあります。

お兄さまは、 たぁ〜と走りすぎて多分一番後ろまでファンにお姿を見せてあげたのでしょう。立ち見客とハイタッチなんぞもしたのかも。戻ってきてなんと24列目ワタクシの真横に止まったのです。24列目がお兄さまのポジションだったのですね。

この時もワタクシ福岡の花組公演と同じく通路席ではなかったのですが、天から降ってきた最初で最後のチャンスを逃すはずありません。福岡で度胸もつきました。こちらに目を向けた時に差し出したワタクシのゴツい手を、お兄さまは正面からがっちり握ってくれました。その2秒か3秒はワタクシだけを見てくれたのです。ワタクシのありがとうの声が届いたかはわからないけど・・・

後日、通路席以外の客は握手を求めないのがマナーと知り赤面ですが、マナーを知っていてもワタクシは手を差し出したことでしょう。

至近距離でお兄さまの御姿をしばし拝見できるなんて、信じられないことでした。ジェンヌさんには何故か女子力満開のワタクシ…幸せすぎます。

ショーは正月に放送されていて、やたらとJポップが多く、しかし一曲たりとも私はわからず、唯一【今夜はエンジェル】だけは、昔観た映画【ストリート オブ ファイヤー】で主演のダイアン・レインが歌っていた曲として覚えていました。この曲では星組ダンサー大活躍で、片手を上げながらのピルエット4回ターンには仰け反りました。

実際に観るとテレビで観た時の散漫な印象とは違って楽しくキラキラなショーですが・・・そのワタクシ…お兄さまに握手していただいた余韻でぼーとしていまして・・・右手はシビれるというよりはぼわ〜んと熱を持って痒いような感じで・・・ワタクシ大丈夫なのか?と自分で心配になるほど。


ショーもお兄さまの退団に花を飾るような演出でした。七海ひろきさよならショーみたいな【POP STAR】。初めて観るカイちゃんの黒燕尾、トップ紅ゆずる、2番手礼真琴、3番手七海ひろき3人のシーン。最後の最後で(小さな3番手羽をだけど)フィナーレで羽を背負って階段を降りてくるお姿に感無量💧

すべてが美しくカッコイイ❣️もう七海ひろきを宝塚で観ることはない、男役七海ひろきを観るのも最後、お兄さまだけをオペラグラスで追うこともないんだなぁ・・・本当に本当に愛と夢をありがとう。

今年の初観劇でこんな良い事が起こったのだから、もっと今年の目標なり計画立てようと思っちゃいました。


E4C7322C-B718-4DF5-9E4E-332F7B94445D.jpg
0C51C562-BFEA-44BA-9883-CD56911C1906.jpg

帰りの阪急電車はベルばら車両でした。車内の中吊りや、駅のホームに宝塚のポスターがあります。関西では見飽きた光景でしょうけど、北海道から来るとおおーっ!なります。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(2) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

スタンドクラシック

​旅先でもルーティンもワタクシ…姫路では毎度の日本酒立ち飲み【試】。
ワタクシ的関西の玄関口神戸三宮では日本酒立ち飲みバー【スタンドclassic】


6B9076D1-9316-4911-BE4E-E497838EF2EB.jpg

三宮阪急の高架下。この狭いところにぎっしり庶民的なお店が並びます。

F014D586-7481-40E8-8025-D6F1D54493A7.jpg

ドアを開け階段を上ります。

DE116B6D-CC7E-4465-AD4B-F7AE133ACBE9.jpg

お店へ二階。


5451D920-DBE3-4EF8-B751-F76B42B217ED.jpg

なんともレトロでモダンな雰囲気のある店内です。BGMはJAZZ。


CB1FB140-3E76-472E-948D-E64457FDC9F5.jpg

右のボードを上げればテーブルになります。階段を上って日本酒持ってきます。

D48707C0-CF57-42EF-B12C-A48869D81DD2.jpg

日本酒庫

7401D7D5-A22D-40E4-8E60-DF7D58F77649.jpg

CC5C59A8-1133-43F3-9943-B14457A8CFF0.jpg

359849E1-6CB8-4589-89F1-55A6B5F838E6.jpg

丸いシールは値段毎の色です。蔵までいくのが面倒なので、日替わり?週替わりかわからないけど4種類ほどその場で頼めるおすすめ(安め)を頼んだりもします。

299EE9AD-2FF2-4699-83CC-05722A751FFA.jpg

フードもオシャレで趣味がよい。生湯葉ポン酢と酒盗クリームチーズ。

8AE71906-67AC-43BE-AA09-D2172D441B32.jpg

これだけが今回の写真。本日のおススメのシメサバ刺身は最高でした。ワタクシ…酢と砂糖の効いた白っぽいシメサバだとがっかりなんですけど、これは限りなく生っぽくて血合の色も鮮やかで、どんだけ新鮮なのか?おかわりしたいほどだけど一杯で引き揚げる。





posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(兵庫) | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

2018年振り返りと2019年予定

さてさて今年15周年を迎える宝塚歌劇団。100周年で一気に加速したブームが高止まりのまま、2018年は過去最高の観客動員数を記録。

EF643BB1-D1FA-4DE9-9DED-A8CB54B28B35.jpg

⬛︎2018年宝塚観劇まとめ

1月。東京宝塚劇場  雪組【ひかりふる路/Super voyager 】

2月。宝塚大劇場  花組【ポーの一族】

2月。中日劇場  星組【うたかたの恋/ブーケドタカラヅカ】

4月。宝塚大劇場  宙組【天は赤い河のほとり/シトラスの風】

4月。札幌ニトリホール   雪組全国ツアー【誠の群像/Super voyager 】

5月。博多座  花組【あかねさす紫の花/サンテ!最高級ワインを貴方に】

6月。東京宝塚劇場  宙組【天は赤い河のほとり/シトラスの風】✖️2回(ラムセスリピート遠征)


9月。東京日本青年館ホール  星組【サンダーボルト ファンタジー/キラールージュ】

9月。東京宝塚劇場  花組【メサイア/ビューティフル ガーデン】

10月。宝塚大劇場  宙組  【白鷺城/ダビンチ】

12月。福岡市民会館  花組全国ツアー【メランコリック ジゴロ/エキサイター2018】

11回だけど【天は赤い河のほとり】がリピートのため、10公演。2月と9月は“ちぃママ”親孝行を兼ねて一度の遠征で2作観たので遠征は8回。

好きなスターは次々と各組ごとに増えていきます。なんと言っても【ポーの一族】は衝撃的でした。エドガーを演じる明日海りおが後ろ向きでセリ上がり、振り向きざまに手に持った一輪のバラに口づけ・・・そのまま🎵極上の美〜永遠の命🎵と歌いあげるその声。これが明日海りおか・・・とうとうみりおを観た〜❣️とゾクゾクしましたもの。

最大の萌えは芹香斗亜のエジプトの将軍 ラムセスでした。今一番気になるのは花組のマッスルエリート 水美舞斗(マイティ)。昨年のバウホール主演の【セニョール・クルゼイロ】を観て本気で惚れない人はいないでしょ( 笑 )本当に生で観たかった。



⬛️  2019年予定

これだけハマりまくると冷める日も近い予感?好きなうちは今年も行きます。既に5作品と全国ツアー札幌公演確保済みです。その後はどうしても観たいのは明日海りお 花組。

634F7AAF-CFBC-4290-A177-B67550A2A770.jpg

最初に行くのは元旦から公演中の星組【霧深きエルベのほとり/エストレージャス】

お芝居もショーもあまり期待していないですけど、ワタクシの初恋の人  七海ひろきの退団公演なので見納めです。

あとはやはり宝塚劇場の空間や美しい舞台が【観る点滴、観るコラーゲン】みたいな美容効果があるような気がするんです( 笑 )

ヅカ生活ばかり充実していて、それ以外はますます引きこもりなワタクシ…行動パターンもすっかり決まってしまった。衝動に駆られて土日で福岡遠征するくせに、いつものルーティンを崩す行動力が湧かない。今年は少しもがいて自分の殻を破りたいです( 笑 )

あとはヅカ以外の音楽のライブをそろそろ行きたい。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

福岡城

福岡土日弾丸ツアー2日目。福岡城だけ行ってきました。

CB7E1AEF-A2C7-4CE5-9E6B-C9195E324A96.jpg

地下鉄からすぐの下の橋大手門

1F0E15FE-FA26-4404-AC78-66323242BB09.jpg

内側。

D6821A4F-50E5-4CF3-A2EF-243DB89323C3.jpg

先に進むと平和台陸上競技場。あっ今日が福岡国際マラソンか!そうでした、第72回という伝統ある大会が12月に行われていることは知っていました。

忘れもしない1979年大会。まだ早稲田の学生だった瀬古俊彦の後ろにピタッと旭化成の双子の宗兄弟がついたまま3人の独走。瀬古がスパートをかけて一気に抜けたのは40キロあたりでしょうか?

瀬古がゴール後、スタンド客が前のめりになって差し出す手にタッチしながらのウイニングランは風物詩となっていた。翌年のモスクワ五輪での瀬古の金メダル、いや日本選手の表彰台独占を確信したものでした。ヴォイコットによる不参加がなければ実現したと今でも思っている。

さてさて、福岡城内はとてつもなく広く、大手門から競技場を挟んで城郭群が並びます。

02DA5B1A-2278-4F2B-A028-70408B9B5EC4.jpg


表御門後


DA3D3A85-55E8-4151-BA75-0293CE6CF938.jpg

祈念櫓

7C286FFD-1C5E-4163-91B0-61BF96024801.jpg

裏御門跡

DEF3A5EE-0CE3-4E70-B48E-B7B883199481.jpg

ワタクシ…石垣だけでなく石畳にも萌え萌えする習性があるようです。


9CF95D1F-D7D1-4338-BAE2-AAF7D9460363.jpg

鉄御門跡

48755DAA-37A5-4DB1-BA40-270F8CB8C240.jpg

21BDC4AB-C9D0-482A-8582-447622529887.jpg

多聞櫓

EBB1ED3B-90F9-4A74-8661-4923C6234BE1.jpg

外から。

716DE892-232A-466F-B8DB-9D49930F464F.jpg

とにかく広くていいここまではきたら戻るのは大変。入場したところとは反対側からバスで博多駅に向かった。

EDFDC8BE-CC2B-430E-B1DA-F6CDDA6D272F.jpg

福岡空港のフードコートでうどんを食べ、


78B2C66F-895D-4559-8D21-4CDE004B41ED.jpg

ピーチの機内でワイン。おつまみの量が多いです。

まさか15年ぶりの福岡に一年に2回も福岡に行くとは・・・飛行機は安いし空港から博多駅まで地下鉄2駅と近いので、ワタクシの中では京都に行くよりもハードル低いかも。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(福岡・鹿児島) | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

花組全国ツアー【メランコリック ジゴロ】

11月 にスカステで放映された昨年の別箱公演【はいからさんが通る】伊集院少尉を演じる主演の柚香光(ゆずか  れい)に胸キュンになってしまった。柚香 光主演の花組全国ツアーが始まり、土日で行けるなら!と急遽福岡参戦を決意し、そこそこ良い席が許容範囲だったので一気に転売サイトでの購入、Peach予約、ホテル予約を敢行したのが公演の7日前。

最近おつかれモードなワタクシ・・・こんな衝動に駆られるエネルギーがあったのかと驚く。

トップオブトップス  明日海りお率いる今が充実期の花組は今回4分割。若手メンバー中心の全国ツアーは、SNSでは未熟だの、元々不安視されていた光ちゃんの歌唱力に結構手厳しいコメントも多く、ワタクシ早まったかな〜とチラっと思ったりしたけど、とにかくキュンキュン初志貫徹あるのみ‼️

その結果は・・・​キュン死しました❣️
 
★キュン死ドキュメント★

12月1日(土曜日)

13時30分:定刻から15分遅れで千歳空港発
15時55分:定刻より5分早く福岡空港着。地下鉄で福岡の繁華街  天神駅へ。12月なのに20度に届かんばかりの暖かさ。

行程は順調なのでラーメン食べる時間ありそうです。天神からバスで会場に向かうつもりなのでバス停エリアを歩いてラーメン店を探します。

【楽勝ラーメン】

365708FA-2C13-4E68-87B7-D2596C753DDB.jpg

ぐるぐる歩いてようやく目に飛びきたのが390円ラーメンでした。

705BE614-D560-4BB9-B8CB-21F44FD56284.jpg

弾丸ツアー唯一のグルメらしきものが390円ラーメンでした。福岡でラーメン食べる🍜ことに意味があるんです。

この手のラーメンは替え玉ありき?量も具材も札幌で食べるラーメンよりは貧弱だけど、390円でラーメン屋でラーメン食べられるのは魅力です

ラーメン食べ終えてバス停向かったら、ちょうど目的地行きのバスが来たので飛び乗り、次のバス停で下車。

D92BC1B4-59E6-468C-80F3-ED2397C79001.jpg

南国だわ

832C7EF0-9711-4763-ACAA-3BE00DFB394E.jpg

ここかと思ったら美術館でした。

01347F92-87E7-4E35-A3B5-7FE4D9B58EDB.jpg


福岡市民会館。建て替える前の札幌市民会館みたいな感じですかね?古いです。福岡には博多座という立派な劇場がありますからね。

596F6692-9868-4D03-B9D7-F8253DC8E6F5.jpg


花組2番手(おそらく次期トップ)柚香光主演。後ろは同期の水美舞斗。

18時開演。

前半は【メランコリックジゴローあぶない相続人ー】わぁ〜ワタクシはジェンヌちゃんが目の前の舞台に出ているのを観るのが好きなんだなぁ〜

大学生兼ジゴロに扮する柚香光・水美舞斗コンビのスーツ姿と身のこなしに萌え萌えし、コメディータッチのミュージカルを心底楽しませていただきました。

311B52F7-C492-4316-B66B-9791C847DA43.jpg


さてさて、後半は花組伝統のショー【エキサイター】全国ツアーでは必ず客席降りがあり、今回は【釣り(1人の客に狙いを定める)】が濃厚とは聞きかじっておりました。

4B0736A7-ED9A-46AE-B05F-870EB501759D.jpg


やたらと通路の多いホールだけど、客席降りはセンターエリアの一本外側の自分の席に近い通路でした。ワタクシ10列前後で通路の席ではないけど決心しました。その次の光ちゃんが降りてくる時には【ひとかけらの勇気】を振り絞ってみようと。

さてさて光ちゃんの客席降り。前方で繰り広げられた光景は・・・フアンが差し出されたハンカチを満遍なく美しいお顔に当ててハンカチにキスして戻す(なぜかここでエルヴィス・プレスリーを思い出す、つくづくワタクシって年季入ってるなと苦笑


そして光ちゃんがゆっくり近づいてきました。、思いきってれいちゃんと声をかけ手を差し出したワタクシ・・・

柚香光さん、立ち止まってワタクシのゴツい手を握ってくれました❣️(もしかしたら停止予定地だぅたのかも、じゃあワタクシの手が小道具替わり?)

本当に心から嬉しい出来事でした。今でも思い出すと幸せな気持ちになる。こんなことはもうないでしょう。柚香光さんもずっと私の記憶から消えないジェンヌさんになりました。

本当に楽しく会場も大盛り上がりでした。アイドルにキャーキャーするようなミーハー気分を久しぶりに味わう。

あ〜あ行ってよかった。マイティ(水美舞斗さん)も自慢の彼氏的なカッコ良さだったなぁ。

24708355-6339-4242-9662-014FCB3540C4.jpg

21時終演。地下鉄で博多駅へ。賑やかな筑紫口から徒歩7分だというホテルに向かう。


D43A8166-3AE5-453B-A8D1-0D0533FB7C50.jpg

通常の福岡のホテル事情は不知だが、嵐のライブや福岡国際マラソンと重なり、アパホテル2万〜!とかとんでもないホテル難。いろいろ検索してやっと楽天トラベルで見つけた。

高架沿いに人ひとりいない寂しい道を歩く、バスの駐機場を越え、橋を越え場末感ただようホテルだったけど、8200円→楽天ポイント使って5000円で泊まれたのはありがたい。

翌日は12時の飛行機で帰札。わずか20時間の福岡滞在。今年のヅカ鑑賞の有終の美を飾る。


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

宙組 偉人たちのルネサンス

旅の最終日。


B4DB34AF-B0B2-4C92-8BD9-4ABF22D702AE.jpg

宝塚ホテルから宝塚大劇場に向かいます。

E2A4FEFF-591D-4A4B-A30C-2B0F3151D42E.jpg

ホテル向かいの有名なサンドウィッチ屋さん【ルマン】で地域起こしイベント期間特典500円のセットを購入。

91638555-657F-489E-B7FC-910B6DDC0F57.jpg

宝塚大橋を渡ります。左が宝塚大劇場、右が宝塚音楽学校。ちょうど良いタイミングで濃い臙脂色の阪急電車が通過。通常は先の【阪急宝塚】で降りて花の道を戻って大劇場に行きます。


D0CE3C65-3AFA-43EB-A8E7-E1EE19A66F33.jpg

観劇のみなので天気は関係ないけど青空だと写真が映えます。

B9614C55-DC88-4E08-A292-37BE7FC7C03A.jpg

生徒さん(タカラジェンヌ)や関係者が出入りする入り口。花組組長の高翔みず希さんが出てきました。ビシっとカッコ良かったです。

宙組の入り待ちの時間は過ぎており、お稽古中にの雪組の入り待ちのギャラリー(見物者)がここで待機していました。


FF761C41-8FB3-454C-8BF7-1580E33D0581.jpg

大劇場のとなりに新しい宝塚ホテルが建設工事中です。

684CF3ED-741A-4C49-9E7D-DF3D8902EF5F.jpg
さてさてお目当ての宙組公演。

前半が和物ショー【白鷺の城】

後半がミュージカルプレイ【異人たちのルネサンス】フィレンツェが舞台でレオナルドダビンチが主人公。


77A35E9D-6C22-4109-A514-3E90AFEF1FB1.jpg

チケット購入のために今年の夏に【宝塚友の会】に入会し今回初めて当たりました。16列目なのでまぁまぁです。

782E1D63-1F1B-4C50-96E1-C024D3F21652.jpg

通常はお芝居が先ですが、ショー【白鷺の城】が日本物(和装)なので、準備の関係でショーからスタートです。

感想は省略します。微妙というかあんまり盛り上がる内容ではなく、舞台もフィレンツェ色の暗い色調だし。ちょうど海外ミュージカルの大作の月組【エリザベート】と雪組【ファントム】に挟まれて気の毒ではあります。【宝塚友の会】はワタクシ一番低いステータスなのでチケット抽選まず当たりません。それが当たったということはあまり人気のない演目ということかも知れません。

なんてことしか書けないワタクシ…は観る目が無さすぎです。時代背景、事業家として銀行家として、芸術家のパトロンとして繁栄を極めたメディチ家、宗教、当時の美術の周辺知識を少しでも知っていたら味わい深かったらしい。

前作【天は赤い河のほとり】であれほど芹香斗亜ラムセス萌えしたわりには、ワタクシ的にも盛り上がらずでした。


ただ前回はトップスターの真風涼帆が苦手かなと思ったけど、結構好きになりました。実に麗しく175センチと背も高く、何をしても何を着てもカッコいい。フェアリー系ではなくて絶対王者感というか、トップスターのみが持つ研ぎ澄まされた凄み、静かに迫り来る大人な男の色気とでも言いましょうか?今のうちに観ておかなくちゃ!と思わせるものがありました。

あと妙に気になるスター愛月ひかるさんの専科異動発表はちょっと残念です。


2A76B657-1B47-49A6-8973-4813FD1282A9.jpg

6B1882E0-0D49-426B-8C12-3E02C3D0E998.jpg

幕間にルマンのサンドウィッチをいただく。さすがに美味しい。

654A1093-E0B7-4D25-BAB3-DF2AFB5EBD17.jpg

【白鷺の城】にちなんでもちろん姫路城にも行ってきました


11265CF1-FD9F-4CA9-B08D-9DF05BA7470E.jpg

姫路訪問の際にはイーグレ姫路屋上階からの眺望をお忘れなきよう。

これにて今年のヅカ旅終了。今年7回遠征は多いですね。ここ数年は城よりもライブやアート展を組み合わせの旅が主流なので、ヅカが無くても旅には出だでしょうけど、ヅカが無ければもっと旅も新規訪問ができただろうな。

来年はヅカに費やするお金や時間を減らしたい。遠征は5回までに抑えるつもり。

【追記】いや本当にそう決めたし、今年のヅカ鑑賞の〆として完結していたのですが・・・


posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

宝塚ホテル

旅の終わりは宝塚。

宝塚歌劇団オフィシャルホテル  宝塚ホテルに泊まりました。


B4DB34AF-B0B2-4C92-8BD9-4ABF22D702AE.jpg

開業なんと!1926年(大正15年)新改築を重ねる宝塚大劇場よりも、正に宝塚歌劇団の歴史そのものと言える存在です。残念なことに老朽化による取り壊しが決まっています。


75A4DE54-90DC-4FDF-B047-06E13B2D12C3.jpg


フロントすぐのところに【ポーの一族】仙名彩世さんの衣装

B65B8C53-566A-4759-BBA0-2FDDA3B1E95A.jpg

おぉ〜クラシックホテルのかほりです。


2DDA2E26-CAEB-42DA-871F-7445221DF05E.jpg

クラシカルな=シャンデリア。クラシックのかほりをプンプン嗅ぎます。


2ED2A533-56A2-4972-80B5-0CD43BCE7837.jpg

宝塚大劇場で使われていた緞帳をタペストリーとして使用。


A9715E98-46CC-4808-A7C6-BE83509082A4.jpg

歌劇団の戦前の古い写真なども飾ってありました。

790F679C-506C-493B-9187-5D9BECEC1E4A.jpg

​現在のトップスターのパネル。なぜか6人いますがトップスターは右から5人‼️です。

2E399214-E2CC-404C-99FA-27BE188B525F.jpg
2E719316-9E36-4199-A4A9-D09B90D5874B.jpg


骨董品レベルの古い演目のチラシは時代と歴史を感じます。寿美花代!もありました。左下はベルばら。


C0059140-FA5E-49C9-8D7E-9269EAAE58CD.jpg


フィナーレで使用する【シャンシャン】といいます。


今でも宝ジェンヌさんのディナーショーやお茶会(ファンの集い)は必ず宝塚ホテルです。


A0CD0F25-53CB-4B0A-B511-7470F9237D45.jpg

OH‼️麗しの七海ひろきさんのディナーショーのポスター

EABBEA5F-21F9-4A78-86F3-82382841BEDE.jpg

部屋も古い感じでしたけど、テレビは有料の宝塚専用チャンネル【宝塚スカイステージ】も(突然!)無料で見れます。映っているのは明日海りおさん。

A34F6617-C3C1-42E6-A267-855DBE4E0B9B.jpg

朝は高い天井にシャンデリアのティールーム  ルネサンスで朝食をいただきました。

6F928884-CBE5-4517-993E-F049007E1ED1.jpg

記念と思えば1000円も高くはない。

9B32CCB5-FB14-46A0-B3C5-41DD0B540D9A.jpg

中庭。





posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 宝塚 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

仙洞御所

目的地の定休日や休演日等々で無駄に長くなった旅。半日だけ京都滞在。仙洞御所を見学してきた


01B81B23-93E9-4F01-B5C0-B9A6848D9A8A.jpg

大宮御所と仙洞御所を一緒に回ります。昔は別々の御所でしたが、近代塀が取り払われたためです。

9D05F49D-7D63-434E-840C-7AF2147D4C6E.jpg

建物が残っているのは大宮御所のみです。御車寄

A26337BC-AB0F-46B0-9B7A-B7C03B8465AE.jpg

御常御殿。中には洋風に改装され、劇場皇室の方々が京都に行幸啓される際の宿舎となっているとのことです。

ちなみに、札幌の行啓通りも(いつの時代かは知りませんが)天皇陛下が通られたことが由来です。

3DCB1A95-719F-40BE-BB69-38FB25FECECF.jpg

ここから仙洞御所に続くけど、度重なる火災で建物は消失。茶室以外は庭だけです。

44AB3DC5-E399-40E8-87A3-7F8E9762F740.jpg

​北池。紅葉🍁の名所。色づき始めた程度なのでさっぱりだけど、シーズンならさぞかしキレイでしょうね。

C6D1C4EC-B2CA-4963-9DF5-F84CBBBE4548.jpg

池に流れているのは湧き水。石を渡って進みます。

AEEF47AB-2488-4B8A-94F2-63882420D033.jpg

紅葉橋

3721D0C8-864F-4C37-A334-DFAC8FC1234B.jpg

南池。庭園を愛でる趣味も知識もないけど、この雄大さと風流さは別格ですなぁ。京都の中心部なのにビルひとつ視界に入らず、400年前と同じ景色(いろいろ改修されてはいるけど)を見れることに感動を禁じ得ない。

BE7E14D7-679B-4CC2-A4F3-7E4E0E1F7E41.jpg


F18E80B5-A144-4AFF-A824-61A4761990D9.jpg

南池。どこから見ても正面らしいです。今回の旅の中で唯一曇りの日でしたけど、それはそれで逆に幽玄さが増すような気がします。


A16EEDEA-12D2-4D72-87F8-4B9B3F26B145.jpg

石垣を敷き詰めた洲浜

A1124F4B-7132-49FB-B5B1-5194D0159DAC.jpg

八ツ橋。藤棚です。5月の見頃はさぞかしキレイでしょう。



D16D061C-68D7-4D0C-B4BF-0F89A63A541A.jpg


​南端に位置する【醒花亭】煎茶の茶室?

CD49F908-3D22-4AEC-91F9-88AF79904D77.jpg

醒花亭から見る南庭

F9E6CBF7-FA17-4FFE-9AC1-59B64C883479.jpg

【又新亭】御抹茶の茶室


DE320531-2FC4-4D41-9E2E-724FEE2A7CEE.jpg


75715FED-A127-491F-8C77-637CDEBBA03A.jpg

これでおしまい。御車寄に戻って解散。

是非とも紅葉の季節に訪れたい。

D9ABBDAA-06FB-44CD-8C02-CFD69585AA19.jpg

広大な京都御苑。

京都御所と仙洞御所は無料で見学可能です。

ちょっと離れた人気の桂離宮は有料になってしまいましたが、仕方ないですね。
posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(京都) | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

琵琶湖ビエンナーレラスト

琵琶湖ビエンナーレは2001年にトリエンナーレ(3年に一度)でスタートした現代アート展。2010年からはビエンナーレとなり2年ごとの開催。

今回のテーマは【きざし   Beyond 】

城下町として、近江商人の発祥の地として栄えた近江八幡市の旧市街の古い建物の魅力を活かしたアート展。


【12 . 喜多七衛右衛門邸】


13582EF3-8513-4CBC-A531-B30FE950D0E2.jpg


E1057467-4221-4156-9FAB-D4D228E44F9C.jpg


一番立派でした。左右両方の建物で、両方に作品ありました。

0B84E596-0665-4DF4-B5C0-9031328E4B37.jpg

左側の離れ?


0326D1C4-3057-495B-955D-7777749CA9B5.jpg

D1060E82-F878-4F09-840C-FA1400A8328D.jpg


E155EC45-B325-4EF2-8C4A-410D9ECB07B9.jpg

CF8CBD07-FC7B-4063-8266-B856C576BD39.jpg



【11. 寺本邸】

F2C740FD-71C1-49C1-A0FB-373492143366.jpg


354DC4D8-8E22-4ED1-8714-22D832967F75.jpg

D77E06D4-1A52-441C-9EF3-5316B79AD7C3.jpg

0F8A4F13-F2B7-48FD-BEF7-ED9CCF6D6527.jpg


【町家カフェ風来居】

FB3B237B-DA1D-4036-8439-8C823153D70F.jpg

全て回り終えて休憩します。

36AA43E3-71C2-4736-A1EF-96AE16B17537.jpg

近江八幡には今は酒蔵はないそうです。


2B8EBED7-8093-4A19-A36E-EBDB31282D22.jpg

何かおつまみをとお願いして、地元の物をいろいろと。歩き疲れたので畳の部屋ですっかりくつろいでしまいました。ごちそうさまでした。

ビエンナーレだから次回は2年後。6の倍数で亀山トリエンナーレもあるので、同じ時期なら行こう!

近江八幡市はメンタームで有名な近江兄弟社の本拠地にして、創業者であるヴォーリスが手掛けた事業や建築物も見ものなので、次回は併せて見学したいものです。









posted by ちぃさま at 00:00| Comment(0) | 旅&城(滋賀) | 更新情報をチェックする